馴れ初め話

【馴れ初め 感動 長編】嫁「こんなことで好きになるなんて都会の人は怖い」・・・

 

嫁「こんなことで好きになるなんて都会の人は怖い」・・・

 

 

 

 

当時学生で、教科書その他学費を

捻出するためにアルバイトに

明け暮れていた。


学科の途中からはその給与さえ

実家に送金しなければ

弟妹を含む家族が

食い詰める状況になってしまい、

精神的にかなり追い込まれていた。


大学で出来た友人も余裕がないか

極端に金がある奴ばかりで、

「金がない」以上の愚痴は

言えなかった。




スポンサーリンク





 

 

食堂でお茶だけ飲んで

教科書をひろげて座っていた所へ、

同じ科で同級だった嫁が

挨拶してきた。


そのとき、持っていた菓子を

少しくれた。


「菓子なんか食ってもすぐ腹が減る」と

理不尽に腹を立てながら

ガツガツ菓子を食う俺をみて、


「おなか空いてるの?」と言って

残りを全部くれた。


女の子の前でみっともないのと

心配されて嬉しいのとで

感情がこみあげて、どうしようもなく

話したくなり、


自分の置かれている状況を

少し話した。


それを聞いて、嫁は、

「無理に聞き出したお詫び」と言って

パンをくれた。


次の日から米がいっぱい入った

弁当を作ってきて、

「食べておけばすぐには死なないから、

問題のほうが先に消えるかもしれない」

と慰められた。


経済的な問題は半年ほどで改善して、

自力で食えるようになって、


その頃にはどうしようもなく

嫁のことが好きになっていたので

用事があると言って

呼び出して告白した。


弁当を作ってくれるくらい

だから向こうにも

好意があるものと思っていたが、

本気で驚かれてお断りされた。


「勉強する時期だから無理」、

「知り合いの困窮を知れば

食べさせるのは普通」、

「食べ物に釣られた?」


「こんなことで好きになるなんて

都会の人は怖い」等

いろいろ言われた。


卒業をはさんで丸2年

口説き続けてようやく

交際までこぎつけ、

嫁が自分の実家近くで

就職したのに合わせて

ついていく形で結婚した。


以上、いまでも夢に出てくる馴れ初め。


嫁はもう俺のことを

子どもの父親でいつも

機嫌のいい同居人くらいにしか

認識していないかもしれないが、


俺はどんな形であっても、

どうしようもなく嫁のことが好きだ。

 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


胸がキュンキュンするドラマが今なら無料でお試しOK!
話題の動画配信サービスを徹底比較!
詳しくはこちらをチェック↓↓

→ http://charaotube01.com/eigalp/


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪