馴れ初め話

【馴れ初め 長編 感動】嫁とは、俺「見えてるよ」 嫁「?」 俺「パンツが!」 嫁「…////」

 

嫁とは、俺「見えてるよ」 嫁「?」 俺「パンツが!」 嫁「…////」

 

 

 

 

俺「あ、君、嫁田さんだっけ?」

嫁を指差して、


嫁「え、嫁村ですけど?」

俺「…嫁村さん、あの、見えてるよ」

嫁「?」

俺「だから、見えてるって!」

嫁「…何が?ですか?」

俺「パンツが!」

嫁「…(赤面)」

イラついて言うまいと

思っていた単語を言ってしまった。

一同、ドン引き。


大学のサークルの新歓も兼ねた

年度最初の活動、記念撮影の時。


俺はカメラマン、嫁は一番前で

デニムのミニでウンコ座り。

普段からロリを公言してた俺に、

童顔な嫁。


サークル全員からの負の感情が

ヒシヒシと伝わってきた。




スポンサーリンク





 

 

本当に親切心からだけで

だったんですよ?


その後新入生の女子陣からは

一定の距離を置かれた。

っていうか、自分から距離を置いて

摩擦を避けた。


でも何故か、嫁だけは俺によく懐いた。

「私は気にしてませんから」って事らし
い。


が、何かと言えば

「私のパンツ見た責任取って

○○して下さい」と

サークルに関係ない私用まで

俺に押し付けてきた。


夏休みに入り、高校の友達と

花火見に行く予定だけれども、

他の人はみんな彼氏連れだから、

「パンツ見た責任取って

エスコートして下さい」と言われ

行って見ると

「みんな都合が悪くなりましたw」って事
で、初デート。


花火も満喫し終わったと思った頃に、

何故か嫁はご立腹。


「変に期待しちゃいますから

嫌なら付き合わないで下さい」と

プンスカ。


かなーり鈍い俺もね、

気が付きましたよ、

自分から告りました。


サークルでは変態キャラだったんだが、

高校の時とバイトで知り合った

女の子と付き合った事があり、

嫁には「何で私が初カノでないの?」

と切れられました。


嫁は下半身デブだが

遠慮がちな胸の持ち主で、


自己主張の激しい胸の

持ち主と話をするだけで

浮気認定で大騒ぎ、

「お前と以外結婚する気はない」と

言ったら、

週末に嫁両親に引き合わされて、

ジ・エンド。

俺が大学4年の時だった。


以後は嫁の舎弟として、生きている。


嫁とは付き合い始めた年の秋から、

俺の下宿で2人で週2・3回

格闘技の研究をする仲になっていた

(寝技中心)。


が、嫁の一つ下の学年に

炉利顔で巨乳の娘が入ってきた。

ズバリ、俺の好みだった。


性格(というか、身持ち)は

あまり良くなくて、

知っている限り、3人と付き合って

別れていた。


反発を買ったその娘が、

相談相手に選んだのが、


一応公認の彼女(嫁)がいる俺で、

何とか誤解を解いて上げた。


その後「俺さんみたいな人と

結婚したい」と公言し始め、


嫁が切れて、

俺に「どういうつもりよ!」

で、反射的にいった台詞がそれだ。


やっぱりプロポーズですかねぇ?




>もしかしてパンツ見せたのもわざと
じゃね?w

それはないと思う。

パンツ事件後、

俺「ごめん、君が気にして

サークルやめる位なら俺が止めるから」


嫁「…もう、気にしてません」

俺「…でも、嫌だったろ?」

嫁「…そうですね、でも良いんです、私
の不注意ですし、」


俺「お詫びに何かあったら、助けるか
ら、、」

嫁「…そんなぁ、良いですよぉ」


って感じでどちらか言えば嫁も恐縮して
いた。


周りの連中が、俺→嫁って感じの

ムードを作っていって、

嫁が段々図々しくなって

いったんだよね。


俺に惚れられているから、

我侭言い放題に出来ると

勘違いしたと思う。


実は女子進学校出身で

男と付き合った事が

なかった嫁は、


優しくされるのに免疫がなく、

勝手に盛り上がったようだ。


格闘技研究を始めた時点で、

責任取れと言われたら

逃げられないって思ってたから、

それなりには納得している。


でも俺のお宝DVD(炉利巨乳)を

捨てたのは許せない。



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


胸がキュンキュンするドラマが今なら無料でお試しOK!
話題の動画配信サービスを徹底比較!
詳しくはこちらをチェック↓↓

→ http://charaotube01.com/eigalp/


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪