馴れ初め話

【馴れ初め 感動 長編】嫁とは大学の講義で嫁と隣同士になった。マジメに取り組む俺と横で眠たそうにしている嫁・・・

 

嫁とは大学の講義で嫁と隣同士になった。マジメに取り組む俺と横で眠たそうにしている嫁・・・

 

 

 

嫁と出会ったのが大学1年の時だった

嫁は他の大学に行ってたのを中退して

入り直したので

出合った時が俺18歳、嫁21歳


大学の時間割をガッチリ組んで

初めて出た講義に嫁と隣同士になった


マジメに取り組む俺と横で

眠たそうにしている嫁


しばらくして嫁がノートを

写させて欲しいと言ってきた


俺は快くノートを渡そうとしたら

嫁の「どうせだったら私の部屋に

来ない?」という誘いをしてきた




スポンサーリンク





 

 

童貞の俺には刺激が強すぎて

断ろうとしたが

嫁は俺の手を引いてグイグイと

連れて行く始末


ビビリながら嫁の部屋に

入って行った嫁の住むマンションは

高級が付くような部屋で


家賃を聞くと父が前の大学の

合格祝いに買ってくれたから

知らないという俺の住む

15000円の築60年近い

風呂トイレ共同のボロアパートとは

大違いだった


聞いてみれば嫁の父親は

広島の警察官で結構偉い人らしい


娘の安全が買えれば

数千万は安いという発言に

俺は圧倒されっぱなしだった


嫁にノートを渡して

写している時間に色々話が出来て

モテ無い俺が女の子と仲良くなれた・・・

と俺は思っていた


ノートを写し終わって、

俺は帰ろうと支度しようとすると

嫁が「お礼させてもらえる?」と

言ってきた


俺は夕飯か何かかと思っていたら

服を脱ぎインナー姿になる嫁


俺が「ちょ…おま…何やって…」と

テンパっていると


嫁は机の上に置いておいた

自分の携帯を取って

俺の顔に自分の顔を近づけて

写真を撮った


ここから嫁はとんでもない

要求を出してきた


嫁「そういえば、週の半分は

講義が被ってたよね、

来週からあたしの代返していてよ」


俺「何でだよ、講義くらい出ろや」

嫁「だったらいいわ、この写真

バラまいて○されたって言うから」


嫁が撮った画像を見ると

2ショット写真で上手いこと

俺と嫁の服が写らないような

構図で撮られていた

一気に背筋が凍る俺を見た嫁は

さらに続けた


嫁「お父さんにもこの画像

送ろうかしらね、多分全力で

潰しに来ると思うよ。


何せ広島県警の捜査4課だからねー、

暴対」


知ってる?捜査4課」


俺「そ…捜査4課?確か…1課が

強行犯で、2課が知能犯、

3課が盗犯、4課は…暴力犯か」


嫁「そう、正解★お父さん曰く、

暴対の刑事は警察公認の

暴力団みたいなものだからね」


地獄に落とされ泣きそうな俺、

それを見てニヤニヤする嫁


あんまりにも絶望する俺を

哀れんだのか、嫁は嘘だと

慰めるように言ってきたちなみに、

嫁の父が暴対の刑事なのは本当


この一件で俺は完全に嫁の

支配下に置かれた

講義の代返に始まり、

嫁の買い物やらなにやらに

呼ばれてはコキ使われた


今週の瀬尾公治先生の漫画だろ?

多分あれ俺と嫁の学生時代の話が

参考になってるはず


今年の1月に先生の

アシスタントやってる友人が

俺の結婚話を聞きに来て

5月頃に俺の学生時代の話が

ネタの参考になるかもって言ってたよ


違ってたらゴメンだけど…

まぁ、そんなこんなで色々と

付き回されたんだが

俺が嫁の笑ってる顔や

授業中に寝てる顔を見ているうちに

好きになっていった


強気でSっ気の強い嫁だけど、

無邪気に笑うし何より可愛かった


最初は従者みたいな感じだったのが、

いつの間にか付き合っている様な

感じになっていた


代返も最初だけで、

後は嫁も講義には参加していた


4年になって卒論の話になると、

俺と嫁で共同して進める事になった


結局嫁が俺に卒論を

丸投げしたんだけどなw


8月末に教授からOKを貰って、

お互い就職も決まっていたので

自然と結婚の話になっていって


9月の夏休み後半にお互いの実家に

挨拶に言って話はトントン拍子で

決まっていった


暴対の刑事やってる嫁の

お父さんを見るまで

ビビリまくっていたが


人当たりの良い優しそうな

男性だったので一安心


年明けには嫁の住むマンションに

俺が転がり込む形で

同棲し始めて大学の卒業式の帰りに

友人達が勝手に

付いてきながら区役所に

婚姻届を提出しに行った



その夜に友人が俺たちの

結婚を祝って飲み会を

開いてくれた

というよりも、俺たちを口実にして

自分たちが飲み会をしたかっただけで


酒が無くなると買いに行かされるのは

祝われる立場の俺と嫁だった


式は会社の始まる前に身内だけで

挙げた

学校卒業したばかりの俺たちが

披露宴なんかを開く金は無いので


結婚披露宴は出来ず終いだった

もうちょっとお金が貯まったら

披露宴をしようかと考えている


相変わらず嫁の言いなりだけど、

嫁も聞くべき意見はちゃんと

聞いてくれるから幸せだ


終わりだけど、

書く時期がちょっとまずかったなぁ…



※ただし・・・には当てはまらん外見から
安心汁w


最初は隣に扱いやすそうで

マジメに受ける奴がいたから

書かせればいいと思ってたのが俺をロク
オンした理由


用が済めばポイする計画だったみたい
よ、

後に随分と計画が狂った

みたいだがなw

前のレス通り嫁が代返せず

講義に出ても結局ノートは

俺が書いてたんだ


嫁は試験前に俺のノートを

コピー機で写せばいいって

思ってたらしいんだけど


俺は嫁を見返そうと思って

嫁に渡す為のノートを自分のとは別に

書こうと決意したのね


嫁のノートも書くとなると

勉強する時間が長くなりそうだから


普通の字で書いてた

俺のノートは講師が口にした大事な

言葉を含めて速記(高校時代に

部活動で習得したもの)で

書くようにして


講義の空いた時間や家に帰ってから

勉強の復習も兼ねて

普通の文字で嫁に渡すノートを

書いてたのね


受験生の時からノートは

人一倍使ってた俺だから、

ノートをまとめるのだけは得意なんだ


そのノート渡したら嫁がびっくりして、

感動しているのを必死に

押し隠しながら「よくやったわ、

これからも続けなさい」って

女王様チックに言ったんだけど


嫁はこの時に将来結婚するのは

俺とかも知れないと思ったらしいんだ


まぁ、自分のわがままに

付き合わせても文句一つ言わないし


俺もはっきり言うときは

ガツンと言ったから、

今まで知り合ってた男と

全然違うって思って


俺を男としてだんだん

意識するようになったそうだよ



まぁ、ノートで嫁の虚をついた俺の

勝ちって所かなw


1年の後期末試験の時に、

嫁が1科目(物理学)だけ

追試になって学校の講義も

無いから俺が嫁の部屋に行って

嫁が理解できるまで教えたんだ


この時が嫁の部屋に行ったのが

2回目だった


追試が終わって即日採点で

満点合格だと分かったので


嫁が部屋で飲もうって言って

夕飯をつっつきながら飲んでたんだ

俺は年齢もそうだが

体質上も酒が飲めないので


結果的には嫁だけが

グイグイ飲んでいった


ある程度飲んだときに、

結構酔ってた嫁がいきなり

俺の横に座ってきて


「今まで奴隷扱いしてゴメン…、

あんたがここまで出来る男だと

思わなかった…」


なんて言い始めて、

俺にキスしてきたんだ


童貞の俺はもちろんキスも

初めてでもうパニック状態


嫁は俺のパニックお構いなしで

何度も貪るようにキスをしてくる


それからはもう俺の理性も

すっとんで童貞は置いてきましたよ


女の子の服を脱がすのから

何から全て初体験だったなぁ…

この一件以来嫁の部屋には

頻繁に出入りしてたよ


嫁の飯がまた美味いんだ、

完全に餌付けされたなぁw


週末・連休にはかなりいたような

覚えもある


 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


胸がキュンキュンするドラマが今なら無料でお試しOK!
話題の動画配信サービスを徹底比較!
詳しくはこちらをチェック↓↓

→ http://charaotube01.com/eigalp/


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪