馴れ初め話

【馴れ初め 感動 長編】嫁とは幼稚園に入る前の公園仲間と大学のお遊び系サークルの新歓コンパで・・・

 

嫁とは幼稚園に入る前の公園仲間と大学のお遊び系サークルの新歓コンパで・・・

 

 

 

嫁とは幼馴染って事になる。

でもはっきり言って

子供の頃遊んだ記憶は定かでない。


毎日遊んでいたのは

嫁が幼稚園に入る前、

公園仲間だったらしい。


それは俺の親も覚えているし

写真が証明している。




スポンサーリンク





 

 

学年が違い(嫁が一つ上)、

当然だが性別が違っているので、

物心ついた時には近所の

お姉さんって感じで、

取り立てて接点がなかったと思う。


おれが幼稚園に行く頃には

両方とも同学年の同性と遊んでいた、

当然だけれど。


当時は同じ賃貸マンションの

同じ階の住人だったのだが、


俺が小2の時に嫁一家は

引っ越してしまい

それっきりになっていた。


で、運命の再会(笑)を果たしたのは

大学に入った後の、

とあるナンパなお遊び系サークルの

お試し新歓コンパ。


学部は違うが一浪した嫁も

同じ大学の新入生として

そこにいたらしい。


コンパでの自己紹介では

俺は気付かなかったし

嫁も何も言わなかった。


そのサークルの雰囲気に

ついて行けなかったので早めに帰ると、

嫁も付いてきて一緒に帰ろうと

言い俺の住所を聞いてきた。


答えると不思議そうな顔をして

幼稚園の頃の住所にいると思ったとい
う。


中学の時引っ越す前までは

そこにいたと答えると、


「あなたは○号室の俺ちゃんでしょう?」

と言い出した。


向こうは年上だったせいか

良く覚えていて、


俺が子供の頃お漏らしした話や

花火をしていて火傷した話を

面白おかしく再現したので

嫁が近所にいたお姉さんと認識できた。


その後一緒の路線の電車の中で

背の低い嫁の荷物を網棚に乗せたら、


「俺ちゃんの方が

大きくなっているなんて不思議!」
といって笑った後に、


携帯番号とメールアドレスの交換を

向こうから言い出した。


その日の晩にメールがきて

もっと話したいからと誘われて、


次の日につい大学近くの

ドトールに行ったのが運の尽き、、


まだ一緒に遊んでいた頃

金魚の糞のように嫁を

追い回していた事実を

証拠写真と共に指摘されて

雰囲気的に子分的ポジションに

追いやられた。


二人ともそのサークルに

入らなかったのだが、


嫁が入りたいといった

音楽系サークルに

半強制的に参加させられて、


以後は嫁専属の使いっぱとして

2年ほどご奉公をさせて頂いた。


休みの日にも映画とか

コンサートとか美術館とか

買い物とかに付き合わされた。


 2年の春休みに俺が就職のために

運転免許を取得すると、

「彼女をドライブに連れて行くのは

彼氏の務め」と嫁が言い出し、


ガイドブックを買い込んで

連れて行けと強要する。


あれ?何時俺が嫁の彼氏になったんだ
ろう?と考える間もなく

頷かされた。


俺は一人で気楽にゲームしている方が

好きなんで3次元の彼女がいた事は

なかった。


一方嫁は結構容姿が良く

(モー娘の道重似?)同学年や

先輩にも人気だったので、


当然彼氏が別に居ると

思っていたのでちょっと意外だった。


最初のドライブの帰り道で「ムード作りが
下手」と駄目だしし、


「本気で私の事、好きなの?」と

頬を膨らました嫁。


「いやそんなには」と言うと

怖そうだったのでデートの

ノウハウ本を買い込み

2回目で女の子受けする

ドライブを演出し

ついでにファーストキスをした。


その後、ドライブ→暗くなった後

嫁の家送る→近くに車を停めて

キス&お触り、

をしていると


嫁から夏休みにお泊りで

旅行しようといわれ、

夕日の見える温泉ホテルで初合体。


料金の都合で9月になっていたのは

ご愛嬌だろう。


それまで散々威張り散らしていた

お姫様だったが、

体の関係ができて心境がかわったのか、


嫁は心配りのできる世話女房に

クラスチェンジして俺の事を

立ててくれるようになった。


世話女房過ぎて両方の両親に

「二人は将来結婚する」事を

勝手に宣言する。


俺の家に来て母親から料理を

習ったりして可愛いお嫁さんを

アピールする。


何より若い俺には定期的に

セ○○スさせてくれるし、

それを恥らいながら喜んで

くれたのが大きい。


当然愛情が沸く、就職した後4年間

貯金して結婚式を上げた。


まぁ、結果としては永遠の

愛情などないわけで、


再度嫁はクラスチェンジして

女王様になりチビ姫様達と

一緒になって俺を使いっぱ扱いしている


俺の愛情は枯渇してると思う。

でも嫁が何でも決めてしまう事に

我慢さえできれば

楽な生活ではある。


そういう意味では嫁と

結婚できた事は

ラッキーだったかな?


嫁は俺を「超愛している」と

公言してるし、実際そうだと思う。


「一日一時間の約束でしょ」と

言ってゲーム機の電源を切るような

愛情だがなww


多分、嫁の目には頼りない夫だと

映っているんだろうなぁ


 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


えっ!?あの見逃したドラマが無料で見れる?
見たいドラマや映画も自宅ですぐ見れる!

詳しくはこちらをチェック↓↓

→ http://charaotube01.com/eigalp/


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪