馴れ初め話

【馴れ初め 感動 実話】嫁とは、酷すぎる日常からホームレスになることを決意し、河原に段ボールハウスを建てていたら・・・

 

嫁とは、酷すぎる日常からホームレスになることを決意し、河原に段ボールハウスを建てていたら・・・

 

 

 

河原に段ボールハウス

たてようとしてたら嫁に声かけられた


嫁「そこマムシ出ますよ」

俺「え(東京でマムシって出るのか)」

嫁「あと寝るつもりなのか

ハウスたてるつもりか

知りませんけど増水したらそこは

まずいです、流されます」


俺「いやでもあの大丈夫そうな

とこがここぐらいしかなくて、

他は誰かが使ってるから」


嫁「………じゃあついてきて」

安全に段ボールハウスたてられる

場所と先輩ホームレスを

紹介してくれた




スポンサーリンク





 

 

嫁とは俺がホームレスになって

2日目で知り合った


ホームレスになったものの

知識もなくどこに

段ボールハウス建てていいかも

わからず、とりあえず空いてる

河原にそれっぽいものを

建てようとしてたらマムシが

出るし増水したら危ないって

通りかかった嫁に止められた


俺の実家は毒としか

言えない家庭元凶は親父で

ギャンブル狂いのアル中

カーチャンはまともだと思ってたけど

今思うとただの共依存だな


高1のときにカーチャンが亡くなり、

カーチャンに向かってた分の

暴力と搾取も全部俺にきた


高校は辞めさせられ、

日雇い工事現場やら

夜の仕事までさせられた挙げ句に

給料は全部親父が受け取ってた

3年ほど我慢してたけど、

ある日日雇いの仕事に行ったら

人数が集まったから

今日は仕事無しと言われた


ポケットには帰りの電車賃と

親父の酒代。

不意に死んでもいい、

ホームレスになってもいいから

逃げようと思った


大して距離稼げなかったけど

自宅から

離れた駅に降りた。

初日は公園の遊具の中で寝て、

ホームレスといえば段ボール

ハウスのイメージしか無かった俺は

近所のスーパーから段ボール

持ってきて河原に行き嫁に出会った



嫁は家が河原の近所で

よく散歩をしてたらしい

俺に世話をしてくれそうな

知り合いのホームレスを

紹介してくれた


嫁は翌日、先輩ホームレスと俺に

弁当を買ってきてくれた。

3日程経って、ようやく嫁に

事情を聞かれた


嫁「見たとこ10代でしょ?」

俺「違います」

嫁「いやわかるから。

案内しておいて何だけど、

ちゃんとした機関を頼ったほうが

いいよ。

家に帰れとは言わないけど

10代でホームレスすることないよ」


俺「家に絶対ばれたくないんです、

いま帰ったら殺される」


嫁「だから家には連絡しないってば。

知らないだけで世の中には

いろんな人を助けてくれる

システムがあるんだよ」


こんな感じで1週間ほど

嫁に説得されて、結局支援団体や

各種公的制度のお世話になった


安アパートだけど一人暮らし

するようになって、

高校も入り直して高卒になった。


その間、嫁にはずっと

アドバイスもらったり色々な

制度を紹介してもらったりして

世話になってた。


今は仕事もできてるし

人並みに稼げてるが

嫁に会わなかったら

本当に死んでたかもしれない


俺アタマ悪いし話すと

どうしても長くなることだから

長文の割に色々抜けてる

かもしれない


嫁は俺がいた河原は

マムシがでるので純粋に

危ないと思って止めてくれた

らしい。今となっては

マムシに感謝か


1年は一応高校生してたから

単位とれてて、不足分補って

卒業→就職した


小さいけど良い会社だった

おかげで普通の生活できたし、

これなら嫁に交際申し込んでも

いいなって思って告白した


嫁は喜んでくれたし

順調に付き合ったけど

結婚のときは経歴が経歴だから

やっぱり揉めた


高卒になるまでにだいぶ

直ったとはいえ、

やっぱりずれてたり非常識だったり

知らなすぎたりがあったから

当然だと思う。


今は嫁曰く言われなきゃ

わからないレベルらしいけどね



嫁スペック

俺より歳上で大卒

出会った当時は求職中だった

(後に就職→転職→現在産休)


背が高いのに童顔。

年齢不詳系

料理と手芸が上手い。


俺に声をかけてきたことからも

わかるけど

変なとこで

警戒心が薄いので

たまに見ててハラハラする。


俺を助けてくれた理由は一度

拾い上げたんだから

責任を全うすべきだと

思ったそうだ


それとは別に異性として

好きだと思ったのは

俺が再び高校行ってからで、

でも女が歳上って微妙だし

助けた側が言ったら

無理強いみたいだと思って

言わなかったらしい。


現に錯覚してないか?と

何度も聞かれたことがある


親父のその後

実は家出後割とすぐ死んだ


独り暮らしだったし

搾取対象がいないから

生きていけなかったみたいだ


死に目にもあわなかったけど

後悔してない。


むしろ心の中が修羅場だったのは

俺が殴られようが搾取されようが

親父にくっついてた

カーチャンもまたある種の

毒親だと気付いたとき



職場

就職活動は嫁が手伝ってくれた

最初に就職した会社は

いい会社だったし

家族的だったけど社長が

結構な歳で、


亡くなって世代交替してから

色々変わってしまい転職してた

先輩に引っ張ってもらって

今の会社にいる


俺の非常識

普通の暮らし、家庭が

よくわからなかったし

勉強もできなかった


勉強は漢字ドリルと

計算ドリルからマナーは

おかしいところは

指摘してくれと周りに頼んで

色々直してもらった


今でも土台がちゃんとしてないことは

感じるけど嫁曰く一通りは

身に付いたし周りは優しいし

気持ちの整理もついたし、

とりあえず大丈夫だと思いたい


なぜ土曜に暇かというと

嫁が出産前で実家に

帰ってるから


普段なら絶対会いに行くんだが

今週は俺が風邪っぴきだから

会えないorzでも


嫁にうつしたくないから我慢するぜ!


独り暮らし時代に教えてもらったから

俺も料理できる


すごく幸せだけど嫁の出産が

心配でしょうがない


難産と産後のがあまりよろしくない

家系らしいんだよな…

 親父のことは今でも

たまにひっかかる


死に目とかがどうでもよかったのは

本当だけどね。

物心ついたときにはアル中の

ろくでなしだったから

まともな記憶なんてないしさ



親父の妹だか姉だかって人に、

アンタが見捨てたからだって

罵られたことあるけど

同伴してた嫁がろくに

会ったことないくせに

あんたの馬鹿兄弟がこの人に

何したか知ってるのかと

怒鳴って追っ払ってくれたけど、

すごく暗い気持ちになったよ


本当に心底吹っ切れたのは

最近だと思う。

俺にも子供ができた。


親父の人生は

妻子を殴り搾取して何も

生まない人生だったけど、

俺は全然別の人生を生きるんだって

やっと心底思えた


子供が生まれる前に誰かに

聞いてほしかったのかもしれないな


嫁には感謝してもしたりないし、

結婚許してくれて理解してくれてる

義両親にもありがたく思ってる


子供は早く会いたいけど不安でもある。


でも社会人も家庭も

きちんとできたし、

何より嫁もいるし大丈夫だと

信じることにした


あとは無事に産まれてきてくれる

ことだけ願ってる

産まれるまでに風邪治さなきゃな


支離滅裂でごめん

では、名無しに戻ります 

 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


胸がキュンキュンするドラマが今なら無料でお試しOK!
話題の動画配信サービスを徹底比較!
詳しくはこちらをチェック↓↓

→ http://charaotube01.com/eigalp/


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪