馴れ初め話

【馴れ初め 感動 長編】嫁とはかれこれ10年近く前の大晦日に俺の下宿に○○を調理しに来て・・・

 

嫁とはかれこれ10年近く前の大晦日に俺の下宿に○○を調理しに来て・・・

 

 

 

 

俺の話もグロ注意かれこれ

10年近く前の大晦日に嫁が

俺の下宿にナマコを調理しに来たのが

馴れ初めだ。


当時大学俺は3年で嫁は1年、

同じサークルだったが特に

親しかった訳ではなかった。


サークルの忘年会でお節料理の

話になり俺の出身県では

全く食べないナマコの話がでた。




スポンサーリンク





 

 

俺はあんなもの食べた事なかったので

料理法も知らなかったが、


「あれを食べないとお正月が来ません」

「家では毎年私が作ってます」と嫁が
言った。


ナマコを食べた事ある他の人も

さすがに作った事は無かったので

嫁が嘘をついているというような

雰囲気になってしまった。


俺が言い出した事なので

フォローするつもりで

「今度作ってもらおう」で話を閉めた。



話は大晦日の日にとぶ。


朝嫁から電話があり下宿にいるか?

と聞いてくる。


実家に帰らないで部屋の整理を

していたので居ると答えると

時間が出来たので行くという。


理由を聞くとナマコだという。

すっかり忘れてたので

来なくていいと行っても、

是非という。


結局1時間くらいして

スーパーの袋にナマコを入れた嫁が

下宿にやって来た。


まだ片付けてなかった俺の

下宿の小さい台所のシンクをみて

「汚い!」と怒った嫁は


勝手に掃除&整頓と、

ナマコに塩をかけてしごいて

ヌメリを取る、を繰り返した。


なにやら嫁は解説してたが

ナマコを塩でもむ動作は

違う事を想像させたので

覚えていない。


お昼過ぎにナマコの酢の物が

出来上がり嫁はそれに満足して

帰っていった。


話は正月の2日にとぶ。

嫁からまた電話があり

ナマコは美味しいか?と聞かれた。


正直言って食べる気はしなかったので

食べてないというと猛烈に

抗議してきた。


誤魔化すために、お節もお雑煮も

年越し蕎麦も食べて無いと言うと

逆に同情された。


そして「今からお雑煮を

作りに行きますか?」というので

お願いした。



またスーパーの袋を持った嫁が

やってきて台所で料理をする。


その後姿をみて(彼氏がいないのも

知ってたので)決心した。


お雑煮を食べ終わった後

「付き合ってくれないか」といったら、

「初詣もまだなんですか?」と呆れられ
近所の神社に一緒にいった。


何をお祈りしたのかと聞くので

「嫁とこれから毎年初詣に

これますよう」と祈ったというと

ようやく状況を察した嫁が

真っ赤な顔をして頷いたのを

決して忘れない。



家の嫁さんのお父さんと

お祖父さんがナマコとかホヤとかが

好きなんだよ。


だから酒飲みなら絶対

好きになると言って作って

食わせるんだ。


海鼠腸の塩辛とか

絶対馴染めないと思ってたが

案外食えるようになった。


好きではないけれどな。


嫁の出身県の人間の味覚には

ついていけないが、まあ慣れだよ、慣
れ。


料理上手だから嫁を選んだんだ。

だから今に旨いと思うだろ。


嫁にしたって俺の股間の

乾しナマコを初めて見せたときは

目を閉じてたが、


今では自分の口の中で

戻すのが得意になったんだ。

これも慣れだな。


当時はゲテモノだと思ってたので

味わわずに飲み込んだ。


旨いと思ったのはハゼ?で

出汁をとった雑煮の方だった。


とにかく俺の下宿に来た女性は

その前に4人いたが

初めて本格的な料理を

作ってくれたのが嫁なんだ。


何より台所を片付けてくれたのが大き
いポイントだった。


今もそうだが、料理を作りながら

独り言のように俺に話しかけたんだ。


そこで安産型のお尻を

見せ付けられたら

結婚する気になるだろJK、、

 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


胸がキュンキュンするドラマが今なら無料でお試しOK!
話題の動画配信サービスを徹底比較!
詳しくはこちらをチェック↓↓

→ http://charaotube01.com/eigalp/


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪