馴れ初め話

【馴れ初め 感動 長編】嫁友「ちょっと!!なんでアンタ昨日来なかったのよ!!!」 俺「??」 嫁「もういいって・・・」

 

嫁友「ちょっと!!なんでアンタ昨日来なかったのよ!!!」 俺「??」 嫁「もういいって・・・」

 

 

 

嫁友「ちょっと!!なんでアンタ

昨日来なかったのよ!!!」俺「??」

嫁「もう~嫁友ちゃんもういいって・・・」

嫁友「手紙入ってたでしょ?!下駄箱に!!」

俺「中身見てない、ゴミ箱に捨てた。」

嫁「!!」

嫁友「!!」

 

最近妻(旦那)の様子がおかしい…
・コソコソ隠れてスマホを触る…

もしかして誰かと…

その悩み相談してみませんか?

相談は完全無料で、しかも匿名OK!知識豊富な専門スタッフが
親切、丁寧にあなたの悩みに対応します!

勇気を出して相談する


中学2年の冬、昼休みの出来事。

このあと、嫁泣く、

嫁友他クラスの活発な連中大激怒。

 

 

当時、手紙で呼び出してpgrするのが

流行っており、先日、幼稚園以来の

親友が餌食。

かなり腹が立っていた。


普段、教室の隅で大人しく本読んで

生活してるが、食って掛かる連中を

各個論破、胸倉掴んでくるバカを

転ばし、無双状態。


最後に嫁、嫁友に

俺「人の気持ちの部分弄って

遊んでるヤツは、今に痛いめ見んぞ!!」


俺「○○(嫁)、◎◎(嫁友)もう話しかけ
んなよ。」


嫁、嫁友大号泣。

お陰さまで1年とちょっの中学生活は

更に地味になりましたさ。



3年に上がってクラスも変わり、

理屈っぽい嫌なヤツとして

避けられつつも一年平和に

暮らしていました。


卒業式の後、嫁友がどうしても

聞いて欲しいと引っ張られ、

体育館裏へ。


いきなり嫁友土下座!!

俺「ちょ?!」

嫁友「ごめんなさい!!私たちが悪かった、


人の気持ち考えてなかった!!」


嫁友「でも○○(嫁)はちがうの、

本当に■■(俺)くんが好きなの!!」


嫁友「○○(嫁)はあの遊び

(偽ラブレターの件)とは無関係だった
し、

私と違って良い子なの!!」


俺「・・・もういいよ、◎◎(嫁友)は友達
の為に土下座できるんだ、すごいな。」

嫁友「じゃ?!」

俺「いや、それとは別。

前にも言ったけど、

一目ぼれって解らんもん。」


俺「俺みたいな地味なんに

こだわる理由がわからん。

そもそも接点ないだろ。」


俺「高校に上がってもっと

接点無くなるし、この話は無しだよ…」


嫁友「そんなぁ…話だけでもちゃんと聞
いてあげてよ…」


このとき知りませんでしたが、

嫁と俺は進学する高校が

同じだった模様。


進学して後、嫁の怒涛の寄り切りと、

外堀埋め立てにやられて観念。


大学を出て2年後に結婚。


まぁ、女にもてるような

容姿ではないから、

こんな事でもないと独身のまま

だったかも知れません。


いまだに嫁友は「わたしがくっつけた」と

鼻息が荒い。


高校に入りクラスは別だったが、

夜駆け朝撃ちできっちりマーク。


年の離れた妹弟と母を懐柔して

家の中でポジションを確保してました。


俺本人は何でココまでしてくれるのか

判らず混乱。


本人に問い質すと…

嫁「私は一目惚れじゃない!

■■(俺)君に親切にしてもらったし、

近所での様子をみてて

一緒にいたいと思った!」らしい。


俺は接点が無いと思っていたんだが、

なんと同じ町内(中学になって引越しし
てきたので判らんかった)


家は母子家庭で、

母がフルタイムで働いていたので

家事は全て俺、年の離れた妹弟を

連れて買い物や、

町内の清掃(月に1~2回ある面倒な

地区)に出ており、

その際の姿に引かれたとのこと。


嫁証言その1

曰く、ゴミ出しで困ってる時

(袋が破れてゴミ散乱)、

何も言わず手際よく片付けを

手伝ってくれた事。


嫁証言その2

2年の中頃、修学旅行でトラブルがあり

クラス中がパニックに成ってるのに

冷静に行動し結果、

問題なく解決した事。



嫁証言その3

曰く、妹弟を世話する時、

凄くいい笑顔で居た。

普段の仏頂面とのギャップに

やられたらしい。


自分にもその笑顔を向けて貰いたい。


俺自身には全く自覚が

無かったことだし、

周りのやっかみが酷いので

丁寧にお断りしてましたが、



嫁「私も△△(妹)ちゃんや▲▲(弟)ちゃ
んと一緒に

■■(俺)君と一緒に居たいです」


の言葉に轟沈。

以後、家族として付き合い始めました。