馴れ初め話

【馴れ初め 感動 長編】嫁が言うには隣のクラスの奴がしつこく言い寄ってきて、彼氏のふりをしてくれないかと…

 

嫁が言うには隣のクラスの奴がしつこく言い寄ってきて、彼氏のふりをしてくれないかと…

 

 

 

オッサンも書いてみようかな。

高1の時俺はかなり調子に乗って

浮かれてたんだ。

まさに怖いもの知らず。


県内有数の進学校に合格して

入ったラグビー部では

1年では1人だけのレギュラー。


すぐに彼女も出来て毎日が

楽しくて充実していた。

今で言うところのリア充だな。




スポンサーリンク





 

 

夏休みには部活の合間を縫って

二輪の中型免許も取って

兄貴のCBX400で峠攻めてた。


当時は3ナイ運動真っ只中だったが

バレなきゃ大丈夫だって思ってた。


彼女を乗せて海に行ったし

(当時は免許取立てでも

タンデムOKだった)ガス代欲しさに

バイトもした。



まあご想像の通り最悪のパターンで

バレる事になるんだな。

まさに天国から地獄。


3年生が引退してテスト期間も

ありたまたま部活がオフの日があった。


その日はいつもとは違う峠に

行く事にして朝早くから

少し離れた隣の県まで遠征し

思う存分走り回った。


帰り道に緩い下りの高速コーナーが

あってね。

気持ち良く攻めたら

立ち上がりに砂が…


あっと言う間に反対車線に

滑り対向車と正面衝突して

膝と骨盤を複雑骨折。

バイクはもっとひどかった。


当然学校にバレて停学、

部活は退部処分。

停学はまだしも部活が

出来なくなるのは凹んだ。


大好きだったから。ラグビーが…


まあリハビリに手間取って

かなり入院したし靭帯も

いってたんで復帰は

絶望的だったけどね。



彼女は一度も見舞いに来ないまま

自然消滅。

親にはがっつり叱られるし

友達もかなり離れていった。


それでも必死にリハビリをこなし

退院出来た頃には留年が

決定的になってた。


俺は中退して働く気満々だったんだが

お袋が高校だけは卒業してくれって

泣くので仕方なくまた一年生に。



そこで嫁と同じクラスになる。



卒業だけはしようと思ってたんだが

停学留年のコンボだからな。

周りには腫れ物に触るような

扱いをされる。



必然的にいつも一人だったし

放課後はバイクを弁償するために

バイトの掛け持ち。


気がつくと学校で会話することなんて

全く無くなってた。

その方が気楽で良かったんだけどね。


学祭も近くなってきた頃、

俺がバイトまでの時間潰しに

教室でバイク雑誌を読むのが

日課になっていた。


そんなとき急に嫁が話しかけてきた。

かなり緊張した様子ではあったが

タメ口だった(笑)


嫁が言うには隣のクラスの奴が

しつこく言い寄ってきて困っている。

彼氏のふりをしてくれないかと。

何で俺に?と聞くと

そいつは押しが強く生意気なので

不良の俺さんが彼氏なら

諦めてくれるかと思う。


生徒玄関に呼び出されてるから

一緒に行ってくれないかと。

もう俺さんと付き合ってるって

言っちゃったって。


断ろうと思ったんだが

まだ時間があったし暇つぶしに

行く事にした。

嫁ちっちゃくて可愛かったし。



嫁のスペック

身長150センチを下回る。

胸はDカップ。

動作はリスとかウサギの小動物系。


一緒に行ってみたら相手は痩せチビ。

俺は180センチ75キロのマッチョ。

一瞬で引き下がりやがった笑)


誤算だったのは次の日には

学年中に俺達が付き合ってるって

噂が広がってやんの。


否定するわけにもいかないし

無視するわけにもいかず

何となく会話する時間が増える。


話してみると明るく気さくで

友達も多かったんで

自然と俺も周りの

連中と話せるようになる。


そのまま学祭に突入して

すっかりクラスの奴らと

打ち解ける事が出来た。


それは嫁のお陰だと思ってる。

夏休みは嫁を含むグループで

遊びに行ったり色々な事を

話す事が出来る様になった。



俺としては嫁と付き合ってる

つもりはなかったんだ。

でも周りは違ったようだ。

それは嫁も同じだった。


ある頃から俺は気持ちが

不安定になってきた。

このぬるま湯の様な

時間が勿体無いと強く感じていた。

確かに今は楽しいが

俺はダブりだからな。


本来の学年の奴等は

もう受験モード全開になってた。


日に日に焦る気持ちが

強くなって来たところで

大検の存在を知った。

高校を辞めたら受験資格が出来ると。


丁度2年に進級する時の

選択科目をどうするか

嫁に聞かれたので辞めて

大検受けるつもりだと伝えた。


そしたら嫁大泣き。

クラス中騒然となり

「嫁ちゃんに何言った!」

「嫁ちゃん可哀想!」とか

俺悪者に…


嫁は嫁で「俺さんと一緒に卒業したい」

とか言ってるし…

何時も笑顔だった嫁の泣き

顔は初めて見た。


結局大検は親にも反対されて撃沈。

安心した嫁はますます俺に

纏わり付くようになり

結局一緒に卒業(笑)



まるで小動物の様に

潤んだ目で見上げられるのは

中々の破壊力があるんだ。


身長差40センチ近いからな。

学科は違うが一緒の大学へ行き

修行で遠距離になったりもしたが

家業を継ぐ為に戻ったのを機に結婚。



思い出しながら書いてみたが

俺って結婚してくれとは

言ったが付き合ってくれって

言ってねぇ(爆)


来月息子達に続いて娘が

同じ高校に入学する。

元の校舎は無いが

両親が出会った場所何か

感じてくれるかな。


以上下らん話に付き合ってくれて

ありがとう。


シエンも助かった。

 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


胸がキュンキュンするドラマが今なら無料でお試しOK!
話題の動画配信サービスを徹底比較!
詳しくはこちらをチェック↓↓

→ http://charaotube01.com/eigalp/


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪