馴れ初め話

【馴れ初め 長編 感動】嫁「もう私の家族は弟のあんたしか残ってない」 俺「いや結婚相手探しなよ…」

 

嫁「もう私の家族は弟のあんたしか残ってない」 俺「いや結婚相手探しなよ…」

 

 

 

 

嫁さんとの出会いまで

ほとんど記憶がないので

伝聞も合わせて。


俺両親、母親の不○で

俺が年少の時に離婚。


親権母親で養育費

月8万貰ってたらしい。


母親は実家を勘当され、

見知らぬ田舎のボロアパートへ。


繁華街の風呂で稼ぎつつ、

最低限の学費以外ナイナイして

稼ぎと合わせて男漁り。


田舎だから母親がそんなんだって

一瞬で伝わり。




スポンサーリンク





 

 

俺は都会からやってきた部外者

っていうのもありいじめの対象だった

らしい。


教師もグルだったらしい。


まあ、私服学校で一年通して

二枚の色あせてぼろぼろのシャツを

延々着まわしてたら

いじめられるわな。


我が家に掛布団などなく、

部屋の真ん中に敷布団が

ぽつんとあるだけ。


それも母親の行為用で、

家に男を連れ込むとき、

俺は押し入れに入れられていた。


押し入れの中は比較的

あったかかったので

寝るのも押し入れの中に

座ってだった。


おぼろげに覚えているのは

小学3年の冬、例年以上に

冷え込むといわれていたらしい日。


比較的早い時間に帰ってきた母親。


あったかそうなコート着こんで

べろんべろんに酔っぱらってた。


玄関で倒れこんでそのまま寝た。

あまりにも寒かったから、

俺はあったかそうな母親のコートを

脱がせてくるまってた。


ドキツイ香水の匂いが嫌だったけど

寒いのよりはよかった。


あったかくなって眠気のままに落ちて、

翌朝。


目が覚めた俺は焦ってた。

酔っぱらって帰ってきた翌日の母親は

機嫌が悪い。

その上コートを無理やり

脱がせてたから怒られると思って

ランドセル引っ掴んだ。


玄関に行くと母親まだ横になってた。

起きたら絶対に怒られると

思って急いで逃げた。


学校は面白くもなんともなく、

給食だけが目当てだった。


朝のことを思うと怖くて家に戻れず、

風がしのげそうな橋の下で過ごした。


いつ連れ戻されるのか怯えながら、

家出したまま学校に通った。



数日後、学校に俺を引き取るために

父親が来た。


母親はタヒんでいた。

死因は凍死。


俺がコートをはぎ取ったあの日が

そうだった。


母親の男の一人が遊びに来て発見。


絶叫して逃げたので近隣住人が

何事かとKに通報。


父親に伝達され、

引き取りに来たらしい。


父親は離婚して1年後再婚していたが、

再婚3年後に事故で再婚相手を失い、

再婚相手の連れ子(女性、俺の5コ上)と
暮らしていた。


この血のつながらない姉が、

嫁さんだった。


父親の家で過ごす日々は

何もかもが新鮮だった。


朝も夜もご飯が食べられる。

暖かい風呂に入れる。

長袖長ズボンの温かさを知った。

掛布団の存在を初めて知った。


一方で嫁さんは5コ下の弟の

今までの暮らしに衝撃を受けていた。


何を言ってもしてもほとんど無反応。

笑わないし泣かないし、

何を考えているのかわからない。


朝と夜のご飯を出すと

「……?食べても、いいの?」と疑問形。

箸の持ち方もおかしい。


沸かした風呂に入ったはずの弟が

全然あったまってない。


洗面器に水をため、

その水だけで髪を洗い

体も洗っていた。


しかも全部ただの石鹸で。

寝巻を渡すと「こんな、袖の長い服、あ
るんだ」。


布団を敷いておいたのに

翌朝見ると使った形跡がなく

パッと見どこにもいない。


父親とあわてて探すと

押し入れの隅でちっさくなって寝ていた。


なぜか「この子は私が育て上げる!」と

意気込む嫁さん(14)。


思い返せば、そうでもしないと

自分の居場所がないように

思えたとのこと。


再婚して家族になっただけの自分と、

離れていたとはいえ父親と

血がつながっている弟。


親類縁者のいない嫁さんにとっては

家族はもうこの二人しか

いなかったから、らしい。


嫁さんのおかげで

まともになりつつあった俺。


嫁さんは高校生になった時くらいに

「このまま弟の世話してたら

青春とかできないよね」と

思ったらしく


「じゃあ、このまま弟を自分の

理想の男に育ててしまおう」と

いう斜め上の結論に。


俺が大学に入ってもメールやら

電話やらでいろいろ教育され、

社会人になって1年くらいした時に

親父が急逝。



49日が過ぎたころに

ファミレスで今後のことを話し合い。


俺「ねーちん、俺のことは大丈夫だから

そろそろ結婚相手探しなよ、

いい人いないの?」

といったところ


嫁「もう私の家族はあんたしか

残ってないのに離れるのは嫌」


俺「いや、姉弟だからねーちんが

結婚しても離れるわけじゃ」


嫁「あーもうこのにぶちん!」

俺「!?」

がしっと顔掴まれてむちゅう、と奪われま
したよ。


大きな声出してたせいで

注目されてて衆人環視の中で

あっついベーゼ。


おおーwとかきゃーwとか

声がしてたけど俺の頭の中真っ白。


嫁「わかった?」

俺「……」

嫁「おい」

俺「ひゃい!」

嫁「どうするの?」

俺「ねーちん俺をもらってください」

嫁「乙女か!」

的なやりとりがあり、

今では尻に敷かれつつ

2児のパパを頑張っていたりする。


大体そんな感じっすわ 

 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


胸がキュンキュンするドラマが今なら無料でお試しOK!
話題の動画配信サービスを徹底比較!
詳しくはこちらをチェック↓↓

→ http://charaotube01.com/eigalp/


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪