馴れ初め話

【馴れ初め】美人嫁とは大学の夏休みに時給のいい肉体労働系でなく駅前にある飲食系のバイトで・・・

 

美人嫁とは大学の夏休みに時給のいい肉体労働系でなく駅前にある飲食系のバイトで・・・

 

 

 

 

妻との馴れ初めは

俺の黒い怨念から始まる。

俺は理系の大学3年生で夏休みだった。


大学生の時は夏休みにいつも

家庭教師の他にバイトをしていたが、

その年は時給のいい肉体労働系

でなく駅前にある飲食系を選んでいだ。




スポンサーリンク





 

 

次の年から始まる研究室生活を

鑑みて、彼女いない暦=年齢を

何とかしたいと女性の多い職場を

求めたからだ。


そこには大学と違い女の子がいた、

しかも好みの!

仮にその子をA子と呼ぼう。


高校3年のA子は容姿がアイドル並の

クオリティであり、

かつ性格がよくみんなに好かれていた。


しかし彼氏は居ないと公称していた。


で、それとなくデートに何度か誘ったが
断られた。


職場には同じバイトなのだが

平バイトを指導する立場のB男がいた。


B男は俺とは別大学2年の

チャラい感じ男であった。


個人的には身長でも学歴でも

勿論将来の収入も上であると

断言できたが、


向こう方が俺より圧倒的に

ファッションセンスと対人

スキルが上であった。


はっきり言えばモテモテな

リア充だったのある。


で何度目かのA子に

アプローチでOKを貰えて

待ち合わせに指定された

喫茶店に行ったのだが、

居たのである、

B男がA子の隣に座って!



B男の話は簡単であった、

A子とは半年も付き合っている

それを知らないとは言わせない、

もう自分の女だからこれ以上

付きまとうな、


止めないようだと

バイトをクビにするし

警察にも訴える、だ。


肩を抱き寄せたA子にうっとりした

表情で見つめられているB男は、

嘲りと哀れみが半々になった視線と

薄ら笑いだった事を覚えている。


この恨み晴らさでおくべきか!


そうは思ったが二人の間には

肉体関係があるとしか

思えないようなイチャツキを


見せられている状況は

明らかに不利だ、

負け犬としてすごすご

引き下がる事にした。


話は展開する。


8月も終わり近いある日、

俺がバイトを終え駅前コンビニに

寄って漫画を読みながら、

ふと外を見るとB男が

女子高生仮に(C子と呼ぶ)と

一緒にいるではないか?


なにやらB男が驚いて居る様子や

C子の不安げな表情をみると

バイトのシフト明けに彼女として

サプライズ出現したようだ。


さらにあたりを見渡すと

C子と同じ制服の女子高生がいる。


この女子高生D子は、

後に我が最愛の妻となる、

C子の付き添いだったのである。


しばらく話し込んでいたB男と

C子だったが、

話がまとまった様で一度D子と

C子がアイコンタクトした後に

手を繋いでラブホテルが2、3ある

駅の反対側に行った。


ここで3つの選択肢がある。

① リア充死ねと言いつつ、

見なかった事にする、


② 二人を追う、そして最後に


③ D子にコンタクトしてC子と

B男の関係を調べる、である。


復讐に燃えていた俺に①はないが、

どうすればよりB男にダメージを

与えられるだろうか?

と考える事なく、修羅場慣れ

してないので③を採用した。



改札に入ろうとするD子に声を掛けた

第一声は


「ちょっと待って、君の友達は騙されてい
るかもしれない」


D子はきょとんとしていたが、

友達思いだったのだろう。


初対面の俺に疑う事もせずに、

ノコノコついてきた。


一杯200円もしなかった

アイスコーヒーを奢りながら


俺はB男の悪口をある事ない事

吹き込んだ。


自分でも最低だと思うが、

A子への未練か?


次から次へと澱みなくB男が

如何に職場で横暴で女たらしかを訴え
た。


この時D子から得た情報は、

その夏にC子はB男にナンパされて

彼氏彼女関係になっていて、

「初めて」を捧げたと言うことだ。


聞けばまだ高1と言うではないか?

こんな非道が許されるのか?

俺の怒りは、股間のものと、

ともに大いにこみ上げてきた。


結局、互いに連絡先を教えあって

その日は別れた。


その4日後、俺のシフトではなかったが
店で修羅場があったという。


A子に凸したC子は軽く

あしらわれていたが、

その後出勤したB男に再度凸して

A子を交えて大変だったらしい。


勿論C子を狂わせたのは、

D子経由の俺の情報であったろう。


店ではA子B男に対する事情聴取があ
り、

未確認ではあるが、

店に勤める女子大生と人妻とも

関係があったといわれるB男は

「風紀を乱した」との事で

店を辞めざるを得なかった。


で、俺はといえばさすがに

恐ろしくなってD子に連絡した。


D子はほぼ事実だったが、

C子に告げ口しなければ

良かった反省しながら


暗に俺の事を責めているようでもあっ
た。


何となく不本意なので

C子に謝りたいと言って

二人と会うことにした。


そこで傷付いたC子を

D子とともに慰めて感謝され、


実直な青年としてD子、

C子の信頼を得た。


その一方で店に残ったA子から

九月の終わりにアプローチがあった。


B男はひどい男だったと

泣き腫らすA子、、チャンス到来。


晴れて再告白して、まぁ、幸せな3年間
を過ごした。


でも最終的には、A子の短大卒業・就職
後しばらくして別れた。


どうやら二股掛けられていたらしい、

が詳細は不明。



最後のバレンタインも一緒に

居れなかったんだから、想定内。


五月の連休前に向こうから

切り出してきた。


平行してC子、D子とは真面目な

人生の先輩として月に一度位

3人であっていた。


彼女らが高校時代は主に

受験のアドバイスだった。


志望の大学に受かったC子から

告白染みた事を言われたが

その当時別れる寸前とは言え

A子と付き合っていたために残念だが


「別に好きな人が居るから」といって

断った。


彼女は大学に入ると直ぐに

彼氏ができてD子含め4人で会った後、


次に会うのは俺達の結婚式の打ち合わ
せの時である。


だが彼女が俺とD子との

キューピッドとなる。


俺の「好きな人」をD子であると

解釈したC子はそうD子に吹き込んだ。


A子と付き合っている事を

知らないD子は俺が前にもらしたらしい

「就職してからでないと真面目に

女性と付き合えない」という言葉を

信じ、


一番誘いの多い大学1年次の

ミスミス棒に振ったという事だ。


実験などが忙しく急に予定を

入れるようになった俺も悪かったが

最後の年はめったに付き合ってくれな
かったA子とは違い、


バイト時間以外は俺の誘いを

最優先にしてくれたD 子


だんだん心引かれていった。


前の年にA子に断られた

二日参りの初詣を、

大晦日の午前中に誘ってOKしてく
れた時は、

自分はきっとこいつと

結婚するんだなって漠然と思った。


常に一緒にいて見つめ合っていないと

不安になってしまうA子は

自分には荷が勝ちすぎていていたが

俺がリラックスできるように

笑顔を用意してくれているD子とは

自分の理想の家庭が築ける。


D子の引いた大吉のおみくじには

「縁談:待てば良縁あり」と

書いてあったそうだ。


初給料を貰った晩にD子に

フルコースを奢りながら告白した。

OKを貰った。


しかしC子がB男にされた事が

トラウマになっていたのか


Hな事は「結婚、せめて婚約した後で」と
いうD子。


無論やりたい盛りの俺は待てなかった。


そして初ボーナスで給料の一ヶ月分位の

「なんちゃって婚約指輪」を購入し、


D子に渡してプロポーズしたのが

何年か前の今日である。

答えはOKであった。



その4年後、給料の3ヶ月分位の

婚約指輪を渡しさらに半年後

結婚指輪をD子と

交換することになったが、

その頃は既に馴れ合っていたので

あまり感動はなかった。


どれ位馴れ合っていたかと言うと

ここに書いた事を笑い話で

言える位にだ。


だからそれぞれ別の記念日があるが

今日投下することにした。


今冷静に考えればB男には

ちょっと悪かったと思う。


その当時は正義のつもりで

ももてない男の僻みでしか

なかったんだ。


まぁ、俺も子供だったと許して欲しい。


最後にB男に言いたい、

客観的に言えば見た目は

 A子>C子>>>(世間並みの)D子で
あろう。


がしかーし!


A子とC子の二人分の

「初めて」よりD子の「初めて」の方が

価値があるんだ。

分かるかバカ野郎!と。


ていうか、貴重な女の子の

「初めて」を贅沢に消費するなよ、


俺なんかさんざんお預け食らった上に、

一生貢いで仕える約束でようやく、、、


間違いがあったので訂正する


⑤にて

誤 一番誘いの多い大学1年次のミスミ
ス棒に振ったという事だ。


正 一番誘いの多い大学1年次の大切
な時間をミスミス棒に振ったという事
だ。

 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


胸がキュンキュンするドラマが今なら無料でお試しOK!
話題の動画配信サービスを徹底比較!
詳しくはこちらをチェック↓↓

→ http://charaotube01.com/eigalp/


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪