馴れ初め話

【馴れ初め まとめ 】嫁とはバイト先の店長に頼まれて持って行ったポケモンキャラのフィギュアが・・・

 

嫁とはバイト先の店長に頼まれて持って行ったポケモンキャラのフィギュアが・・・

 

 

 

俺が嫁と初めて出会ったのは

15年以上前。

俺17才、嫁5才の時。

当時子供達の間で大流行していた

携帯ゲーム機がきっかけ。


まさか偶然買ったそのゲームの

キャラクター商品が

出会いやら再会やら交際やら

結婚まで巡り会わせてくれるだなんて

思いもせず今でも発売されている

ゲームやまだ放送されている

アニメのCMを見るたび

恥ずかしくなる。


当時の事を一つ一つ思い出して

文章にしようと思うから、

余計な事をだらだら

書いてしまうかもしれない。


当時高校2年だった俺は、

大学進学の費用を稼ぐために

個人経営の飲食店でアルバイトを

していた。


進学校で医大を目指していたから

平日は遅くまで学校に居て、

休日は夕方まで塾に通っていたから

バイトに入れるのは

休日の夜しかなかった。


でも、小さい店だったから

人手は十分足りていたし

店に来る客は常連ばかりだから

満席状態でもそんなに忙しくもなく、

何処かのバーのように

まったりとしていた。





スポンサーリンク





 

 

バイト先の店長は常連が

たくさん付くのも納得できるほど

人当たりが良くて

明るくて優しくて…

でも良い大人だっていうのに

自由奔放で子供のような人だった。


レジ周辺やカウンターには

店長が買ってきたおもちゃが

並べられてあって、暇な時は

みんなで遊んでた。


どれも子供向けの戦隊ベルトや

スティックで、隅の方に指人形や

フィギュアが置かれているような形。


おもちゃを店に置く理由は、

店長曰く「暇な時に自分が遊ぶ」

らしいのだが、

実際は店に来た子供が

退屈しないように、

少しでも子供にも楽しんでもらえる

ようにと気遣ってのものだった。


そんなある日。

店長に「いつも僕ばっかり

持って来てるから、

なんでもいいから

俺くんも何か持ってきてよ!」

と言われた。


それに対し「あ、はい」と

言ってしまったのだが、

流行のゲームやアニメとは

無縁だった俺。家にも子供が

喜ぶようなおもちゃなんて

一つも無かった。


何が流行なのか全くわからなかったが、

適当におもちゃ屋に行って

人気商品でも買ってこようかと考えた。


しかし、大学費用に集めている

金をそんなものに

使ってられないと思い、ケチって

スーパーのお菓子コーナーに

置いてあるもので済まそうとした。


そこで目に入ったのが、

大量に並べられた当時大流行中の

ゲームのキャラクター商品だった。

店には置いていないキャラクター

だったから余計目に

止まったんだと思う。


今はもうお菓子コーナーでは

見かけなくなったが、

結構リアルなフィギュアキーホルダーが

入ったお菓子。

覚えてる人いるかな?


キャラクターとか全くわからなかったが、

それを二個買った。


出てきたキャラクターは

俺にとっては比較的可愛らしい

キャラクターと格好良い

キャラクターだったんだけど、


店に持って行ったら

「なんでそのキャラクター持ってきた?」

と、店長や他の従業員に

笑われて恥ずかしい思いを

したのを覚えてる。


黄色いネズミが人気なのは

薄々気付いてたけど、

黄色い狐と豚鼻の猿は

そんなに不評なのか?と

疑問を感じたよ。


不評だったけど、なんだかんだ、

店長はその二匹を店に飾ってくれた。

何故かカウンターのど真ん中に。

子供達に人気の戦隊もの

ベルトの目の前に。


あのゲームって本当すごい人気

だったんだな。

休日で家族連れが多くて

子供が大量発生している中、

小さいものながら戦隊ベルトに

比べて凄い人気だったよ。


他のキャラクターの

名前上げられてもさっぱりだったけど。

結局大きくないものだから

すぐ飽きられちゃったけどねw


で、その日のうちに嫁が来た。

これが嫁との出会いだ。

あの時は本当にただの子供で

「嫁」なんて言うのが

恥ずかしいんだけど…


周りの子供に比べて

物凄く大人しくて、

おもちゃに群がる子供が

いなくなるとそそくさ傍にやってきて、

俺が買ったフィギュアを

じっと眺めてた。


その姿を見て、思い切って

「このキャラクター好きなの?」って

聞いてみたけど声が小さくて

聞き取りづらいw


結局話を聞き取れないまま、

嫁はそのまま親御さんの元に

逃げてっちゃって、これで終わりかと

思ったんだけど

嫁家族が帰る時に、

嫁がカウンターに置いてある

あのフィギュアを指差して

両親に何か訴えてたんだ。

要約すると「あれ欲しい」と言っていた。



なんでも犬が好きらしく

黄色い狐を気に入ったということと

(嫁にはあれが犬に見えたらしい)

動物園帰りだったらしく、

さっき動物園で見た猿が

面白かったからという理由で

気に入ってしまったらしい。


嫁家族は遠慮していたけど

真剣に見つめるあの眼差しと、

安いものだったという理由で

あのフィギュアを嫁にあげた。


お返しに「また来ます」と言ってくれた。

それから嫁一家は店の常連になった。


次に嫁家族が店に来たのは

一ヶ月後くらいだったが、


嫁は俺があげたフィギュアの

影響であの携帯ゲームを

買ってしまったらしく(嫁家族には

本当に申し訳ない)


俺が買ったあのお菓子も

買ってもらったらしく、

あの狐と猿のお返しにと

茶色いウサギを二匹くれた。


「お気に入りのキャラクターなんだ」って

言われたけど、きっとダブったから

くれたのだろう。


そういうのがきっかけで、

嫁とは少しずつ仲良くなった。

俺は高校3年の夏休み前まで

バイトをしていたけど、

確か辞めるまでに四回くらい

会った気がする。


 でも、バイトを辞めてからは

会わなくなった。


辞めてからは毎日勉強勉強で

店に遊びに行く余裕も無かったし、

たまに食べに行った時に偶然…

というのも無かった。


嫁は他の子供と違ってちょっと

変わった子だったし、

物をあげたり貰ったりした

仲だから記憶に残ってて


会わない期間は、元気にしてるかな~と

いつも思っていた。


俺は無事に大学に受かって、

県外に行く事になった。


おまけに他の地方だから

もう二度と会うことはないんだろうなと

思っていたよ。


嫁の記憶は頭の片隅に置いている

状態だったけど、大学に入ってからは

忙しくて少しずつ薄れて行った。


地元には長期休暇に

一週間くらい帰っていたが

元バイト先に遊びに行っても

会う事もなく(殆ど忘れかけてたけど)


大学2年になってからは

帰省も惜しいほど忙しくて

中々地元に帰る事がなくなった。


そういう中で、嫁の事を思い出したのは

大学生活が折り返しに

差し掛かった頃だったかな。


あの携帯ゲームのシリーズ最新作が

登場するという話を

友人がしていたから、

ふと思い出した。


嫁と再会したのは、それが発売された

翌年の年始に新年会と称して

家族で元バイト先に食べに行った時。


かなり驚いたよ。

店長は俺と嫁の事を覚えていてくれて、

嫁が居る事を俺に教えてくれた。

久し振りに見た嫁は

小学生になっていた。


話しかけてみたら俺の事を

ちゃんと覚えてくれていて、

嬉しそうに笑ってくれたあの顔は

いつまで経っても忘れない。


そこで少しだけ新作ゲームについて

話をした。


ほとんどわからなかったけど、

嫁はあのゲームを気に入ってるようで

新作も買ってもらうんだと言ってた。


まぁ再会を果たしたところで、

携帯電話なんて持っていなかったから

連絡の取りようもなく、

俺が大学卒業しても

会う事はなかったけど。


嫁と再び再会したのは、

就職して二年経たない頃だったかな?

俺26、嫁14くらいの時だった。


高校生だった俺は良い大人になり、

幼稚園児だった嫁は中学生になってた。


元バイト先に食べに行こうと

電話で予約をしたら、

嫁家族が丁度その日に予約を

入れていたという事を知った。


別に意識していたわけじゃないけど、

かなり緊張していたのを思い出す。

俺の記憶の中にいる嫁は

幼稚園児と小学生という、

まだ幼い姿のままだったから。


これまた数年振りに再会した嫁は

背も伸びてて、ちょっと顔が

変わっていた。

まさに成長期という感じ。


嫁は俺の事を覚えていたし、

俺を見て直ぐにあのゲームの話を

しだした。


「また新作が出るっていう噂ですよー」

とか

「同級生にいつも

馬鹿にされるんです」とか


人見知りというか、

大人しかったあの頃の嫁とは

別人みたいに明るい子になってた。


嫁母の話によると、

そのゲームが楽し過ぎて

勉強そっちの気で一日中

ゲームばかりやってるんだと。


かなり申し訳なくなった。


嫁をゲーム好きにさせたのは

他でもない俺のせいだと

思ったからw


嫁は俺がそのゲームを

好きなのかと思って長ったらしく

話を続けていたのだが、

途中から話が全くわからなくなり

正直にゲームをした事が無いと

話すと嫁は悲しそうな顔をしていた。

嫁に対しても申し訳なくなったよ。


長ったらしく書いていたら

長すぎると注意されたので

書き直そうとしたら

文章全部消えてしまった…

書くの飽きたから簡単に書く。


再会した時に、今は地元に戻って

近所の病院で働いている事を告げると、

それから嫁は朝晩問わず

用事もないのに病院の周りを

うろつくようになってしまった。


当時まだ研修医だったという事もあり、

責任者に厳重注意されてしまい

二人きりで会うようになって、

なんやかんやありつつ嫁の

猛烈アタックで一年後くらいに

交際に発展。


告白された時に、

今まで貯めていたお小遣いを

崩して丁度その時期に発売された

ゲームをプレゼントされた。


告白のやり方に驚いたけど、

何より俺が知っていた151匹の

モンスターが倍以上の数に

なっていたのに驚いたよ。


去年、嫁と結婚したんだが

プロポーズに指輪と一緒に

新作渡した。

終わり。



卒業後、研修先の病院にそのまま

就職する事が決まっていたから

俺の頭の中では就職に

置き換えられてたようだ。

指摘ありがとう。



恋愛感情というよりは

兄弟愛のような感じだと思う。


俺も年が離れているせいか、

他の夫婦間の好きとは

少しずれているかも。


嫁は医者というのを

理解していなかったから、

医者だったからというのは

関係無いと思うよ。


でも一時期医者になろうとはしてた。

口だけだったけど。


店長と嫁両親は納得してた。

やっぱりなーという様子で。

俺の両親も、嫁の話を

付き合う前からしていたから

すんなり受け入れてくれたよ。


周りの友人には驚かれたけどね。


お医者さんごっこは

クリーニング出す前に

白衣着てやるくらいだし

みんなが思うようなことは

してないと思う…


正直、落ち着ける家の中でも

お医者さんやるというのは、

例え格好だけでも

仕事持ち込んでいる気分になって

休めた気がしないから複雑になるんだ。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


最新ドラマが今なら無料でお試しOK!
話題の動画配信サービスを徹底比較!
詳しくはこちらをチェック↓↓

→ http://charaotube01.com/eigalp/


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

 
・YouTubeはもう稼げない…
・収益化を外された…
・一向に審査が通らない…

最新版のYouTube戦略を正しく身に付ければ
まだまだ稼げます!
今なら先着無料特典を受け取れます。