馴れ初め話

【馴れ初め 長編】俺にとってのアイドルを手に入れた。結婚したとき俺は54で嫁は・・・

 

俺にとってのアイドルを手に入れた。結婚したとき俺は54で嫁は・・・

 

 

 

 

俺は54歳で結婚したが、その時嫁は17歳だった。


37歳差だから、加藤某ほどではないな。

とはいえあちらは大人同士だが、こちらは大人と子ども。

出会ったのは俺が50歳で、嫁が中学2年の時。

世の中何が起きるかわからん、長生きはしてみるものだ。



俺は元嫁と33歳の時に結婚して、子どもも作った。

ところが結婚10年で別居となり、47歳で離婚した。

俺が別居後に何をやっていたかというと、オタクだ。

JCアイドルの追っかけとかやってた。


お気に入りアイドルとかなり仲良くなり、
一緒に食事や移動ができるまでになった。





スポンサーリンク





 

 

いわばファンのトップで、それなりに楽しかったが、
ここで壁にぶち当たった。


それ以上は近づけないし、有名になるにしたがって少しづつ距離は離れていく。

俺は50歳になった。


そんな時、嫁に出会った。

6年前のことだ。


その日は知り合い女性に買い物につき合って欲しいと言われ、
車で迎えに行った。


知り合い女性は、初めて見る女の子(嫁)を連れていた。


「髪を切りたいらしいから、美容院まで送ってやって」と頼まれた。

知り合い女性が助手席に乗り、嫁は後部座席中央に座った。


ルームミラーで見ると、すごくかわいくてちょっとクールな雰囲気の子だ。

話しかけようとしたら止められた。

「紹介できないし、名前も教えられない」と言う。


結局その日わかったのは、中学2年ということだけ。

俺はこう思った

「この子のファンになろう」

つき合いたいとか、ましてや結婚したいとかはまったく考えなかった。

とにかくその日を境にアイドルの追っかけはやめた。

以来、一度もアキバには行ってないw




知り合い女性に頼み込んで嫁を紹介してもらった。

1か月かかった。


ようやく紹介してもらえた嫁に俺は言った。

「君は今日から俺のアイドルです、ファンになります」
嫁は別に拒否もしなかった。


最初のころは二人で会うことはできなかった。

嫁は必ず友人(以下、嫁友)を連れてきた。

初めて嫁に買ったプレゼントは香水だ。

化粧品屋のショーウインドーを見つめる嫁を見て、嫁友はこう言った。

「嫁ちゃんにあの香水買ってあげて。

俺さんの好感度がぐっと上がるから」
買ってやったらその通りで、涙流して喜んでくれた。


その香水瓶は今でもある。



やがて二人で会えるようになったが、
つき合うのはおよそ不可能な状況だった。


何しろ嫁は、つき合う男性の年齢上限は2コ上までと決めている。

しかも、現につき合ってる彼氏がいるのだ。


その彼氏というのが、親同士が知り合いで、
結婚も視野に入れているらしい。

あまりに強敵すぎる。


さらに言えば、嫁はモテるので、

彼氏候補が順番待ちしてる状態だ。


とても俺のようなおっさんが入り込む余地はない。

よく、俺は金持ちではないかと言われるのだが、とんでもない。

ビンボなサラリーマンだし、背は低いしイケてもない。

モテる要素は何もないから勝ち目などないと思ってた。
嫁のファンでいい、と


嫁は中学3年になった。


そのころ嫁は彼氏と別れ、そして恋愛の年齢制限もなくなった。


別れた理由は、彼氏が浮気してほかの女の子を妊娠させてしまったから。

年齢制限がなくなったのは、嫁友にこう言われたかららしい。

「彼氏は年上の方が便利だよ、車があるから」

中学の卒業が近づいたころ、俺はようやく彼氏になることができた。


彼氏になったわずか2日後、早くも運命の時はやってきた。

その日は俺と嫁と嫁友の3人で遊びに出かけた。

帰り道、嫁友が突然こんなことを言い出した。


嫁友「婚活始めたい」←ちょうど婚活という言葉がはやり始めたころ。

嫁「まだ早いでしょ」

嫁友「早くない、今始めてちょうどいい」

俺「俺も独身だけどどう?」

嫁友「いいよ、結婚しよ」

俺「婚活3秒で終了w」

嫁友「今日が私たちの婚約記念日だね」




俺がノリで言ったジョークに嫁友が
大いに盛り上がってしまった。


車内は妙な雰囲気になり、
嫁はムスっとした表情で黙っている。


嫁友の家の前で嫁友を降ろし、
車内は嫁と二人だけになった。


俺も嫁も黙ったまま、車を嫁の家へと走らせる。
やがて車は嫁の家の前に着いた。

嫁、降りない。

俺が話すのを待っている。


俺が言わねばならないことは決まってるが、
何しろ突然で準備不足だ。

頭の中大パニック、どうする俺w


しばらくの沈黙の後、俺は思い切ってとにかく口を開いた。


俺「あ、あのね、えーとね」

嫁「・・・」

俺「今すぐじゃなくていいんけどね」

嫁「・・・」

俺「ずっと先のことでいいんだけどね」

嫁「・・・」

俺「俺と結婚する可能性」

嫁「あるよ」


俺が言い終わらないうちに、さえぎるように嫁は言い切った。


あとで聞いたのだが、このころにはもう俺と
結婚する予感がしていたという。


そのことには俺も気づいていた。

だから、プロポーズしても断られない自信があった。


当時嫁は15歳、もちろんすぐに結婚できるわけがない。


実際に結婚したのは2年半後だ。

その間順調にいったかというと、そうは世の中甘くない。


俺たち自身の問題に加え、
親やら高校やら警察やらもう修羅場の連続。


むしろ、「俺たちの戦いはこれからだ」なのだが
当時はまだ知るすべもない。



外を歩いていると通学途中の女子中学生をよく見かける。

みんなまだほんの小さな子どもで、大人っぽさのかけらもない。

俺はあんな子ども相手に、よく本気でプロポーズできたなと思う。

が不思議なことに、嫁の中に子どもを感じたことは一度もない。

常に対等というか、同級生のような感覚だ。


需要があればつづきを書くが、スレタイとしてはここまで。

読んでくれてどうもありがとう。


最後に、結婚直前の会話から。

俺「君の未来を奪ってしまったようで申しわけない。

  
もっと素敵な男性とたくさん出会えただろうに。
  
若くてイケメンで背が高くて金持ちの」

嫁「世界60億、すべての人と知り合うことはできないでしょ。
  
出会いは運命だよ。
  
私が自分の意思で決めたことだからこれでいい」


そんなわけで嫁はJCからJKになった。

嫁は結婚の条件として、こんなことを言った。

「0点からスタートして、点数を上げていってほしい。

 110点満点になったら親と学校に話して、すぐに結婚する」

俺の好感度が上がれば点数アップ、下がれば点数ダウンだそうだ。

RPGかよ、つーかなぜ100点満点じゃないんだ。

いかにも高校生が考えそうなことだな。

「うる星やつら」のメガネをちょっと思い出した。

嫁は定時制高校なので、在学中でも結婚可能なのだそうだ。

よし、せいぜいレベルアップにはげもう。

と思ったら、すぐに挫折した。

とりあえず、2か月もたずに別れた。

なんと、俺たちはほとんど合うところがないのだ。

まず世代が違うので、例えば聴く曲とかも全然違う。

そればかりか、趣味や嗜好もまるで共通点がない。

しかも二人とも気が短いのですぐに大喧嘩になる。

嫁には携帯を何台も壊されたし、椅子を投げられてドアに穴もあいた。

出たばかりのiPhone買ってやったが、1週間で踏みつぶされてバラバラ。

たしか修理代が10万円ぐらいと聞いて、あきらめて手放した。

嫁はすぐに、

「もう別れる、永久に顔見たくない、さよなら」

と言って出て行く。



ちなみに点数だが、上がる時は数点レベル、
下がるときは数十点レベルw


『永久』の時間だが、最短で20分、
最長で5か月くらいだった。


20分の時は驚いたな、出て行ったと思ったらすぐに帰ってきた。

「先輩に相談したら、すぐに戻れと言われた」らしいw

別れと復縁を何度も繰り返したわけだが、別れてる間は完全にフリーだ。

お互いにマジで別の人とつき合ったりしてる。


妻子持ちの男が、それを隠して嫁と付き合っていたことがある。

さすがに頭に来て、文句言ってやろうと思って呼びつけた。


そうしたら何と妻子連れて、武器(ゴルフクラブ)持ってやって来た。

あの時は頭殴られて、痛みが半年近く取れなかった。


俺は嫁と別れてる数か月、別の女の子と暮らしてたことがある。

嫁と同い年のフリーターで、嫁の友だちの友だちだ。

俺と一緒に住みたいと言うから、親の許可が必要と言ってやった。

そうしたら、本当に母親連れてきたから驚いた。


「娘をよろしくお願いします」
と丁寧にあいさつされて断れなかったw


警察は何度もやって来たな。

嫁がうちに来ると、当然嫁の友だちもうちに来る。

すると、一人暮らしのおっさんが怪しいことを
やってると勘違いする人もいる。

で、110番通報されてパトカーやってくる。

女の子の親が全員呼びつけられる。

一度目をつけられると何度も警官やってくるようになる。

嫁と車に乗ってるところを、嫁の元彼に見つかって110番通報されたこともある。

俺や嫁のことをよく思ってないからね。

路上で捕まって警察署に連れて行かれて、嫁親呼ばれて、やれやれ。


嫁は2年生になった。

俺たちはあい変わらずグダグダだった。

しかし別れることはできても、
切ることができないのはわかってきた。

どうしても戻ってきてしまうのだ。

だから、結婚した時も誰も驚かなかった。

知人、友人も、会社の上司、同僚も。


まあ結婚して当然だろ、くらいに思われた。

さて秋になり、嫁は17歳になった。

久しぶりに嫁に会った。

その時、俺には別の彼女がいたし、嫁にも別の彼氏がいた。

俺「今、何点だっけ?」

嫁「覚えてないけど、半分の55点からにしよ」

レベル上げ再開。

嫁も面倒になってきたのか、サクサク点数が上がり、
10月末に110点満点達成。


俺は彼女と別れ、嫁も彼氏と別れた。

嫁「11月3日文化の日を婚約記念日にしよ、覚えやすいから」

俺「約束通り、親と学校に話してよ」

嫁「わかってる、ちょっと待ってて」


年が明けて1月、学校の嫁からメールが届いた。

嫁「緊急事態発生」

俺「どうした?」

嫁「学校に結婚の話ししたら、なんか学校に通ってる間はだめらしい・・・」

俺「残念だね」

嫁「どうしよう・・・」

俺「それが規則なら仕方ない」

嫁「ごめんね・・・」

俺「嫁ちゃんがあやまることないし、たいしたことない」

嫁「ありがとう(はあと)どうしたいって?」

俺「卒業してから結婚しよ」

嫁「俺さんが待っててくれるなら」

俺「卒業式を結婚記念日にしよう」

定時制高校は四年制なので、ちょっと結婚が遠のいたな、と思った。



嫁は3年生になり、うちにいることが多くなった。

俺はいつも嫁にくっついてた。

ウザイとは言われたが、離れろとは言われなかった。

そのころから、嫁の実家がゴタゴタし始めた。


親との大きなトラブルがあったらしい。

学校も休みがちになった。


ついに嫁は、もう実家に帰らない宣言をした。

親も親で、二度と帰ってくるなと言って、嫁の私物を処分してしまった。


夏休み前、親は学校に退学届けを出した。

俺は校長と話し合ったが徒労に終わった。

嫁は学校をやめた。

こうして結婚への障害がなくなった。


どころか、結婚しなければならない状況になってしまった。

そして上に書いたように、俺54歳、嫁17歳で結婚した。

1昨年の秋のことだ。


結婚式をしたわけじゃないから日常の変化は特にない。

ただ突然、嫁が俺の名字になったのが妙な気分だ。

こうして俺は望みどおり、俺にとってのアイドルを手に入れたw 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


ほっこり胸キュンドラマが今なら無料でお試しOK!
話題の動画配信サービスを徹底比較!
詳しくはこちらをチェック↓↓

→ http://charaotube01.com/eigalp/


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

 

 
・YouTubeはもう稼げない…
・収益化を外された…
・一向に審査が通らない…

最新版のYouTube戦略を正しく身に付ければ
まだまだ稼げます!
今なら先着無料特典を受け取れます。