馴れ初め話

【馴れ初め 感動 実話】嫁は自販機の横で途方に暮れたようにしゃがみ込んでて、まだ夜が明けるには早くて・・・

 

嫁は自販機の横で途方に暮れたようにしゃがみ込んでて、まだ夜が明けるには早くて・・・

 

 

 

 

平成に変わってしばらく。

交代明けの帰り、

喉渇いてコーラでも買おうと

空き地に車止めたら、

自販機の横で途方に暮れたように

しゃがみ込んでる女性。


まだ夜が明けるには早くて、

一瞬うわーうわー幽霊か?!と

思いつつどうしました?って

声をかけたら、安心したように

泣かれた。





スポンサーリンク





 

 

パンクして動けない、

スペアは?交換したことない、

って言うので、俺の車のライトで

照らしつつ交換。


フロントがパンクしてたので

リアと交換、リアにテンパー履かせて、

あんまりスピード出さないでね、

と言って帰した。



交換の最中、何か見たことあるような

人だなと思ったんで、

コーラ飲みながら初めて見た感じ

しませんね、あ、ナンパじゃないっすw


みたいなことを言ったと思う。

そしたら、クラスは違うけど

同じ高校に通ってて、

口を利いたことはないけど

向こうは俺の事知ってた。


正面玄関のガラスに突っ込んで

割った人でしょう?って笑われた。


恥ずかしくて、

つっけんどんに、じゃあ、って別れた。


しばらくして会社の健康診断で

会場に行ったら、受付にいた。


お互い「あ」「あ」ってなって、

あの時は有り難うお礼がしたい、

いいよそんなの、

それじゃ申し訳ないから、

いいって、って遣り取り。



他の人の目もあるし、

後ろもつまってたので、

じゃあ後で、と会場へ。


終わったら検診のファイルと一緒に

電話番号書いた紙を渡され、

実家から通ってる?頷くと、

じゃあ知ってるからいいやと別れた。

(当時は携帯持ってないので当然家電。

個人情報?何それ食えるの?な時
代。)


次の日には電話がかかってきて、

またお礼の話になって、いや、

いいって、とやってる途中から

向こうのお母さんと替わり、


なんだかんだと丸め込まれて

食事をご一緒することに。


話が出来すぎてない?

もしかしてキャッチ?

俺騙されてる?と思いつつ、

指定されたお店に伺うと、

同級生とお母さんらしき女性。


一通りお礼が済み、あんまり

遠慮しすぎも何だと思ったので、

黙って料理をごちそうになる。


その内、テレビで見たように

コックさんが各テーブルを回り、

こっちに来たと思ったらいきなり

両肩をポンポンとされて

お礼を言われた。


え?と思ったら、同級生が

ごめんこの人お父さん。

ついでに此処ウチw

いっぱい食べてってねw腰が砕けた。


それから付き合うことになったか?

と言うと全くそんな事はなく、

相変わらず俺は女っ気もなく、

人と関わらないような仕事の繰り返し。



両親がたて続けて亡くなり、

誰もいない実家に帰るのも嫌で、

実家を処分してアパート暮らし。


バブル後の不景気で会社もこける。


半端に金はあったので、

仕事を探すこともなく毎日ぶらぶら。

パチンコ屋の開店待ちをしていたら

俺君?と声をかけられる。



あらあらお父さん意外な所で。

お父さんもパチンコされるんですね、

お店はお休みですか?と

聞いていたら、だんだん眉が

寄ってきて、


ついて来なさい、と言われ、

断る理由もないので

ついて行ったら病院に

連れて行かれた。



何とこのご時世に栄養失調w

言われて初めて鏡見たら骸骨がいるw

道理で俺の周りに人が

寄ってこないw

周り気にせず打てて

楽とか考えてた俺の馬鹿ww


一端寝込むと起き上がれなくなった。

死ぬんだろうか?と思った。

それもいいやと思った。


両親の所に行けると思った。


お父さんに聞いた同級生が来て

身の回りの世話をしてくれた。

そこまでしてくれなくてもいいよ、

いいからいいからw

慣れてるし。


看護婦さんがいなくなった時に、

一番辛い時に力になってあげられなくて

ゴメンねと泣かれた。

いやいや君のせいじゃないし。



何とか歩けるようになって、

入院費も心配になってきたので、

先生に退院させてくれと言うと、

お嫁さんに頂いてる、

心配ないと言われる。


お嫁さん?お母さんのことかな?

申し訳ないなと思っていると、

身持ちの堅い人だと思ったら、

いい人いたんだねえと言われ俺???


その後同級生に、お金の事なんだけど

…と切り出すと、気にしないで、

三十路近くにもなれば

結構溜め込んでるんだよ~

と言われる。


物凄く恥ずかしくて

申し訳なくて、6人部屋にも

関わらず嗚咽を漏らしてしまう。


退院して真剣に仕事探し。

あの人達に恩返しする為に。

幸い資格も持っていたから、

中途としては破格の条件で現職。


同級生に後で絶対に行きますと言い、

半年脇目もふらずに仕事に打ち込み、


入院費+利息+御礼分の現金を

持って同級生宅に。


金融屋は嫌だねえw

何でも金なんだから。

で、いつになったら迎えに

来てくれるんだ?とご両親に言われ、

へぁ?と間抜けな声を出す。


同級生がぎゃあああと話を遮るが、

この子昔から俺君の話しか

しないんだよ、


ガラス割ったとか先生に

怒られてたとか。


おかげで僕たちは君の事

ずっと昔から知ってたんだよw

君の趣味まで知ってるよw

諦めなさいw

はい、諦めました。



この春に娘達が中学生になって、

嫁さんに、パンク修理しなかったら

こんな生活無かったかも知れないね、

と言ったら、


わらしべ長者か!と笑われ、

でも何がどうなろうと、

結局あなたとは結婚してたと思うよw

あたし執念深いしw

と笑った。


大好きだ、と言ってキスをしたら、

娘達がドアの隙間から見てて、

あらあら、と言われた。


嫁さんぎゃあああと逃げ出した。


思いの外長くなった。

おしまい。

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


胸がキュンキュンするドラマが今なら無料でお試しOK!
話題の動画配信サービスを徹底比較!
詳しくはこちらをチェック↓↓

→ http://charaotube01.com/eigalp/


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪