馴れ初め話

【馴れ初め 感動 長編】嫁とは理科で習ったメンデルの法則のおかげで!・・・

 

嫁とは理科で習ったメンデルの法則のおかげで!・・・

 

 

 

 

息子が中学でメンデルの法則が~と

話題に出たので書く。


中3当時、俺は理科係だった。


ある日の6限、理科の授業が終わり、

係の俺は黒板を消し終えて

ふと見ると、

教室に帰らずぽつねんと

椅子に座った女子が一人。


ほとんど話したことも無い子だ。


「どしたん?」と声をかけた。




スポンサーリンク





 

 

顔が真っ青だ。

貧血?と思い「おいおい大丈夫か?保
健室行くか?」と続けるが無反応。


こりゃ重傷だなと思い、

施錠しないといけなかったので

なんとか立たせ、

教科書とかも持ってやり、保健室へ。


二人で保健室までの道のりを

ぽてぽて歩いてると、

その子がぼそっと、


女「俺君て理科得意だよね」

俺「まあ好きだね」

女「B型とO型の親から、A型が生まれる
ことってある?」


そう、その日の授業内容は、

メンデルの法則・血液型の遺伝。


俺「普通はあり得ない。

稀にAB型からO型が生まることが

あるらしいけど」


 「もし起きたとしても、

すごい確率低いんじゃないかな?」


女「・・・だよねぇ」

俺「?」

女「お母さんがO型で、

お父さんがB型なのに、

あたし、A型なんだよね・・・」


俺「!」


彼女は泣いてはいなかった。

無表情だったけど。


その後、下手に慰めることもできず、

保健室に送り届けた。


その日彼女はそのまま

教室に戻ってこなかった。


金曜だったので、俺は土日を

悶々と過ごした。

部活も身が入って無かったと思う。


週明けの月曜、やはり悶々と

しながら学校へ行った。


下駄箱で声をかけられた。


「俺君!」

彼女だった。


そして、彼女は“心から私は

嬉しいです”って顔に書いてあるような

笑顔だった。


それを見て『ああ、大丈夫だったんだ』と
思った。


「お父さんのほうが間違ってた!

A型だった!」

笑顔に見とれる俺。


「・・・よかったな」

「うん!」


その後なんとなく仲良くなり、


笑顔にやられた俺が猛アタックし、

同じ高校に行き、

まあ色々あって今に至る。

終わり。


やっぱ蛇足なのでその後の流れを

箇条書きで。


中学時代

・嫁子が毎日図書室に行っているという
情報をゲット。


昼休みに図書室に突撃し

科学系の本とか物色しつつ、

話すようになる。


・部活の朝練の無い日は

登校時間を微妙にずらし、

朝挨拶や雑談を交わす。


・これを続け11月頃告白し、

「受験が終わったら言う」と

保留の返事をもらう。


・受験校のランクを一つ上げ、

嫁子のそれに合わせる。


・3月まで学校ではアプローチを

かけつつ、ひたすら受験勉強。


・二人とも無事合格し、

OKの返事をもらう。


・俺歓喜。

メンデル先生に感謝する。


高校時代

・周りに弄られながら普通の

彼氏彼女をやる。

結局3年間違うクラスだった。


・高1の夏休みに嫁父と対面。

例の話で盛り上がる。


・嫁家でも大事件だったらしく、

その詳細を聞いて爆笑する。

(需要があれば後述します)


・元々の理科好きと

メンデル先生の影響で国立の

理系を受け、合格。

茨城へ。


・嫁子も東京の大学を受けて合格。

微妙な距離の遠恋に。


・俺の人生に多大な影響を与えた

メンデル先生に感謝。


大学以降

・俺はバイトだ実験だと

忙しかったけど、お互いの部屋を

行ったり来たりで青春を過ごす。


・3年生の時大学院に行くことを決意、


卒業まで待ってもらうと

嫁子がいき遅れて悪いな~と思って

卒業と同時に学生結婚。


・嫁子は都内で就職

・ドクター(博士号)取った辺りで息子が
生まれ、都内で研究職にありつく。


・現在に至る。


・読んでくれた人とメンデル先生に感
謝。


事件の夜に嫁子が両親に突撃


嫁子「どういうこと・・・?」


嫁父「おまえは正真正銘うちの子だ!」


嫁母「私がおなかを痛めた子よ!」

しかし事実血液型がおかしいので翌日
嫁子の生まれた病院に。


このときは院内での赤ん坊の入れ替わ
りを疑ってたらしい。

カルテでは嫁子はA型。

念のため検査もしたがやはりA。


そこでピンと来る嫁父。


嫁父「浮気か!A型かAB型の男と寝や
がったな!」


嫁母「そんなことするもんですか!」

一気に修羅場に。



ここで医者が「一応ご両親の血液型も
確認しませんか?」と提案。


結果、嫁母は変わらずO型、嫁父がA型
と判明。


医者GJ

どうもベビーブーム時の機材不足か
ヒューマンエラーで

間違って登録され、


大きなケガも献血もしたこと無い

嫁父は自分の血液型を

間違って覚えたまま

大人になっていたようだ。


一昔前まで稀にあったことらしい。


そして、

嫁父「疑って悪かった!」

嫁母「あなたぁ!」(ウル)


ダキッ!


嫁子「なんだこいつら」(怒)

と若干やさぐれた嫁子は、

その日の夜に俺の存在を思い出したら
しい。


なんかたいして

面白くなかったかもしれん。


まあ今でも親父さんとこの話題を

肴に1時間は飲めるからいいんだけど。


何はともあれヤサグレ嫁子もかわいく、

メンデル先生は偉大である。

 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


えっ!?あの見逃したドラマが無料で見れる?
見たいドラマや映画も自宅ですぐ見れる!

詳しくはこちらをチェック↓↓

→ http://charaotube01.com/eigalp/


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪