馴れ初め話

【馴れ初め 嫁 いい話】嫁とはゲーセンので、いつものように友人と対戦に燃えていたら・・・

 

嫁とはゲーセンので、いつものように友人と対戦に燃えていたら・・・

 

 

 

 


信じてもらえないかもしれないが、

ゲーセンのゲームが繋げたんですわ。

大マジで

こんな話でも、もしkwskって人がいたら
書いていこうと思います。

イラねーよってことなら、ごめんね





スポンサーリンク





 

 

まずは出逢いからなんだけど


結構前に、ゲーセンでは

格ゲーがものすごく流行ったときって
あったでしょ?


ストⅡとか、餓狼伝説とか、

龍虎の拳とかの対戦格闘のヤツ。


私はとあるゲーセンの常連で、

いつものように友人とダベりながら

対戦に燃えていたわけなんだ。


確かあのときはストⅡダッシュだったか
なぁ?ターボかもしれない。


まあ、そこに対戦者が入ってきたのよ。

対戦台ってのはゲームの筐体が

背中合わせっていうのが結構多くて

対戦相手がどんな人かって、

相手側に行かないと見えないのよ。


だから最初は常連が

対戦相手だと思ってたんだ。


常連同士で対戦していると、

大体相手の動きとか分かって

きたりするんだけど

そうじゃなかったんだ。


いつも相手にしている常連の

動きじゃない。


ほぅ…新しき挑戦者とは心躍る!!

ならば、見せてくれよう。

我がケンの強さを!!


若かったとはいえ、本当にあの時はこん
な感じだったんだ…OTZ


んで、戦ったんだけど…弱かった。


ふと、離れていたところにいた

同じ常連がサインを送ってきたんだ。



 

「アイテハオンナノコ、スコシテヲヌケ」っ


私はとことん焦った。


今でこそゲーセンって女の子も多くて、

結構華やかになっては来ているんだけど

あの当時は女の子が

ゲーセンにいることはあっても

格ゲーの対戦台に挑戦してくる

女の子なんて

どう考えても奇跡の範疇だったから。


その焦りからか、手を抜くとは

いかないまでも

かなりのコマンドミスをして、

技が暴発しちゃったのよ。


まあ、そんな要素があって負けちゃた。


んで、対戦が終わり席を立ったら、

相手側から女の子が

ツカツカ歩いてきて


「あんた、なんで手を抜くのよ、この卑
怯者!!」

って怒鳴られた。


周り騒然、私呆然。


その女の子は顔真っ赤にして

ゲーセン出て行っちゃったけど。


これが最初の出逢いだったのよ。



結局その場はなんとか収まって、しばら
く遊んだあとに

友人と一緒にゲーセンを出て夕飯食い
にファミレスへ行った。


案内されて席につき、

オーダーしようとしてウェイトレスさんを
呼んだとき、

私は凍りついた。


そのウェイトレスさんが、

私を怒鳴りつけた女の子だったからね。


その時の友人曰く「『顔面蒼白』って

言葉を本気で理解した」


んで、注文したんだけど


私に対しての目がすっごく

怖かった事を今でも覚えてる。


飯食ったあと、会計時もその女の子だっ
た。

だから

「ゲーセンのことで怒ってるのなら、

謝るよ。

あれは手抜きじゃなくてちょっと

焦ってただけ。


もし今後対戦することがあったら、

完璧に打ち負かすから」

って言っちゃったんだ。


今考えると、えらく恥ずかしいことを
言ったもんだと思うよ。


それからその女の子はちょくちょく私の
行きつけのゲーセンに

くるようになり、その都度、

対戦を挑んできた。


私はもちろん、手抜き手加減一切ナシ
に返り討ちにし続けた。


そんな女の子を見ていた友人や、

ほかの常連連中は

『女の子を一流の格ゲーマーに

仕立て上げてヤツを倒す』


などと応援団を作り、

ゲームのテクを仕込み続けた。


飲み込みもよかったのだろう、

センスもあったんだろう。


あれよあれよという間に、

女の子は上達し


1ヶ月後には、常連相手でも

かなり手こずる位までに上手くなって
いった。

もちろん、私も教えたよ。


ぶっちゃけると、勝者の余裕だった。


まあ、どんどん上手くなっていくのを

見ているのは楽しくもあったんだけど
ね。


今考えたら、あの時にはもう

惚れてたのかもしれない。


2ヶ月後位かな、女の子から

いつもどおりに対戦を挑まれたんだけど


その時は常連連中や、

友人も加わってえらい盛り上がりの中で
勝負したんだ。


結果、見事に負けちゃった。


周りからは大歓声。

勝った女の子も涙ぐんでいた。


そんで、女の子が私に向いて、ちょっと
赤い目をして

「やっと言える…私と付き合ってくださ
い!!」

って告白された。


もうね、何がなんだかわからなかったで
すよ?


その女の子に対しての好意は

少なからずあったけど


告白なんてその時まで

されたことなかったし

相当パニックになってました。


常連連中はアホみたいに盛り上がるし、

友人はドロップキックかましてくるし


店長は「騒ぐな!!」って怒りながらニヤ
ニヤしてるし…


それがきっかけで付き合うことになって
2年後に結婚しました。


今でも子供を連れて、時々そのゲーセ
ンに遊びに行ったりしています。



まあ、嫁さんの家に挨拶に行ったときと
かもいろいろあったんだけど

長くなりそうなんで割愛します。


読んでくださった皆さん、ありがとうご
ざいました!!



とりあえずは、嫁さんの家に挨拶に行っ
た時のことを書きますか。



嫁さんの家って、実家は九州にあるんだ
けど

方言は書きづらいから、標準語でお送
りします。


実は、私の母は九州出身なので、

九州の方言はほとんど

理解できるんで

会話については全く問題なかったんで
す。


私が標準語で話す分には、

相手も聞き取れるわけだしね。


そういう考えもあって、

あまり緊張はしなかったんですが…


嫁の家についたとき、

そんな考えは頭から吹っ飛んじゃいまし
た。


広い。とにかく広い。


嫁は「土地があるだけだよ。

基本的に畑とかばっかりだからさ」

とか言うけれど…


私「え、ちょ、これは…実は金持ちのお
嬢様だったわけ?お前?」

嫁「んなわけないでしょ。ほら行く
よ!!」

私「いや、でも、家でけえええええ?」

嫁「田舎の家はこんなもんよ?土地が
あるから、

2階、3階って建てないのよ」

私「それにしたって…」

嫁「もう、いいから行くよ!!」


私の驚きを無視してでかい家に入る
嫁。

既に頭の中はほぼ真っ白な私。


真っ白な頭の中のまま、

嫁の家にお邪魔しました。


嫁の父は、寄り合いに行っているという
ことで不在だった訳ですが


嫁の母とおばあちゃんと

兄妹は実家に滞在していらっしゃいまし
た。

正直、頭の中が真っ白に

なっていたままで嫁の父と会わずに

済んだのは幸運としか言いようが

なかったんですが…


嫁に次々と紹介される嫁のご家族は、

快く私を受け入れてくれました。

方言がわかるってことに驚いていたよう


特におばあちゃんが喜んでくれました。


少々時間が経って、嫁の母が買い物に
行くからと

嫁を連れて出かけてしまいました。


おばあちゃんも「散歩に行ってくる」と出
かけてしまいました。


残されたのは、私、嫁の兄、姉、妹
ちなみに、嫁の家族構成は

おばあちゃん

お義父さん

お義母さん

お義兄さん

お義姉さん



義妹さん

です。


繋ぎである嫁とおばあちゃん(なぜか最
初から好感度が高かった)が


居なくなって、私は結構精神的に辛く
なってきたんですが


そんな精神状態の私に

助け舟を出してくれたのが、お義兄さ
ん。

よく冷えたビールを出してくれて

「よく来てくれた、まあ飲めよ」

って言ってくれたんです。


その言葉がどれだけ嬉しかったこと
か!!


もう、一気にビールを飲んじゃいました
ね。


そしたら、お義姉さんと義妹さんも

次々とお酌してくれて

かなりのハイペースでビールを飲んだと
思います。


んで、結局全員がいい感じに酔っ払っ
ちゃって

(途中から焼酎とか入ってた)

えらいことに。


ここからはちょっとうろ覚えなんで、

印象に残っていたことをかいつまんで

書いていきます。


義兄「俺のことは○○さんなんて呼ばず
に、兄貴って呼んでくれ。


俺さぁ、弟が欲しかったんだけど下は妹
ばかりだしなぁ。


親父もダメだなぁ、気合が足りないぜ。」

お義兄さん、いきなりお義父さんにダメ
だしですか?


あと、腰の動きがやばいです。

ここにはお義姉さんも義妹さんも

居るんですよ?


義姉「んー、あの子もイイの連れてきた
ねぇ…結構好みのタイプよ、あなた。

あの子に飽きたら、私に乗り換えな
い?」


お義姉さん、確かご結婚なされてませ
んでしたっけ?


あと、しなだれかかって耳に息を

吹きかけるのはヤメテ!!


義妹「この部屋暑いよ~

(いきなり半ヌギ、目が座ってる)」

義妹さん、なにやっちゃってんの!!

Tシャツにならないで!!それ以上は
R-18よ!!




もうね、途中から酔いなんか飛んじゃい
ましたよ。


お義兄さんは腰の動きがさらにやばく
なるし

お義姉さんは「あの人、最近かまってく
れないから寂しくてさぁ~」

とか絡んでくるし


義妹さんは目を離したスキに脱ごうと
するし

本気で逃げ出したくなりました。


まさかとは思うけど、嫁もこんなんじゃ
なかろうな…


私がこう思ったのは、

嫁は酒が弱いからっていう理由で

あまり飲まないのですよ。


いつもビールをコップ2杯位で

止めてたし、酔っ払ったところなんか

付き合ってから一度も見たことが

なかったんですよ。


そんな空気を破ったのは、帰ってきたお
義母さんと嫁。


義母「あんたらねぇ、仲良くなっているの
は嬉しいけど

お客さんになんて事してるの?母さん
恥ずかしいでしょ!


特にK!(義妹)あんた未成年でしょう
が!!」※当時19歳


義妹「あと3ヶ月でハタチだから

細かいこと言わないでよ~


いつもは飲んでても、

そんなこと言わないじゃない」


義母「そんなこと言ってるんじゃありませ
ん。

あんたの貧相な体を人様の前に

晒すことが恥ずかしいんです!!

早く服装をただしなさい!!」


お義母さん、注意するところが

おかしくありませんか?


義姉「まあ、確かにK(義妹)はちょっとば
かり胸が残念よねぇ…


少なくても私くらいになってくれれば、

男は勝手に寄ってくるわよ?


旦那もこの胸を褒めてくれるし」

お義姉さん、酔っ払ってるとはいえ、フ
リーダム過ぎませんかね?


義兄「まったくお前らと来たら…恥ずか
しくないのか?」


お義兄さん、さすがに長男!!


さっきまでの怪しい腰の動きは忘れま
す!!

兄貴と呼ばせていただきます!!


義兄「胸を自慢するなら、

これくらいはしないとなぁ!!」

お義兄さん、いきなり上半身マッパに
なってポージング。


筋肉すげえ!!マジでマッチョ!!ある
意味惚れる!!

ですが、前言大撤回させていただきま
す。


家族全員ドン引きですよ?空気が凍り
つきましたよ?


嫁「さ、ご飯作ろうか。

結構量があるからみんな手伝って」

そして取り残される私とお義兄さん。


お義兄さんはいろいろなポージングを
続けている。


この拷問はご飯が出来てくるまで続き
ました。


私、この家に来た理由を

忘れるところでしたよ…


んで、夕食後にお義父さん帰宅


初めて出会う嫁の父

組み技系の格闘技やってそうな感じで
した。


がっちりしてて、なんつーか

この親にしてこの長男ありって

感じがしました。


お義父さんは、私と嫁の家族を

ぐるっと見渡して言いました。


義父「話はいろいろ聞いている。

私が言うことはひとつだ。


娘をもし裏切るようなことをしたら、

その時は命の覚悟をしておけ」


お義父さんは開口一番、そう言いまし
た。


私「は…はい、絶対にそんなことはしま
せん!!」


義父「私の言うことはそれだけだ。飲
め」


お義父さんは焼酎の一升瓶をつかむ
と、

私に注いでくれました。


実はお義兄さん達と飲んでて、

結構きつかったんですが


嬉しかったのと緊張していたのが

一気に解けて、焼酎を泣きながら

飲みました。


お義父さんも泣いていました。

その夜はなぜか近所の人もやってきて、

大宴会になっちゃいました。


さて、ここからが肝心の大人に突入、っ
てわけですが


なんとも恥ずかしいので、もうちょっと酒
飲んできます。


もうちょい時間経ったら、

また書き込みますね。


おあずけするようで申し訳ないが、

マジで勘弁してください。


これ書くのにも、かなり恥ずかしいんで
す。

ではまた



近所の人も交えての大宴会が終わって

そろそろ御暇しようかなって思って、

タクシー呼ぼうとしたんですね。


前に書いたと思うんだけど、

私の母が九州出身で、こちらに

親戚が何人かいるんで、


夜はそこに泊めてもらえる

手はずだったんですよ。


まあ、一番近い親戚のとこでも、

嫁の家から車で一時間半位は

かかるんですがw


そしたら、お義母さんに

「もうあんたはウチの息子でしょ?

泊まっていきなさい」


って言われまして、お言葉に

甘えさせていただくことにしました。


お義父さんの言葉にも泣いたけど、

お義母さんの言葉にも泣かされまし
た。


で、親戚の家に断りの電話入れて

泊めていただくことに。


親戚のおばちゃんは電話口ですごく

嬉しそうでした。


夜。客間を一つお借りして、

敷いてあった布団に

潜り込もうとして…

そこで違和感。


布団をめくり上げると、

なぜかそこにいる嫁。


私「何してんの?」

嫁「ここで寝る」

私「いや、お前自分の部屋あるだろ」

嫁「ここで寝るの。私はここがいい
の!」

私「お前…酔っ払ってるだろ。結構酒臭
いぞ?」

嫁「今日くらいはね~。嬉しいときに

酔っ払うのはいいことでしょ」


そういや嫁も大宴会の時に

結構飲んでいたような気がする。


私も相当飲まされたんで、

頭が良く働いていないのも

事実なんですが。


嫁「嬉しいね~夫婦だよ、夫婦。

彼女から妻になったんだよ、私」

そう言って、にっこり笑う嫁。


その言葉を聞いて、にっこり笑った嫁の
顔見たら


限界突破しましたわ、私。


よく働いていなかった頭も、

なんか吹っ飛んじゃった。


嫁を抱きしめてキス。

んで気がついたんだけど、

嫁の反応がいつもと違うんですわ。


まあ、いつもより敏感になってるという
か何というか。


普段しているのとは、

明らかに違いすぎるんですよね。


それが証拠に、胸揉んで愛撫してただ
けで嫁、イっちゃうし。


今までそんなことなかったのに。


声出さないように枕噛んでる嫁が、

すっごく可愛くてまたキスして。


で、いつもより敏感な嫁がポツリと言い
ました。


嫁「こうなるから…酔っ払いたく

なかったのに…」(小声)


私「え?でも嬉しいときに

酔っ払うのはいいことって

言ってたじゃない?」(小声)


嫁「そうなんだけど…私、酔っ払うと

体が敏感になるっていうか…その…」

(小声)


最後の方は聞き取れませんでした。

ってーか聞いてません。


んなこと聞かされて、攻めるのを

やめてしまう男がいる訳がないです。


嫁の中に挿れたいのを必氏で

我慢して、さらにキスと愛撫を

続けちゃいました。


何回か嫁をイかせたあと、

ようやく挿れて。


今までのはなんだったんだってくらい

気持ちよかったです、

その時の嫁の中は。


みっともないことに、私のムスコも

即座に昇天してしまいました…


まあ、可愛い嫁を見ていたら

突入しちゃったんですがねw


なんてーか幸せすぎて。

そのまま眠っちゃいました。


翌朝、起こしに来たお義母さんの顔が

忘れられませんよ、ホントに…


その後はお義兄さんやお義姉さん、

義妹さんにもからかわれて

おばあちゃんには

「ひ孫の顔が生きてるうちに見たいねぇ」

と言われ


お義父さんには無言で背中を

叩かれました。

…超痛かったです。


その後は特に問題も無く結婚して、

子供が2人も出来て


結構幸せなんじゃないかって

思える暮らしをしています。


特に大人くもなかったと思いますが、

これで私の話は終わりです。


読んでくれた人、レスくれた人、

ありがとう!!


書いてるうちに、なんか的はずれな

こともあったかもしれないけど

恥ずかしさを酒の力で

ごまかしてるんで、

気にしないでくださいww

最後に、もう一度


ありがとう!!

 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


えっ!?あの見逃したドラマが無料で見れる?
見たいドラマや映画も自宅ですぐ見れる!

詳しくはこちらをチェック↓↓

→ http://charaotube01.com/eigalp/


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪