馴れ初め話

【馴れ初め まとめ 長編】美人女の子を同級生と二人で救った話

 

美人女の子を同級生と二人で救った話

 

 

 

 

当時高校2年生。

同じクラスで仲の良かった友達に、

「知り合いに勉強を教えに

行くから付き合え」

と言って連れて行かれたマンション。


親戚とか家族とかそういう

背景の関係については、

「ちゃんと見張ってないと

どうにかなっちゃいそうで、


いろいろ適当に理由つけて

ちょっかい出してんだ」

とか、その時はあいまいに

言葉を濁して説明せず、


それでも紹介されたその知り合いは、

普通の高校生だった俺ですら

微妙に嗜虐心を刺激される、


なんかおどおどした感じの

気の弱そうな女の子だった。


確かに、見張ってないと

どうにかなりそうだなーとか、

笑ったらかわいいだろうに

もったいないなーとか、

そんな事考えてたら、

その子ぺこっとお辞儀して


「あの、よろしくお願いします」

「え、あー、うん、英語とか数学とかなら
得意だから、

なんでも聞いて」

一言一句忘れもしない、

それが初めての会話だったと、

さっき嫁さんに教わりました。

嫁さん当時中学3年生。


俺は、なんか面倒臭そうな

ガキだなとか思ってそうな、

ちょっと話しかけづらい

顔してたそうです。

いや、誤解ですって (´・ω・`)


その子のオヤジってのがひどいヤローで


あちこちに金銭トラブル

抱えっぱなしで何日も家に

帰らないとか、そんな類の

ダメ人間で、そのうち、

その子の周りにも柄の悪いのが

チョロチョロし始めて。


勉強どころじゃ無いじゃない?

中学三年生なのにさ。


それで、さすがに見かねた

俺の同級生の父親が、

マンション手配してその子と

お母さんをオヤジから引き放したんだ。


お母さんは職場の元部下だったそうで。

で、事情を知ってしまえば、

全力で味方になりたいと

思うのが当時の俺よ。


同級生と二人で、それぞれ得意な

教科の勉強を教えたり、

息抜きで遊びに連れ出してみたり。


いっつもおどおどしてる女の子に

安心して欲しくて、

笑って欲しくて、それはそれは

一生懸命頑張ったんだ。


後々考えるとそれが

マズかったんだけどね。



さて、書き忘れてることにいまさら気づ
いたんだけど、

俺と嫁さんを引き合わせた

同級生は女子です。

高校入学して最初のクラスで

席が前後になって以来の友達。


おおざっぱでガサツで可愛げが無い、

でも、だからこそ気楽に接して

いられるって、クラスに一人くらい

いたでしょ?

そういうタイプです。

で、本題。





スポンサーリンク





家庭環境のせいで成績落ちたけど、

元々勉強全般嫌いな訳でも

苦手な訳でも無かったから、

ちゃんと集中できれば、

落ちた成績なんかすぐに

取り戻せたんだ。


まして、俺と同級生と二人がかりで、

なるべく安心して、

なるべく楽しく勉強できる様にって

頑張ったからね。


だから知り合って三ヶ月、

俺がこの三人の関係を楽しいと

思える様になった頃には、

ちゃんとテストに結果が出てた。


特にしっかり伸びたのは、

英語と数学。

別に俺の教え方が上手だとか

そういう訳じゃなくて、単に

俺が教えてた科目だからってだけ。


嫁さん、はっきりと自覚は

してなかったけど、たぶん、

もうその頃には俺のこと好きだったって。


一緒にいた同級生ですら

気づいてたのに、当事者の俺は、

成績戻って良かった良かったって、

ただ単純に喜んでたんだ。

マヌケな話ですよ。


進めていたオヤジとの離婚調停に

決着が見え、仕事の方にも

だいたい整理が付いて

お母さんの状況が落ち着いてくると、

嫁さんにも良く喋り良く笑う

本来の性格が戻ってきた。


おどおどしてたのは環境のせいで、

元々は明るい子だったんだ。


そのうち、ひとまず止めてた学習塾も

再開すると、俺達が通う理由も

”勉強”から”差し入れ係”になって

回数も減った。


頻度は下がりこそしても、

それでも関係が途切れなかったのは、

嫁さんも俺も同級生も、

三人でいるのが楽しかったから。


俺なんて一人っ子だから、

歳の近い兄妹ってこんな感じかな

とか思ったりしてね。


だから嫁さんと、来年、

高校受かったら今年の分まで三人で

遊ぼうって約束したのだって、

勉強のモチベーション維持するための

ニンジンや飴じゃくて、

本気だったし本心だった。

春はお花見をしよう、

夏は海にいこう、

秋は……紅葉かね?


まあいいや、とにかくどこか

遊びに行こうって、

俺は本当にそう思ってた。


初めて会ってからだいたい半年の

10月、俺達の高校の文化祭に

遊びに来た嫁さんに、

ひとつ質問をされた。


一通り見物した帰り際の校門前、

同級生がちょっと外して

俺と二人になるのを待ってた

みたいな質問は

”俺と同級生は付き合っているのか?”

いやもちろんNoです。

あんな可愛げないヤツは

好みじゃありません。


でもナゼそう思う?と

聞こうとしてたところで、

同級生合流。

付き合っておりませんと、

仲は良いけど友達ですよと、

二人がかりの全面否定で

苦笑しながら納得した嫁さんを

見送った後、同級生はボソッと呟いた。


「解りやすく安心しちゃって」

「は?」

「だってあの子、あんたの事好きだよ」

「いや、それは無えでしょ」


言われて絶句した同級生、

あきれた顔して

「今まで全身で好きだっつってただろ、

気付けよバカ」


それから同級生は、指折り数えながら

話し出した。


言葉遣いは基本的に敬語だけど、

同級生のことは

名字で呼ぶのに、俺のことは

下の名前で呼ぶ。


俺が教えてた英語と数学が

ズバ抜けて好成績。


プライベートな話を打ち明けては

「内緒ですよ?」

と笑って、嬉しそうに秘密を

共有したがる。


そもそも同級生と二人でいるときより、

俺を入れて三人でいるときの方が

嬉しそう。


その他色々根拠を並べて、

出した結論は「だからあの子は

あんたが好き」


でもそれは無いと、女同士だからって

オマエは考え過ぎだと、

言われた俺は笑い飛ばした。


だいたい、同級生だって俺を

下の名前で呼んで、

これは同じクラスの女子で

一人だけだし、

初めて嫁さんに会った日、

あの子の事は内緒だって

同級生自身が言ってた筈。


それなら三人の関係自体が

秘密の共有と言える。


だから、そんなにいろいろ並べたって

意味ありません。


なぜなら、オマエが言う好きだと

思う根拠は、ほとんど

オマエにも当てはまるから。


そんな感じの話をして、

俺は笑ってやった、鼻で。


で、言われてまた絶句した同級生、

今度は恥ずかしそうな顔して

「だから気付けっつんだよ、バカ」


最初の”気付け”と二度目の

”気付け”の意味の違いに、

それこそちっとも気付かず、

楽しかった三人はその日から

少し意味が変わっちゃった

ということにも気付かず、

ただ、二回もバカと

言われたことに対して、

俺は取り敢えず腹をたてて

いたのでした。


気付かないってば。

だって、俺は三人で良かったし、

三人が良かったんだもの。(´・ω・`)


嫁さんも同級生も、

お互い相手の気持ちに

気付いていながら、

でもやっぱりお互いを大事な友達だと

本心から思っているという、


マヌケな俺だけ気付いてない

微妙なパワーバランスのせいで、

いつもの三人は、その後少しの間だけ

少なくとも表面的には

変わらずいつもの三人でいられた。


全部知ってたらあの場には

いられんわな、俺チキンだしね。


「あんたの方も惚れちゃうっつーのが

誤算だった」

あの頃の話をしたとき、

同級生は苦笑した。

頑固でクソまじめだが、

基本的には優しいし、

ウザくなる直前の一歩手前で

面倒見が良いから、あの子があんたを

好きになるというのは、

まああり得るかなと思ってた。


でも、あんたはあの子みたいな

”いかにも可愛い女の子っぽい”タイプ

って苦手だった筈だし、

あの子だって高校進学して

今までみたいに会わなくなれば、

きっと冷めるだろうって。


だから、秘密の共有で

仲良くなってから、その後高三の

ラスト一年で俺を

篭絡してやろうというのが、

彼女の思惑だったそうで。


うん、まあ概ね正しい分析だよ。

そういうヤツです俺(´・ω・`)


「どうすれば良いのか

解んなくなっちゃったんですよ」


あの頃の話をしたとき、嫁さんは

ため息ついた。


付き合ってはいなくても、

きっと同級生は俺のことが好きな筈。


嫁さんにとって”カッコいいお姉さん”

であった同級生を出し抜いたり

裏切ったりもできず、こればかりは

当然相談できるわけも無い。


受験が終われば自分は

俺達とは違う高校に通う上に、

今度は俺達が大学入試の

受験生になって、今まで通りには

会えなくなる。


というか、そもそも

こんなことばかり考えずに

勉強しなくちゃ、

といろいろ考えすぎて、

そのうち夢にまで俺達が出てきて、


朝、泣きながら目覚めたり

するようになったそうで。


そんないろいろを詰め込んだまま、

クリスマス・正月とささやかに

過ごした二月、入学試験の直前に

嫁さんから貰った手紙で、

俺はあっさり惚れてしまいました(´・ω・`)


中学校を卒業して違う高校に進んだら、

もう俺達と三人で居る理由が無いと、

いろいろ考えてテンパッちゃった

嫁さんは、本命の第一志望を

受験する前、

俺に手紙をくれた。


大事な試験の前に何やってるって

怒らないで下さいと前置きして、

父親関係で不安だったときに

俺達三人で過ごせたのが楽しくて、

安心できたこと。


俺と英語を勉強するのが

面白かったこと、俺に褒められたくて、

スゴイと言われたくて、

だから一生懸命頑張ったこと。


俺達三人のことや受験が終わった後の

ことをいろいろ考えすぎて

混乱してしまい、


一度全部吐き出してしまわないと

本命の試験に集中できないと

思ったこと。

違う高校に進んだら、

きっと今までの様には

会わなくなるだろうから、

最後にもう一度俺に教わった

英語を使って、俺にスゴイと

言わせたかったこと。


そんなことやってる場合でも

無かった筈なのに、

一生懸命言葉選んで

手間かけて、


ごっちゃになったいろんな感情を

それでも丁寧に並べた

オール英文の手紙は、

直接的な単語こそ使って

無かったものの鈍感な俺ですら

解るラブレターで、

それこそ俺なんか瞬殺だったわけだ。


だから俺は試験当日の夜、

電話をかけた。

「大事な試験の前に何やってんの」

「だから怒らないで下さいって

書いたのに」


俺としては精一杯年上の

余裕持って話した筈だったのに、

嫁さんに言わせるとちょっと変な

テンションだったそうで、

きっとこれなら言っても

大丈夫だと思った嫁さんに、

その電話で告白された。


「受験生の夢にまで出てきちゃって、

どうしてくれるんですか?」

「ゴメンなさい(´・ω・`) 」


と、そんなこんなで交際開始して

数年後、めでたく結婚いたしましたと。


読み返すとあんまり面白くない話だが、

長々と続けてごめんよ(´・ω・`)



何かあったといえばあった様な、

無いといえば無い様な感じだけど、

恋愛経験の少ない俺には

結構ショッキングな出来事だったもんで、


克明に思い出せ過ぎて、

胃痛で吐きそうです。

なんだか眠れないしね(´・ω・`)


さて、特に決め事が

あった訳でも無かったけれど、

試験の結果が出るまではと

三人とも連絡を取らずに

迎えた3月初め。

合格発表を無事に終え、

晴れて心配事が無くなった嫁さんは、

同級生に話をした。


合格できたこと、勉強を

教えて貰ったお礼、それから、

俺に告白したこと。


「へー良かったねぇ、あいつ時々

口うるさくてウザイけど、

基本的には良いヤツだから…って

知ってるか、そこが好きなんだもんね」


それは”同級生も俺を好きな筈”

という先入観を勘違いだと

思わせるほどの、極めて自然な

反応だったけれど、微かな違和感を

嫁さんは覚えたって。



実際のところ、胸中は自分の誤算を

後悔しつつ微かな嫉妬も混じった

微妙な心境だったけれど、

それでも相手が嫁さんで

嬉しかったのも本当だったと、

ずーっと後になって同級生は笑った。


「他の誰かならともかく、

あの子だからね。嬉しかったのも

嘘じゃないよ。でもね」


俺達の家の近所には河川敷に

桜並木の遊歩道があって、毎年、

春になるとそれはそれは見事な

満開の桜が見られる。


嫁さん達がオヤジから逃げて

引越して来た頃は既にシーズンは

終わっていたから、俺は嫁さんに

そのきれいな桜をどうしても

見せたくて、約束してた。


春になったら見に来ようって、

ちゃんと入試に合格して三人で

満開の桜の下をのんびり歩いて

みようって、俺はそう約束をしていた。


嫁さんが打ち明けた少し後、

俺は同級生に誘われて二人で

その遊歩道を歩いた。


学校帰りのゲームセンター、

バッティングセンター、カラオケ、

集まるのは四、五人だったり、

たまには二人だったりと、

俺達が三人になる前はそんな感じで

同級生とも時々遊んでたから、

そこに不自然さは無かったけれど、

いつも学校の制服か、

きちんと清潔だけど男みたいな

さっぱりした普段着しか

見た事なかったから、

その日の同級生のいかにも

女の子っぽい可愛い服に、

俺としては違和感があった。



すごく似合ってたけどね。


「聞いたよ、付き合うんだって?」

「うん」

「だから言ったろ?あの子はあんたが好
きだって」

「あーうん、当たってた。オマエすごいな」


甘さ控えめな苦い缶コーヒー

飲みながらぽつぽつと始まった会話は、

そのうち、

俺達が会ったばかりの頃まで遡った。


女の子っぽいのが苦手だった同級生に、

俺が”付き合い易くて良い”と言ったこ
と。


毎朝、俺に”制服は着崩さない方が

カッコいい”と服装を煩く

注意されたこと。


鬱陶しかったが、そのうち

やり取りが楽しくなって、

わざと着崩していたこと。


男の友達を真似て、初めて俺の

ファーストネームを呼び捨てにした時の

こと。


進級した時の新しいクラス編成表で、

無意識にまず俺の名前を探していたこ
と。


俺としては、その転校生というか

卒業生というか、とにかくもう

会わないかの様な

過去形の喋り方が気になり出した頃、

同級生は立ち止まって

苦笑いを浮かべた。


「あーくっそー不戦敗かー」

「?」

「あんたさ、カノジョいたことある?」

「無いよ、悪かったな」

「いや、全然悪くないよ」


”悪くないからこれを持て”と

温くなった缶コーヒーを預けて、

両手塞がった俺に

”全然悪くないから目をつぶれ”

と言って瞼を閉じさせ、

同級生はキスをして、

それから、何が起きたのか

全く理解できずフリーズしてる俺を

笑った。


「お花見はさ、二人の方が良いよ」

「わたしは”忙しくて都合が付かない

”から一緒には行けない」


「それと、あんたとあの子が

付き合うのを、わたしは”心の底から喜

でる”」

それだけ念を押して一人で

さっさと帰っていく同級生を呆然と

見送ってるうちに、

俺はようやく、思い出話と文化祭の

”気付けバカ”の意味を理解したのでし
た。

(´・ω・`)


さて、自分の鈍さを痛感した俺は

肝心なところだけはぼかしつつ、

嫁さんに同級生と会ったことを話した。


たぶんテンパッてよれよれだった筈の

俺の話を一生懸命真剣に聞いた

嫁さんは、

最後にぽろっとひとつ

涙をこぼして言った。


「じゃあ私は、喜んでもらえて

”心の底から安心してます”」


たぶんそうするのがこの場合の

優しさなんだろうなと思った俺は、

それから少しずつ同級生と

距離を空けるけれど、

それが自然にできてたかどうか、

今でも自信が無いんだよね。


思い出すとイタタタってなるけど、

でも何もせず自然冷却って訳には

どうしてもいかなかったんだよね、

当時はさ。

と同級生は笑います。


ってことで、同級生の決着は以上です、
裁判長(´・ω・`)


取り敢えずちゃんと読めたみたいで良
かった

文章って難しいよね


さて、青春とか甘酸っぱいとかそういう
のはともかく、


間違いなくあの頃は楽しかったんだけ
ど、

俺がもっと人の気持ちに敏感だったら、

もう少し何かがより良い方に

違ってたんじゃないかとか、

今でも時々思うんだよね。


ってことで、またどこかのスレで(´・ω・`)

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


最新ドラマが今なら無料でお試しOK!
話題の動画配信サービスを徹底比較!
詳しくはこちらをチェック↓↓

→ http://charaotube01.com/eigalp/


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪