馴れ初め話

【馴れ初め 感動】俺が大学生の時に、地域ボランティアにつき合わされ、花見の時の保育係をさせられたのが出会い。

 

俺が大学生の時に、地域ボランティアにつき合わされ、花見の時の保育係をさせられたのが出会い。

 

 

 

俺が大学生の時に、当時親が町内会の役員やってる関係で
地域ボランティアにつき合わされ、

花見の時の保育係をさせられたのが出会い。

当時3歳の嫁がおもらししてパンツを交換したので未だに覚えてる。

それから時々街中で親子連れというかまだ幼児の嫁と挨拶したりしながら、

俺は大学卒業。就職して遠方に配属。


27歳で退職して帰郷。


大きくなった当時中学生嫁親子と劇的でもなんでもなく買い物中に再会。

立ち話で俺が大学時代にバイト講師をやってた塾に通ってることが判明。





スポンサーリンク





 

 

俺に貯金があったんで職探しせずにブラブラしてるのを

親同志でなんらかの結託があったのか、
無給で家庭教師させられることに。


家庭教師後は毎回嫁父と晩酌。


当時中学生の嫁を、若者が集まるスポットに
健全にエスコートさせられること時々。

たぶん嫁にたかられてた。こっちは無職だったのに。


俺に見合い話がいくつか持ち上がるが無職なので釣り書き時点でアウト連発。


3年ほどして嫁が志望高校に無事入学、
家庭教師も俺の能力限界に来た頃、

貯金が心もとなくなり、家庭教師辞めて就職するも、

あいかわらず嫁家に時々お呼ばれされ、
嫁父と晩酌を繰り返す。


あいかわらず嫁を時々若者が集まるところにエスコートするが、

このあたりから警察に職務質問されることが時々あり、
やっぱおかしいだろ、と嫁とは疎遠に。


嫁父とは変わらず仲良く晩酌にお呼ばれ続けるが、
ここまで嫁への恋愛感情無し。


さらに5年ほど過ぎて、町内会の花見に参加したら
当時21歳の嫁家族も来たので

宴会に加わった時になぜか嫁と結婚することになり、
紆余曲折無くそのまま結婚して今に至る。



16歳の年齢差以外は特に変わり映えの無い話だが、
スレタイの「馴れ初め」というと

嫁のパンツ交換なんで、なんか感慨深いものがある。


町内会の花見ってのが町内の公園でやるんだけど、
町内会でも豚汁や缶ビールとかを
町内の各お店の協力で格安値で振舞う。


それの手伝いをしてたら嫁家族が花見完璧セット持って公園にやってきた。


嫁家族のビニールゴザに混ぜてもらい、
しばらく嫁父とお酒飲んでたら、

対面に座ってた嫁が俺の隣に座りなおして、
嫁家族のお重を嫁が俺に取り分けてくれた。


昔はキャピキャピ(言葉遣いがジジイですまんね)してたのに、
落ち着いた娘さんに育ったもんだと誉めたら、
なんか微妙なふいんき(なぜかryこの時のやりとりは覚えてる。
つうか絶対忘れない。



嫁母「いつまで経ってもダメね。」

嫁父ニヤニヤ 俺(´・ω・`)

嫁母「これ以上待ってるとおじいちゃんになっちゃうよ。」

嫁父ニヤニヤ 俺(´・ω・`)

嫁母「もうダブルスコアじゃないんだし。」

嫁父ニヤニヤ 俺(´・ω・`)



嫁母が大きな声で独り言を始めて、
どうしちゃったんだろうって思ってたら


嫁母「ほら、昔よく言ってたセリフここで言ってみなさいよ。」

ここで初めて嫁母が俺の隣に座ってる嫁に話しかけてることに気付いた。


振り返って嫁を見ると、正座に座りなおして無言で三つ指ついて頭を下げてきた。

酔っ払ってたので、その場のノリで慌ててこっちも
正座して手をついたら、

それで婚約したことになっててびっくりして死ぬかと思った。



後で嫁母から聞いた話によると、
嫁は中学生の時から俺と結婚すると言ってたらしい。


上に書いた、「昔よく言ってたセリフ」ってのはこのことだ。


さすがに高校生になると言わなくなったらしいが、
渋谷や原宿に連れて行ってたのを

「デートだデートだ」とあいかわらず家で騒いでたらしい。


確かに思い返すと、嫁父と晩酌してる時はいつも無意味に嫁が一緒にいた。


仲のいい家族だなあ、と微笑ましく思ってたんだが、
向こうは下心アリアリだったようだ。


俺が連れ遊ぶのを止めようと言った時の落ち込みはひどかったらしいが、

俺は全然気付いてやれなかった。


で、初めは不純異性交遊を心配してた嫁親も
俺のことを警戒してたが、俺の態度に安心してたら
今度はいつまでたっても俺と嫁の関係が進まないので、

花見の席での話になったとのこと。


年齢差ダブルスコアって嫁母発言はお詫びされた。


なぜこんなおっさんに惚れたのか訊いたら、
多感な中学生時代にきちんとひとりの女性として
扱ってくれたのが嬉しかったらしい。


俺からみたら当時の嫁は紛れも無いガキだったがな。


こないだニュー速+で話題になってたので
「俺って草食系男子?」って嫁に訊いたら、

笑い転げやがった後に「こっちが放つ恋愛信号を受信できないおっさん。」と怒られた。


どうやらフラグを折りまくっていたようだ。


嫁と険悪なやりとりが始まっても、
俺が無言で三つ指ついて頭下げると「やめてーっ!」って

覆いかぶさってきてチャラにできるので、からかいがいのある嫁だ。


3日前から娘連れて嫁親達と旅行に行ってるので、
こうして朝からゆっくりPCに向かってる。


持って行って娘を映して来いと言ったのに
ビデオカメラを家に忘れやがったので、帰ってきたら

娘のオムツ替えながら、「お前に出会ったのはこれぐらいのときだよ。」
って言ってやろうと思う。



花見の席で親を含めた町内会の人達に取り囲まれて大騒ぎになり、
その場で全ての段取りが俺を置いてけぼりにして
超特急で回り始めて、

実はほとんど記憶が無い。


嫁の昔からの夢、ということで花見から2ヵ月後の6月に結婚。


なので開いてる式場探しが難航するが、たまたまキャンセルが出た式場に。

いったい何があってキャンセルになったんだろう。


結婚なんて、住むとこ探して区役所に
届けを出せばいいだろうとタカをくくってたら

嵐のようなスケジュールでいろんなことがあって、
嫁と2人でゆっくりできず。


毎週末ごとに嫁とあれこれこなしながらデートするも、
嫁親の顔が脳内でチラついて、

それまでエロいこと無し。

つうか、喪男で年齢=童貞の妖精だったのでスマートにホテルに誘うスキル無し。


なので嫁のパンツを脱がしたのは新婚初夜のホテル。


正確には風呂上りで嫁はバスローブ一丁だったので
パンツ穿いてなかったが。

あれは今でも「それは無いだろう。」、と思ってるが
世間的にどうなんだろうか。


ダブルベッドの上で、お互いにバスローブ一丁で向き合って、
三つ指ついて挨拶して

礼儀正しく灯りを消して布団の中に。

果たして致せるか不安だったが無事終了。


その当時、嫁を愛してるか、と訊かれると本当のところ分からない。


結婚なんてあきらめてたところ、
なし崩しでことが進んでレールの上を走ってたような感覚だったので、
義務感で役を演じる役者みたいだった。


なにしろ嫁のおもらしパンツ替えてたぐらいだし。


ここまで書いてきたら、どうしても書きたいことがある。

嫁と生活を始めて落ち着くと、結婚っていいなあってつくづく思う。

俺は早くに親父が亡くなってて、家庭って
母親とお互いに支えながら生きていくものだと思ってたが、
生活の安定ってのは本当に心を穏やかにするもんだ。


で、なんというか、嫁って変わってて、泣かないのよ。


それがありがたくもあるんだが、
人の話を聞くと、ことあるごとに女性は感激すると
泣くもんだと思ってたので、

あんまり感激しない性格なんじゃないかと思ってた。


でも、娘を産んだ時に、「これで小さいときからの夢がようやくかなった。」って泣いたのに
もらい泣きした。


なんでも、中学生時代に俺と結婚すると決めた時から親子三人の
生活をシミュレーションしてたそうな。


二人目はいらんのかどうか分からんが、そろそろ俺は枯れかけているぞ?


晩酌しながらこれを書いてるが、嫁帰ってきて、
隣の部屋で娘と二人で寝てるの見ると、

もうそれだけでおつまみがいらない。

今は嫁がいとおしくてたまらない。


感動の恋愛ストーリーとかは無かったけど、
今後も要らない。

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


ほっこり胸キュンドラマが今なら無料でお試しOK!
話題の動画配信サービスを徹底比較!
詳しくはこちらをチェック↓↓

→ http://charaotube01.com/eigalp/


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

 

 
・YouTubeはもう稼げない…
・収益化を外された…
・一向に審査が通らない…

最新版のYouTube戦略を正しく身に付ければ
まだまだ稼げます!
今なら先着無料特典を受け取れます。