馴れ初め話

【馴れ初め 嫁 いい話】嫁「はじめまして、なかよくしてください。」 俺「嫁ちゃんのお父さんになる人の弟です。」

 

嫁「はじめまして、なかよくしてください。」 俺「嫁ちゃんのお父さんになる人の弟です。」

 

 

 

俺と嫁の出会いは俺18歳、嫁8歳。


俺が高校3年のとき、

当時26歳の兄貴が、

28歳シンママの彼女と結婚した。


兄貴の結婚相手を紹介してもらったと
き、

義理の姉さんになる人の隣に小学
生くらいの女の子がいた。


嫁 「は、はじめまして、嫁です。なかよ
くしてください。」




スポンサーリンク





 

 

俺 「はじめまして。嫁ちゃんのお父さん
になる人の弟です。

僕のことは“おじちゃん”じゃなくて“

お兄ちゃん”て呼んでな。」


このときは、まさかこの子が12年後の
俺の嫁になるとは思いもしなかった。


結婚した兄夫婦は俺親と同居。


実家の1階に俺両親、2階に俺と兄家
族という部屋割りで住んでた。


当時俺は受験生。

志望校は東京の大学だったので

合格後は家を出て、嫁に部屋を

譲る予定だった。


同じ屋根の下で暮らしていたので

勉強の合い間に嫁とよく遊んであげて
た。


俺は志望大学に合格し、実家を出て一
人暮らしを始めた。


2年後、兄家族が転勤で九州に引越し。


俺は大学卒業後、

そのまま東京の会社に就職して、

実家に戻らず1人暮らし継続。


俺が26歳のとき、再び兄貴が転勤で、

勤務先は俺と同じく東京だった。


兄貴一家は俺の住んでるアパートから

電車で10分くらいの場所に

引っ越してきた。


兄家族とは、俺が大学進学後は

年に3~4回会う程度だったけど、

近くに引っ越してきてからは

月に1回のペースで兄貴のマンションで
晩御飯を呼ばれてた。


俺が27歳、嫁が17歳のとき、

突然、夜遅くに嫁が俺の携帯に

電話してきた。


俺のアパートの近くの駅に

いるんだけど、アパートまでの道が

分からないと。


急いで駅まで迎えに行き、

こんな夜遅くにどうしたんだと

訊ねてみると、


「お母さん(義姉さん)が浮気してて、

昨日、家を出て行った。」


「今、お父さん(兄貴)は家で酒飲んで
て、

一緒に居たくないので家を出てきた。」



 

 

「行くところが無いので一晩泊めてほし
い。」

と。

普段、家であまり酒を飲んでる姿を

見せない兄貴が大酒飲んで

酔っ払ってて、


話しかけても「うるさい、部屋に

戻ってなさい。」としか答えてくれない。


不安になり、マンションを飛び出してき
らしい。


とりあえず兄貴に電話するが

全く電話に出ない。


話しを聞いてる間に終電も

終わってたので、留守電に嫁を

一晩預かるとメッセージをいれて、

その夜は俺の部屋に泊めた。



翌朝早く、嫁は学校なので

着替えに一度マンションに帰ると言う。


俺も兄貴の携帯に電話してみたが

電話に出ないので心配になり、

会社を休んで一緒にマンションへ

行ってみた


部屋に入ると兄貴寝てたよ。

泥酔して俺達が行くまで

意識吹っ飛んでたわ。


起きた兄貴はすぐに会社に連絡して

休みを取ってた。


「私も学校を休む」と言い出す嫁を

学校に送り出し、昨夜のことを

兄貴に話して、嫁を一晩泊めたことを

まず侘びた。


兄貴は両親と義両親に電話して

義姉が出て行ったことを告げた後、

俺に今までの経緯を話してくれた。


当時35歳の兄貴が途中で

泣き出してたよ。


兄貴のその頃の仕事は1週間毎に

5日間の出張があるらしい

(月~金まで会社に出たら、

翌週の月~金は遠方に出張)。


で、その出張の間に義姉さんは

パート先の社員と浮気してたと。


嫁が浮気に気付いて兄貴に密告


兄貴が義姉を問い詰める


義姉さん逃亡してパート先から間男も
失踪

らしい。


事情や愚痴を聞きながら

昼飯食べてたりしてたら、

両親と義両親がやってきたので

6人で話し合い。

(っても、俺は空気になってお茶酌み

役になってた。)


兄貴は離婚を主張。

お互いの両親もそれには同意。


だが、「嫁は自分(兄貴)が育てる。」と
言い出した。


義両親が、「離婚するつもりなら、

一旦、自分達が引き取って連れて

帰るほうがいい。」


と言うのだが、兄貴は


「あの子は血は繋がってなくても

俺の娘なんです。」

と渡したくない構え。


話し合いの結果、

義両親が折れて、とりあえず、

義姉さんが見つかってから

今後の話を進めることに決定した。


ここで嫁が帰宅したので、

肝心の嫁の意思を確認することに

なった。


嫁にこれまでの話し合いの事を話すと、

「転校したくないし(義実家は新幹線で1
時間の距離)、

お母さんが戻ってくるかも

しれないから、お父さん(兄貴)と一緒に

このままここで暮らしたい。」


と言うので、まだ離婚が成立した

訳でもないし、そのまま兄貴と

暮らすことになった。



先にも書いたが、兄貴は隔週で

5日間家を開ける勤務状態だったので

月に10日以上は家にいない。


嫁が1人で寂しいだろうと思い、

兄貴の次の出張の日、

「一緒に晩ご飯を食べよう。」

と嫁にメールしたら


「私がご飯作ってあげる。」

と食材買ってやってきて、

そのままウチに泊まってった。


その後も、嫁はよく俺のアパートに

泊まりに来るようになった。


兄貴も、嫁を1人で家に置いておくより

俺と居たほうが安心なんだそうで

「面倒だろうが頼む」と言ってきた。


そうは言うものの、

たまに会うならともかく、

連日となると俺も現役女子高生と

どう接したらよいのか分からなかった。


ボーリングやビリヤードに

連れて行ってたり、

学校の勉強を見てやったりしていた。



そうして3ヶ月ほど経ち、

俺の誕生日の日に、

嫁に「好きです。」告白された。


最初は、近親者に対する、

あくまでLike的な意味合いでの

“好き”だと捉え

「ありがと、俺も嫁ちゃんのこと好きだ
よ。」


「でも、そういうのは気軽に口に出さず
に、

今度は本当に好きな人が現れたら、

その人に対して言うんだよ。」

と答えてた。


そしたら、「違うの、そうじゃないの。」
と。


「親戚のお兄さんとしてではなく、

恋人として好きなの。

私の彼氏になって。」

と。


俺は

「そういう冗談は面白くないぞ、おっさん
をからかうなよ。」

と答えてたら、嫁は泣き出して、


「冗談でもからかってるつもりでもない
の、本気なの。」

と言われた。


「なんでこんなおっさんに?。」

と聞いたら、なんでも、子供の頃、

一緒に遊んであげてた俺が

初恋だったこと。


義姉さんに置いてかれ、

月の半分近く家に帰ってこない

兄貴と暮らしてて寂しかった自分に

優しくしてくれたこと。


一緒にいてくれたことが嬉しかったんだ
と。


そうして親戚のお兄さんとしてではな
く、異性として

好きな人になったんだと。


俺は嫁がウチに通い出してからも、

最初は姪っこ的な子としか

意識してなかったんだが、


「よくよく考えたら俺と嫁って血は繋がっ
てないんだよなー。」


「17歳の女子高生と同じ部屋で寝泊り
してるんだよなー。」


なんて考え出したら、

だんだん女として意識しはじめてた。


無防備な嫁を見てムラムラしそうにな
る自分を、

理性で必氏に押さえ込んでいたよ。


自慰のおかずにすることも自重してた。


だが、嫁の告白で理性決壊してしまっ
た。


「10歳も年上の男だけどいいのか?。」
と聞いたら


「関係ない、私と付き合ってください。」
と。

で、

俺達は恋人同士なった。


兄貴や両親には内緒で

俺達は付き合いだし、

兄貴の出張中は嫁は俺の部屋から

学校に通うようになった。



1年後、義姉さんから連絡があった。


間男が間男の地元で再就職して

生活が安定してきたので、

娘(嫁)を引き取って正式に

離婚したいと言ってきた。


慰謝料やらの協議の詳細については

俺は知らないけど、親父の伝手で

弁護士は入っていた。

問題は嫁のことだ。


嫁の籍(養女)を抜いて連れて帰って

一緒に暮らし、間男の養女にすると

義姉さんが言うんだが、


兄貴はそんなことするなら

離婚はしないと真っ向から対立。


嫁自身も志望校を決めており、

「いまさら義姉さんと一緒に

暮らすために志望校を変えて

他県に行きたくはない。」

とは言ってた。


俺と嫁は周りには内緒のまま

付き合いは続いており、

俺も本気で愛してた。


嫁が大学卒業後も気持ちが

変わらないなら結婚しようと

約束もしていた。


そこで俺と嫁は相談して、

兄貴と両親に自分達が付き合ってるこ
とを打ち明けることにした。



兄貴の怒りは凄かったー。

凄まじいなんてもんじゃなく俺は

氏を覚悟したね。


両親同席じゃなかったらたぶん、俺、兄
貴に殺されてた。


そりゃー安心して預けていた娘が弟とデ
キてたなんてねえ。


義姉さんの浮気と併せて考えたら

気が狂ってもおかしくないだろうと今な
ら思う。


兄貴は兄貴なりに、

血は繋がってなくとも

自分の娘として嫁を溺愛してたんで
す。


母はなんとなく俺達のことを

気付いていたらしく

俺の味方をしてくれたが、

親父は渋い顔。


嫁が

「私は俺さんを愛してます。

お父さん(兄貴)とも離れたくありませ
ん。

お爺ちゃん

(親父)お婆ちゃん(俺母)も大好きで
す。」


「お願いですから、私をこの家族の娘で
いさせてください。」

と、泣きながら手を付いて

頭を下げた。


嫁の涙の訴えに、親父と兄貴の涙腺崩
壊。


「ワシは嫁ちゃんを他人だと思ったこと
は一度もないよ。」


「10年前、小学生の嫁ちゃんがウチに来
た日から、

ずっと嫁ちゃんはワシらの家族なんだ
よ。」

と、ここで親父陥落。


最後は兄貴も、義姉さんに

渡すくらいならと俺達の仲を許してくれ
た。


兄貴と嫁の養子は解消する。


但し今後、間男との養子縁組をするか
どうか、

また、嫁が義姉さんと暮らすかは

全て嫁の意思に任せる。


この条件で義姉さんに承諾させ、正式
な書類にする。


という目論見で今後は

話しを進めることになり、

弁護士にも協力してもらうことになっ
た。


義姉さんは嫁と暮らすことを

希望してたが、

嫁自身にはその気は無し。


しかも間男との養子縁組の件で

ほとほと愛想が尽きたらしい。


嫁は近くの短大を受験し、合格した。

最後の話し合いのとき、


「お父さん(兄貴)とは籍を離れますが、

間男さんとの養子縁組や、

お母さん(義姉)と間男さんとの

同居は出来ません。」

ときっぱり断った。


「高校卒業までは兄貴のマンションに

住むが、卒業後はマンションを出て、

短大に通える場所に引越しします。」


と言い、義姉さんも、それでも兄貴と嫁
の縁が切れるならと了承した。



俺は住んでたアパートから駅3つ先の

マンションに引越して、


嫁の荷物を少しずつ運び込んで、

嫁の高校卒業と同時に同居。

義姉さんは何故か、


嫁が兄貴のマンションを

出るということは

「短大の寮に入る」と思い込んでいた
らしく、


嫁が俺と同居したと知って

「どういうこと!」と大激怒だった。

気付くの遅ぇーよ。


短大の進学費用や新生活の費用は

俺と兄貴と俺両親が全部出していたこ
とと、嫁の

「約束どうりお父さん(兄貴)との戸籍の
繋がりはなくなりましたし、

マンションも出ました。」

「約束を守った以上、

学校に通うためにどこで暮らすかは私
の意志で決めます。」


「そもそも、お母さん(義姉)は私がマン
ションを出るまで、

新居の心配もお金の心配も

何もしてくれませんでしたよね。」


「それに、私を捨てて男と逃げた人のこ
となんて母親と思っていません。」


と、ずばっと言ったらおとなしくなり、

その後、弁護士に何か説明を受けると、

二度と口を挟まなくなった。


ちなみに義姉さん、

実は離婚協議中に妊娠してた

(間男さんの子供)ことが分かり、


その件でもごたごたしてて、

嫁の進学の事や引越しの事まで

気が回らなかったらしい。


ということで、嫁には19歳年下の弟が
できました。


兄貴とは子供できなかったのに

何やってんだかねー。



嫁の短大卒業と同時にあらためてプロ
ポーズしたところ


「はい。私をあなたのお嫁さんにしてく
ださい。」

と、返事してくれたので結婚しました。


結婚式には元義姉両親と、

兄貴は嫌な顔してたけど、

元義姉さんにも出席してもらいました。


その後も元義姉さんとは、

俺と嫁は年に1回会うくらいの交流は

あります。

(元義姉さんは間男さんと再婚してます
が、俺は一度も

間男さんの顔見たことないです。)

今は1児の母になった嫁。


なお、兄貴のことは今でも「お父さん」と
呼んでます。


「“お義兄さん”と呼ばないの?。」

と聞いたら


「あなたと結婚しても私にとっての

父親は、いつまでもお父さん

(兄貴)只一人なの。」

だそうだ。


そんな兄貴も、42歳になって

再婚相手が見つかった。


嫁も兄貴の再婚には大賛成しています
が・・・・、


どうやら再婚相手には、

また連れ子がいるらしいんです。

・・・・やれやれ。

以上、終わり

 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


えっ!?あの見逃したドラマが無料で見れる?
見たいドラマや映画も自宅ですぐ見れる!

詳しくはこちらをチェック↓↓

→ http://charaotube01.com/eigalp/


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪