馴れ初め話

【馴れ初め 感動 長編】嫁とは新人教育を強化していた時期に、俺の担当になったのが5つ上の嫁で・・・

 

嫁とは新人教育を強化していた時期に、俺の担当になったのが5つ上の嫁で・・・

 

 

 

 

嫁→会社の先輩で、

俺入社時の研修担当。


俺入社当時の会社は新人教育を

強化していた時期で、

新人1人に必ず教育担当をつけ、

色々カリキュラムを組み

新人研修させられてた。‥で、

俺担当になったのが5つ上の嫁。




スポンサーリンク





 

 

ただ、そういう間柄から一気に親しく…

な具合でも無く、俺は今でいう

キョドりの草食系、嫁も堅物

(後に職場の人達が言ってた。

確かに第一印象から歳の割に

凄い落ち着いてた‥)で、

普通に淡々と仕事を教えてもらう
日々。



で、一年が経つという頃、

他の事業所との絡みで社内でも

配置転換があり、嫁が異動する事に。



その頃はさすがにもう俺も

基本的な業務は何とか

こなせていたので、

嫁も俺から離れて別々の仕事、


…むしろ時間帯

や職場は離れていて、

研修のお礼を一言

言おうにもなかなか時間が合わな
い。


それでも何とか時間が空いた時に、

直接お礼を言いに行こうと

職場を訪ねたら、

体調崩して数日間休んでるとの事。


嫁の出勤待ちだとまたいつ

時間が合うか分からないので、

次の休みに思い切って

見舞いも兼ねてお礼を言いに

家を訪ねてみようと思い、

家を下調べ。


アパートで一人暮らしというのは

前に聞いていたが、

改めて聞き回り職場の先輩の

情報で場所は大体把握出来た。


…で、日曜日に彼女宅を訪問。

まぁそりゃ相当ビックリされた。


嫁は風邪が長引いて先日まで

寝込んでたらしく、

“散らかってるけどせっかくだから‥

でも、風邪がうつっても知らないよw”

と、部屋に入れてくれ、

この時初めて彼女との

プライベートゾーンに踏み入れられた。


部屋には入れてもらったが、

何せ奥手の俺と嫁さん…。


すぐ親密にとかなれるべくも

無かったが、仕事の話や

学生時代の事色々話してて、

何か不思議と彼女に対して、

それまで歩んできた人生というか、

空間に凄く似通ったものを感じた。


仕事を教わってる時は

全く意識もしなかったが。


それに、それまでどちらかといえば

堅い人間像の印象だった彼女が、

見舞いに持参した花束に

それまで見た事もない様な

笑顔で喜んでくれ、

お礼にオムライスを作って

ご馳走してくれた。


そのこれまでとのギャップというか

彼女の新たな一面に、

正直俺はやられた。


その場で一気に進展はなかったが、

それでも帰り際に電話番号は交換。


その後新部署でどうしてるか

連絡取れば良いものを、

チキンな俺は何も出来ず、

そのままそこで彼女とは

一旦疎遠になった。


疎遠になってから、

転機が来たのは2年後。


会社の厚生部の委員を、

自部署からは俺が務める事になった。


…で、各部署の新厚生委員の

メンバー表を見たら、そこに嫁の名が。


厚生部委員の顔合わせ会で

久々に嫁と会話し、お互いその後の

近況とかを話してた。


で、会終了後、そのまま

帰社しようとしてた俺は嫁さんに

呼び止められ、「次の休みに

花見に行かない?」と誘いを受け
た。


ぶっちゃけその日はちょっと

家の野暮用があったんだが、

親には急遽出勤になったと

言い通してバックレてやろうと思い、

嫁さんの誘いを受ける事にした。



で、当日。


待ち合わせ場所に行くと、

嫁とともに、見知らぬ女性と

男性が1人。


聞けばその女性は嫁の友人で、

男性はその彼氏。


…という事は俺が呼ばれたのは

もしかして、、とそこで勘づいたが、

友達と彼氏が2人になった隙をみて、

嫁は2人に聞こえない様に

小声で俺に申し訳なさそうに


「ごめん!今日1日彼氏という事で

お願い。」の一言。


俺にとっては、まぁそこで初めて

女同士の何というか、ダークな

側面に遭遇した訳だけど、

先輩(嫁)ならいいか…と、

ある意味開き直り、

デートの練習的な気持ちで

その日は嫁の「彼氏」を自分なりに
演じた。



結局その日は、嫁の友達(M)が

夜勤だからと言って3時位まで

4人で色々場所を回った。


元の待ち合わせ場所に戻り、

Mと彼氏が帰った後、

俺も嫁もドッと力が抜けた。


少し気まずい空気だったが、

嫁が「おわびに何かするから

取りあえずウチに寄ってく?」と

切り出してきたので、

嫁の部屋にお邪魔する事に。


嫁が入れてくれたコーヒーを

飲んでると、ポツリと嫁がいきさつを

語り始めた。


Mは中・高以来の同級生で、

高校卒業後県外に出てった

もう1人の友人と含めて

親友3人組といえる関係だったらしい。


が、県外へ出た友人はそのまま

そっちで数年後結婚。


地元に残ったMとは頻繁に逢って

女同士ワイワイしてた様だが、

途中からえらくそのMが

異性に執着し出したらしい。


嫁の方はそんな気は無かったが、

Mの方が会う度にやたらと

男の話を持ち出してくるので、

嫁も嫌気が差し始めていた。


で、この花見も元々は、

MとM彼で嫁に知り合いを

紹介する流れの話だったらしい。


親友からのせっかくの紹介話で

断れない…


ただ基本的に草食系の嫁には

そういうのも自然消滅になるのが

濃厚で抵抗があり、


どうしようか思案していたところに

会社の厚生部会→俺の名前


…で、“即席彼氏案”を

思いついたとの事。


また時期的にMもそろそろ彼氏と・・

な感じもあり、そういう独身間の

親友的な交流も最後っぽい感が

あったので、


しきりに男を紹介するMに

嫌悪感を持ったまま離れるよりは、

こうして見せかけでも安心させて

離れられれば…との思いも

あったらしい。



当初俺は“女同士の見栄の張り合い”に

見ていたが、実情を聞くと

何とも複雑な気持ちにさせられた。


まぁどちらにせよ利用された事には

変わりないし(正直、お詫びにヤラせろ
的な事も一瞬考えたw)、


どう言ってこの雰囲気を

打破しようかと考えたりしながら

周りをふと見渡すと、

ラックに卒アルらしきものが目に入り、


無性に嫁の過去が見たくなった。


そこで俺は、嫁に許可もらい

卒アル見せてもらう事に。


卒アル(高校の)を取ろうと

手を触れたら、隣りに置いてあった

プラスチックのケースに手が当たり、

ケースごと床に落ちてしまった。


ケースの蓋が開き、中の物が

散乱したので集めてたら、急に嫁が


「あー!それそれ。俺君、覚えてる?」

と、床に落ちていた何かのフィルムの

紙とリボンを指して、俺に訊いてきた。



急に訊かれても何が何だか分からず、

何だろうと思い始めた矢先、

2年前にココに嫁の見舞い&研修の

お礼に来た事を思い出した。


俺「コレって、あの時の花束のですか?」


嫁「そう!あの時の。あの時俺君に来て
もらって本当に嬉しかったから、

未だにこうして置いてあるんだよ」


‥正直、俺は嫁のその一言と、

俺の贈り物(一部だが)をこうして

大切にしてくれている既成事実で、

先輩後輩の垣根とか、

今日の茶番の事とかの障害は崩れ、

嫁に今までにない愛おしい感情を

抱いた。


嫁さんの言動が心底嬉しかった俺は、

その場ですぐにでも抱きしめたい

衝動に駆られたが、

そんな勇気は無い。


何とか抑えて、卒アルを見始めた。


予想通り嫁さんは、地味な感じで

どこにでもいそうな普通の

女子高生だった。


でも、それが「昔からこんな

感じなんだな」と、逆に安心もした。


俺は嫁に、学生時代どんな生徒でした

か?と尋ねたが、

嫁は一言二言程度しか答えない。


恥ずかしいんだろうな…と思い、

これ以上の詮索は止めて

話題を変えようとしてたら、


嫁が逆に

「じゃあ、俺君は学生時代どんな生徒
だった?」

と訊いてきた。


俺はこの時、別に計算していた

訳じゃなく自分でも何故不意に

そんな言葉が浮かんだのか

分からないが、嫁の問いにこう答えた。



俺「うーん…じゃ、今日の貸し

じゃないけど、一つだけお願い

聞いてくれたら答えます」


嫁「何?」


俺「…今日1日じゃなく、

これからも彼氏というのは

ダメですか?」


嫁「え・・・・」


嫁はしばらくキョトンとしてたが、

そのうち両手で顔の下半分を覆うと、

みるみる顔が紅くなっていった。


そこで俺は、嫁が俺からの

花束の包みを大事に保存してくれて

いて本当に嬉しくて、

先輩から1人の女性として

感謝している気持ちと、

これからもそういう気持ちで

お付き合いしたい…

という旨の言葉、


要はつまりコクった。


その時の赤面して狼狽する嫁の姿は、

今でも鮮明に覚えてる。

(後にその時の様子を茶化して

嫁また赤面…てな事もあったけどw)


動揺してなかなか言葉が見つからない
様子の嫁。


まぁ焦りは禁物だし、

「直ぐじゃなくてもいいので

返事待っています」

と言って部屋を出ようとしたら

嫁「…待って待って!」


と呼び止められ、

嫁からまた一つ条件を付けられた。


嫁の返事は、とりあえずはOK。


ただし、一応は形の上では

職場恋愛って事になるので、

会社にこのプライベートは

持ち込まないこと…


絶対自分(嫁)は、そういう両立は

やっていけない人間だから‥‥と、

あくまでも会社ではこれまで通りでの

対応を望まれた。


まあ、俺もそのつもりではあったが。


…とまぁ、ここがスタートでした

当時俺21嫁26の春。



嫁と交際スタートの1年は、

会社の厚生部活動でも

顔合わせ多くてとにかく不思議な

感覚だった。


年数回の社内旅行、

他に花見、バーベキュー、

球技&釣り大会など、様々な

イベントの段取りや準備等で、

先輩後輩として接し、


プライベートでは男女として接し。


ただ、俺も嫁もとりわけ

イチャイチャするでもなく

当時のカップルにしてみれば

地味なもんだったけどね。


近場で会社の人に遭遇しない様に、

デートは専ら遠出。


他は彼女のアパートでまったり…

そんな感じだった。


ただ、初夏に社内旅行で行った先に、

年末の休み前に2人で改めて

行った時は、

何だか分からないが

興奮するものがあったw


そんなこんなで1年経ち、

会社の期も変わり俺&嫁は

厚生委員の役も終えて、

ひとまず会社での接点はなくなった。



交際2年目、俺も実家を出て

一人暮らし。


土日は必ずどちらかの部屋で過ごす。


で、その年の盆休みを2人共

少し長めに取り、

北方面へ逃避行し、そこで初H。


年明けて、俺仕事で約2ヶ月の出張。


出張先に休日に嫁が来た時、

2人で街中の高級マンションを見て

回ってた時、


“こういう所に住めたらいいね”

という話の流れになり、

俺嫁とも結婚を意識。


出張から帰り2ヶ月後、

嫁の年齢的な面も考えたら

もう良いかな…と思い立ち、

嫁の誕生日にプロポーズ・・・

な流れでした。


馴れ初めスレなんで、

スレ違いネタ以降の流れは

簡潔にまとめさせてもらいました。

長々と失礼<(_ _)>



ちなみに嫁は、

“持田○樹の素朴バージョン”を

想像しといて下さいw


他にこれといって似た人いないので。

時期的には、既にバブル後、


神戸の少年事件とか、

集団食中毒騒動の頃です。


初Hまではまぁ色々あったよ…w


割と早くからそんな雰囲気にはなった
が、

いざとなると嫁がどうしても

拒否反応で…


ただ、俺も嫁もなぜか不安は

そんなに無くて流れに任せればいいか…
て感じで、


途中からはそこに拘らなくなってた。


でも今思えば、嫁の両親

(特に母親)が結構厳しい人なので

むしろそれで良かったな、と思ってる。


…では皆さんも良いお休みを。


失礼しました。

 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


胸がキュンキュンするドラマが今なら無料でお試しOK!
話題の動画配信サービスを徹底比較!
詳しくはこちらをチェック↓↓

→ http://charaotube01.com/eigalp/


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪