馴れ初め話

【馴れ初め 感動 実話】嫁と俺は幼馴染で、途中俺母が亡くなったり嫁が病んだりして・・・

 

嫁と俺は幼馴染で、途中俺母が亡くなったり嫁が病んだりして・・・

 

 

 

 

嫁と俺は幼馴染で、

途中俺が引っ越して

4年位間が開いたり、

俺母が亡くなったり

それが原因で嫁が病んだりしたけど、

大学卒業と同時に結婚して幸せだよ。


嫁とは幼馴染だった。

元々俺母と嫁母家が

知り合いで家も近く、

物心つく前からの知り合い。


母親同士の他愛もない

冗談だったと思うが、




スポンサーリンク





 

 

「年頃になってもお互いに

特別な相手が居なかったら、

夫婦にしたいねー」

なんて言っていたそうだ。


その後も普通に仲のいい友達、

同級生として付き合っていたが

小5の時に俺家が

父親の栄転で引越し。


泣きながら、またね、手紙書くからね、

を繰り返す嫁に困惑しながら別れ、


200kmほど離れた土地へ。

最初こそ頻繁に連絡が来ていたが

それも段々と少なくなり、

4年が経った頃。


俺の母親が死んだ。

発見から6ヶ月も持たず、

母は亡くなった。

病名は急性白血病だった。


母命だった父は俺と姉以上に

憔悴しきって、元居た土地

(母の実家が近い)に

戻ることになった。


姉が高3、俺が高1の秋のこと。


前述の経緯で、

嫁とは高校で再会する。

学力と地理的な問題で

県下ではあまり選択肢が

なかったため、

それほど運命的なものではない。


嫁は小柄で髪を伸ばしていて、

贔屓目なしでも可愛らしかった。


お互いに意識していなかったといえば

嘘になるが、嫁とすぐ付き合うなんて

ことにはならず、

2年になったころ俺は一つ上の

先輩と彼氏彼女の間になった。


嫁も決してそういう話が

なかったわけではなく、

彼女は他の男子生徒に

告白され、どうしようか迷っている、

と相談された。


俺にはその時付き合っている

先輩がいたし、自分の中の小さな

蟠りを感じながらも、

そうか、としか

返してやれなかった。


嫁がその相手と

付き合うことになって、

1ヶ月程した頃。


土曜の夜中、俺の家に電話が来た。

喉を痛めたようなひどい泣き声で

内容は殆ど分からなかったが、

とにかく会いたい、と。

そしてなぜか、ごめんなさいと。


家を飛び出して自転車に

跨り必死にこいで15分。


立派な一軒家の嫁家前に

愛車を放ってチャイムを鳴らすと、

嫁母がでてきて、

夕方に帰ってから部屋に

閉じこもってると教えてくれた。


嫁部屋に案内されて中に入ると、

ベッドの端で電話の子機握り締めて

蹲ってる嫁の姿。

俺の顔見てその場で泣き出してしまい、

俺大混乱。


隣に座って、どうした? って

聞いても何も言わない。


ただ、1、2分くらいして

黙ったまま手を握ってきた。

多分これが嫁と初めて

意識して触れ合った行為だと思う。


そしたら、嫁が泣きながら

笑いながら困ってるような顔で、

「……やっぱり、平気なんだぁ……」と
言った。


嫁曰く、付き合おうとしていた相手と

手を繋いだ時、違和感が凄まじかった。


鳥肌がたって、

2度目も3度目も変わらなかった。

今日、キスを迫られ応じた瞬間、

違う!と思って走って逃げた。


気持ちが悪くなって、

帰路の途中でトイレに駆け込み吐いた。



廊下で嫁両親も聞いてたんだが、

どうも異性に触れられて

嫌悪感を抱いたのは

初めてじゃないらしかった。


嫁のあまりの落ち込み様に、

嫁両親は病院に相談しようとしたが

嫁が全力で拒否。


俺も理由を知りたい、

一緒に行くからと説得して

平日にそろって学校休んで病院へ。


――この時、嫁はなんとなく

分かってたんだと思う。


内容が内容だけにすぐには分からず、

何日か通うことになり、

嫁は何度も問診表を書き

カウンセリングを受けて、

結果が出た。


簡単に言えば、嫁の思い込み。

自分には決まった相手が

居るという刷り込みがあって、

約束なのに別の相手と

そういう関係になりそうな

状態を拒否してるらしい。

この辺はもっと専門的な言葉で

説明を受けたはずだが、

なにぶん昔の話なので

要点しか覚えてない。



最初に書いた俺母と嫁母の会話を

嫁は覚えていたが、

俺が土地を離れてる間に

少しずつ内容が嫁の中で

無意識に変化し、

かつ俺母が亡くなってしまったことで、

遺言めいた約束事と

思い込んでしまっていたらしい。


もちろん、本人は自覚して

なかったけど。


嫁は週一でカウンセリングを受け、

嫁母からも繰り返しそれは

あくまでも昔の話だと

話をしたそうだ。


半年ほど掛かって、

嫁は大分精神的に

落ち着いたように見えた。


本来ならそのキスして吐かれた、

可哀相な彼氏候補が

嫁を支えてやるのが筋

のように思えるが、

嫁がごめんなさいして関係は終了。


その間、俺は医者から

時間が経って落ち着くまで

あまり親しくしないほうが良い、


と言われていて、

出来るだけ接しないようにしてた。


ただ、やっぱり自分のせいで、

って気持ちもあって、

負い目があって、

3年になる頃学校の帰り道で、

「もう、大丈夫か?

昔のことでつらい目にあわせて

ごめんな」


って話しかけたんだよ。

そしたら「昔の話とか、

そういうのじゃなくて……私は、

○○(俺の名前)にはっきり言って

もらわないとダメだよ」って言われた。


その時の嫁の横顔見て、

初めて本当に好きになった気がした。

それと同時に自分が

ひどい奴だってのも。


すぐに答えたかったけど、

その時は待っててくれるか? 

と聞いて了解をもらった。


次の日、俺は付き合っていた先輩に、

只管ごめんなさいと

頭を下げて別れを告げた。


その時の彼女の

「……うん、なんとなくこうなるって

知ってた」という台詞は覚えてる。



その後俺は嫁に告白。

受験真っ只中の頃から

付き合うようになり、

大学を卒業すると同時に

結婚に至った。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


胸がキュンキュンするドラマが今なら無料でお試しOK!
話題の動画配信サービスを徹底比較!
詳しくはこちらをチェック↓↓

→ http://charaotube01.com/eigalp/


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪