馴れ初め話

【嫁との馴れ初め まとめ】俺が友と遊ぶために月4~5回は嫁実家に行くという不思議な状態に・・・

 

俺が友と遊ぶために月4~5回は嫁実家に行くという不思議な状態に・・・

 

 

 

 

 

俺の嫁さんは実家の近所に住んでる親友の姉


夜に友の家で飲んでて格ゲーで負けた友が
買出しに行ってる時に嫁帰宅


嫁も飲んできたらしいが機嫌が悪く
俺相手に愚痴りまくる


翌日正気に戻った嫁に謝られお詫びに
飯おごってもらい番号アドレス交換

いろいろあって付き合うことになりその後結婚


二人で仲良くやっているが夫である俺が友と遊ぶために
月4~5回は嫁実家に遊びに行くという不思議な状態になってる

まぁ俺実家は嫁実家から徒歩1分もかからないがw


現状について嫁は
「ある意味一番浮気の心配のない遊び場だからおk」とのこと


飯食いながら改めて嫁の愚痴というか相談を聞いたんだ


嫁は保育士で最近は子供よりも親に悩まされることが多いんだとか

でも子供の話してる嫁は楽しそうというか妙に魅力的に感じて惚れちゃったんだ


それで番号アドレス交換してもらって頻繁にメールするようになった


また、友と遊ぶために嫁のうちに行った時に
ちょくちょく話すようになっていってますます惚れた





スポンサーリンク





 

 

でも自分はかなりヘタレでもし告白して振られたら
友と遊ぶとき気まずくなるなーと思って踏み切れなかった


それに自分は当時大学生だったので経済的に情けない状態だから
無理だろうなーと悲観的になってて告白できなかった


その後メール始めて3ヶ月くらいして嫁の家に遊びに行って
トイレに行った帰りに嫁に部屋に誘われたんだ


ドキドキしながら部屋に入ってヘタレな俺はすみっこに座って嫁の話を聞くことに


嫁「なんで隅っこ座るの?」

俺「いや、なんとなく・・・」

嫁「ふーん・・・。じゃあ私も隅っこにいこう」

嫁が隣に座ったんで俺かなり固まてしまう

嫁「俺くんさ、大きくなったよね。」

俺「まぁ180ちょいありますからね」


嫁「身長もそうだけどなんていうか大人になってた。
まさか俺くんに仕事の愚痴とか相談するとか
ありえないことだと思ってたしなんだか不思議な気分」


俺「俺からしたら嫁さんが働いてるってのが不思議な感じですよ」

とまぁさらにお互い車運転するのも不思議だし
俺が大学行ってるのも不思議だしとか不思議不思議言い合ってた



昔から別に親しかったわけではないが

一応小さいころから知っている仲なのでお互いいつの間にか
大人になったなぁと実感した



話してたら30分も過ぎてて友を待たせすぎたと思い
名残惜しかったが友の部屋に戻ろうと立とうとしたら嫁に止められた


嫁「待って。 もう一つ不思議なことがあるんだけどさ、
私俺君のこと好きになっちゃったみたいなんだけど」


俺ポカーンだったね


でも真っ赤な顔で震えてる嫁を見て正気に戻って

俺「俺も不思議なんですが嫁さんが好きみたいです」

こうして不思議カップルが誕生した


そんで晩飯一緒に食べに行く約束していったん俺は
友の部屋に戻ることになった

その後の事件はいまだによく覚えてる


ぼーっとしながら部屋に戻り

友「お前どんだけトイレ長いんだよ」


俺「ごめん、大事件が起こって」

友「なんだよ、痔にでもなったとか?」

俺「彼女が出来た」

友コーラを俺のPSPに吹き出した

友「いやいや、ありえないだろ 
トイレに行って何があれば彼女が出来るんだよ

  トイレの花子さんとでも付き合うつもりか?」


俺「いや、お前の姉」

友再びコーラを吹き出す

こうして俺は彼女が出来た日にPSPが壊れた



友への報告があったのでその日に
嫁と付き合うことが嫁の家族にもばれた


しかし反対は全くなくむしろ嫁親には祝福された


馴れ初めって言うとこんなもんでいいのかな



嫁親としては近所のよく知ってる子が
嫁と付き合うなら安心といことらしい


俺たちが付き合うことになったのは嫁親が帰ってきた時に
友が速攻でバラした


そんで嫁と出かけるまで嫁親にどこに惚れたとか
根掘り葉掘り聞かれまくって嫁と俺お互いもにょもにょ答えてた


逃げるように出たあと車内で嫁と俺恥ずかしくて無言だったな

俺は運転だったから仕方ないが嫁は助手席で丸まってた


初セクロスか・・・



付き合い始めてから1ヶ月たったくらいにラブホだったな

デートの帰りに誘ったらOKもらったんで入った

俺は初めてではないが嫁はまさかの処女だったので
驚いたが付き合い始めてからいつでも大丈夫なように
ずっと覚悟はしていたらしい


なぜそんな思考に至ったかわからんが
当時気合を見せねばと露天風呂がある一番高い部屋を選択


部屋の広さとかテレビのデカさに若干圧倒されつつもとりあえず
風呂を沸かして飲み物を頼みお互い微妙に
ぎこちない会話をして俺が先に風呂へ


下着とガウン?を着て戻ったら嫁がAV見てた

慌ててテレビ消して風呂へ駆け込んでいった

ラブホのゴムは信用できないので一応持ち歩いてた自前のゴムを
枕元に用意して嫁を待つことに



女の風呂は長いなと思いつつ俺もテレビ見てた


さすがにAVはどうかと思ったので
ニュースを見てるが頭入らなかったな

そんで嫁の長い風呂が終わったらしく嫁が声をかけてきた


嫁「お風呂上がったけど恥ずかしいから部屋暗くして、そしたら行くから」

俺「分かりました」

内心風呂上りの嫁の姿を鑑賞したかったが
今回は初めてだし諦めることに

部屋を暗くして待つと嫁参上


暗いといっても真っ暗じゃないから多少見えるので
風呂上りの嫁がベッドに来た時はもう戦闘準備満タンとなってしまった

しかし嫁がベッドの上で正座するので俺もそれに習って正座

嫁三つ指ついてかなり緊張した声で


嫁「はっ、初めてなので優しくしてください!!」

俺もかなり慌てて

俺「優しくします」

と頭下げ合った

そんで嫁を優しく押し倒してセクロスに至る


セクロスシーンとかどう書きゃいいか分からんから

これ以降はすまんがさすがに無理だ


PSPの話は完全に蛇足だったな


当時MHP2G流行ってたわけだがおれのPSPは
最初期のやつで経験あるやつ多いと思うが
アナログパッドがきかなかったり

勝手に後ろに走り出したりすることあったんだ

そんで友が吹いたコーラでご臨終した

牛乳以外で飲み物吹き出したの初めて見たな

 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


ほっこり胸キュンドラマが今なら無料でお試しOK!
話題の動画配信サービスを徹底比較!
詳しくはこちらをチェック↓↓

→ http://charaotube01.com/eigalp/


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪