馴れ初め話

【馴れ初め まとめ 幸せ】美人嫁がいきなりキレて俺の本を閉じた。嫁「デリカシー無さ過ぎ!!」!?

 

美人嫁がいきなりキレて俺の本を閉じた。嫁「デリカシー無さ過ぎ!!」!?

 

 

 

俺 大卒 文化系

嫁 短大卒で一期下(3歳下) 体育会



俺の入社2年目に

嫁グループ(仲良し5人組)が

入社してきた。

彼女たちは皆、性格はいい子なんだが、

恋愛対象というより

「恋人とか嫁とかすっ飛ばして、

10年後には良いお母さんに

なってるだろう」的な集団に見えた。


嫁は本社配属だったが、

嫁グループの1人が俺のいた営業所に

配属された関係で嫁と

顔見知りになった。

 

・最近妻(旦那)の様子がおかしい…
・コソコソ隠れてスマホを触る…

もしかして誰かと…

その悩み相談してみませんか?

相談は完全無料で、しかも匿名OK!知識豊富な専門スタッフが
親切、丁寧にあなたの悩みに対応します!

勇気を出して相談する



けど、ここから潜伏期間が長い。

当時、うちの会社は2・3年周期で

人事異動があり、翌年俺は本社へ

異動した。

この時の人事が大抜擢過ぎた。

嫁グループを含む社内のほとんどの

人間が「俺が実は親会社からの

隠れ出向者だったのではないか」と

勘違いし、俺は一躍社内の

有名人になった。


異動先の課に嫁グループ

その2がいたため、

この頃から飲み会とかでも嫁たちと

頻繁に顔を会わせるようになった。





スポンサーリンク





 

 

翌年の人事異動で嫁グループその2が

転出し、その後任として嫁が

うちの課に来た。


しかし特に何があるわけでもなく

2年が過ぎ、俺は再び別の営業所へ

転出の辞令を受けることになった。


課に戻って課長に転出先を

報告していた時、

嫁の目がうるうるしていた。

ここで初めて、もしかしてと

思ったのだが、お互い特に

行動に移すことはなかった。



更に2年後の人事異動で、

嫁がうちの営業所に異動してきた。

人事異動の多い会社だが、

これはちょっと珍しいケース。

嫁は冗談で「追いかけてきた」とか

言って笑っていた。

ここまでが前振り。


それから暫くして、

社用で嫁と2人で電車移動中のこと。

暇潰しに俺が文庫本を読み始めたら、

嫁がいきなりキレて俺の本を閉じた。


嫁「信じられない。デリカシー無さ過
ぎ!!」

俺、嫁を宥めつつ次の駅で

一旦降車。


嫁「女性と2人でいるときに

あれはないでしょ。

『あなたに全く興味ありません』って

言ってるようなものです!!」


俺「ごめん。そんなつもりは(ry」

だが確かに嫁の指摘するとおりなので、

ひたすら謝りまくった。


俺「何か奢るから、機嫌直してよ」

嫁「物で釣って機嫌取るんですか!!」

俺「ごめん。そんなつもりは(ry」

嫁の怒りは収まらない。

俺「じゃあ、どうすればいいの?」


一拍置いて

嫁「・・・何かじゃなくて、今度でしょ」

俺「今度?」

嫁「そう。ハイ、復唱!」

俺「今度・・・奢るから?」

嫁「なんで疑問形なの?」

俺「あ、今度奢りますから」

嫁「今度っていつ?」

俺「えーと・・・今週末?」

嫁「じゃあ、プラン決めたら教えてくださ
い」


初対面から6年数ヶ月経過して、

俺は嫁と罰ゲームのような

初デートをすることになった。


この先は面白展開はないのだが、

一応書くと。

初デートは八景島シーパラ。


当時の俺は嫁に異性を全く

感じていなかったので、

普段は思春期前の中学生の

友達同士みたいな応対をしていた。


しかし、この日だけは異常な緊張

(もちろん違う意味で)と

義務感で嫁に対面することになった。


ところが嫁は俺の予想を裏切り、

いつもの乗りで明るく

その日を普通のデートみたいに

過ごした。


嫁の家の最寄り駅(埼玉方面)に

送り届けたとき、嫁は実に

いい笑顔で言った。


嫁「今日はありがとうございました。

本当に楽しかったです」


俺が試練と責務を全うしたと

気を抜いた瞬間。


嫁「・・・で」

俺「・・・で?」

嫁「次はいつにします?」


俺・・・え。うぅ。あれ?

何だかよく判らなくなってきた。

家に帰って来週以降の

スケジュールを確認していたら、

手帳に次のデート日が記入されていた。

俺の字で。


今にして思うと電車の一件から、

俺も嫁もそれぞれの中で

いろんなものの逆転現象が

起きていたのだと思う。


趣味も性格も真逆のベクトルなのに、

なんでこうなったのだろう。


あとは淡々とスケジュールを

消化し続けた。

TDL(フリーパスは会社関係で

貰った)・神宮の花火大会

(会社の屋上から)・ナイター観戦

(年間指定席は会社ry)


俺の企画で、はとバスツアーもどき

(おれが幼稚園以降、東京タワーにも

上野動物園にも行ってなかったから)


嫁の企画で、カラオケ大会

(俺一曲、嫁2時間)


鎌倉を散歩しているとき、

俺は混沌とした頭で言っていた。


俺「好きです。これからも付き合ってくだ
さい」


嫁は実にいい笑顔だけど

なぜか泣いていた。


嫁は明るくて性格はいい子だけど

割とサバサバした感じだったので、

好き好きビームは全然出てなかった。


本社時代もこのときの営業所時代も、

俺と他の同僚達と接するときに

差は全く感じなかった。


あれ?って思えたのは、

異動辞令の報告を聞いて

涙目になっていたときだけ。


嫁がサバサバした感じだけじゃないと

思うようになったのは、

もっとずっと後になってからだった。


嫁に当時のことを聞いたとき、

「あれは純粋な怒り」と言っていた。


「好意が届かない」じゃなくて

「範疇外なのか!!」って怒りだったらしい。


嫁としては確かに本社時代は

「ちょっといいかな」くらいの

好意はあったが、俺の異動で

その先の展開は諦める程度。


ただ追っかけ辞令を受けたときの

ことだけは「人事課長が神様のように

輝いて見えた」と言っていた。


俺はこれを聞いて

「諦めたんじゃないのか?とか

他人の身体的特徴を(ry」と思ったが

勿論口に出したりはしない。


そんな感じで嫁としても

過剰な期待もなく、

やや諦めの慣性モードだったらしい。


俺がうろたえたことで、

嫁は攻め方が見えたとか

操縦リモコンを手に入れた的な

喜びがあったらしい。


寧ろ恋愛感情よりそっちのほうが

大きかったと言っていた。


今では、嫁の脳内で

「(自分がキレたことはスルーで)

俺がいきなり途中の駅で嫁を連れて

降りてデートを申し込んで、

当日ガチガチに緊張して

初デートに来た」ことになっている。



先輩ではあるが1期上なだけなので、

上司というまでの意識は

お互いになかった。

当時、まだ俺もヒラ

(社内の職能査定上は主任だが、

職務分掌的にも対外的にもヒラ)

且つ営業所内の総合職では

最年少だったため心理的には同僚。

次のステップ(係長)だったら

意識も違ったかも。


電車の中だからというより

嫁がキレたことに驚いた。

はじめてキレたのを見たから。

確かに異常だな。


これが行きの行程だったら、

当然びっくりはしても

また本開いて読み続けて無視し、

迷わず次の駅で嫁だけ投げ降ろして

目的地に向ってた・・・と思う。

 

 

 

 
・YouTubeはもう稼げない…
・収益化を外された…
・一向に審査が通らない…

最新版のYouTube戦略を正しく身に付ければ
まだまだ稼げます!
今なら先着無料特典を受け取れます。