馴れ初め話

【馴れ初め キュンキュン】キッチンに立ってる嫁さんを見るのが好き。美味しくできた時に・・・

 

キッチンに立ってる嫁さんを見るのが好き。美味しくできた時に・・・

 

 

 

 

修士出で2年間、

地方の工場から本社開発営業として

呼ばれた


新しいプロジェクトで、俺入れて

10人のグループでリーダーは2つ

上だったがリーダー以外は仲も良く

仕事後も遊んでいた


その中で大卒2年目の女の子が

同じ大学だったんで大学の話で

盛り上がった




スポンサーリンク





 

 

仕事で失敗しても彼女の

フォローしていたりして、

結構頼られていた


彼女は仕事はあまりできないが

素直なところが気に入り、

彼女にしたいと思っていた


彼女が失敗する度にリーダーが

泣き出すほど叱責していた


ただ他のメンバーも同じように

かなり厳しく叱責していたから

苛めていたわけじゃない


メンバーに対する対応が誰に対しても

きつくて、雰囲気がいいもの

じゃなかった


リーダーは自分で抱える癖があり、

その時もある問題を一人で悩んでいた


俺は学生時代インターンで行った会社で

類似事例を経験していたので


問題解決案の報告書を作成して、

時間なくリーダーはそのまま

責任者会議に提出


会議は上手く行ってその日から

俺にはきつく当たらなくなった



 

 

メンバーは言いにくいことがあると

俺を通してリーダーに報告することが

多くなり


最初のギスギスした雰囲気が

和らいできた


仕事があまりできない彼女を

助けながら、プロジェクトは

最終段階に入っていた


リーダーは仕事の圧力から

イラつく事も多くなり、

つい関西人のノリでその度に

可愛い顔が台無しですって言って

クールダウンさせていた


リーダーと俺だけになった時に

またイラついていたので

又かと思いながら同じセリフを言ったら

どこがかわいいのって

眉間にしわを寄せって言いてきたので

焦って見たこともないのに


成功した時に小さくガッツボーズ

するのがとてもツボに

はいっていますって言った


その時は何も反応がなかったが、

それから俺が見えるところで

小さくガッツポーズするようになった


反応がほしいのだろうと思い

ウインクしたり、GJしていた


無事プロジェクトが完了し

事業化する時にリーダーに

お礼をしたいと言われ


二人で記憶なるまで飲んで、

知らないベットの中でごはんを

作る音で目が覚めた


プロジェクトの圧力のなくなった

リーダーは、融通は利かないが

人の気持ちは分かる人間


でも自分の気持ちを伝えるのが下手で

甘えるのも下手で泣き上戸な人でした


美味しいごはんが忘れられず、

1年一緒に暮らして結婚した


修士でてすぐに地方の研究所併設の

工場にいて2年本社に行けば

大学で共同研究し学位取らせて

やるっという事で慣れない

開発営業になった


どうせ本社に行くなら人脈広げて

おけって事でえらいさんを中心に

顔を売っていた


プロジェクトのメンバーも

仲良くやってれば後々便利かくらいで

仕事後も仲良くやっていた


面白くないのが嫁さんで

俺が勝手に組織もまとめるのが

気に入らなくてメンバーに当たっていた


初めて組織のリーダーになって

気負ったこともあってチームの雰囲気は

悪かった


俺のせいでもあるのは気付いたので、

嫁さんを立てることに注力した


嫁さんが事業化の問題解決案を

まとめることができなくて

悩んでいたので

各部の部課長に意見を求め、

根回ししながら資料を作りリーダーに

報告した


充分な根回しが功を奏し

事業化決済が下りたのだが


この時にリーダーは仕事では俺には

勝てないと思ったらしい


嫁さんは勝てないなら頼ろうと思った、

初めて頼ることを覚えて俺に

対する好意を自覚した


決済は下りれば後は、

具体化すればいいだけなので


仕事にも余裕ができ、

嫁さんを含めてチームで飲みに

行くことも多くなったが


メンバーによれば嫁さんは俺に対する

好意があからさまで


俺は知らなかったが嫁さんと

俺とを二人きりで残業で

残すことで応援してた


出向の2年もあと3ヶ月の時に

朝まで酔いつぶれてベットインになる

嫁さんは俺が研究所に戻る前に

気持ちを伝えようと思って

強硬手段をとった


嫁さんに強硬手段をそそのかしたのが

営業本部長だったらしい


俺は、研究職に戻る気だったが

営業本部長から何度となく

お前は営業向きだから

本社に残れって顔を合わせるたびに

言われていたんだが

まさか本気とは思わなかった


ちゃんと交際を申し込んだら

朝帰り事件が何故かw

営業本部長の耳に入り、

出向から移動になり本社に

残ることになった


営業本部長からは嫁さんは

俺(営業本部長)の姪だから

ちゃんとした交際しなかったら

潰すって祝辞をいただいた


嫁さんは料理が上手くてその日以降

俺の分の弁当も作ってくれるようになり

公然化した


営業本部長が仲人で結婚したが、

姪を不幸にしたら殺すからなって

真顔で言われてます


初めて嫁さんと朝まで飲んだ時には

嫁さんから

報告書を手伝ってくれて

うれしかったこと


チームをまとめるのに悩んでいた時に

代わりにまとめてくれて


リーダーとして立ててくれて

うれしかったことなど


腕をつかんでお礼を言って

言ってくれました


そして

可愛いと言ってくれて仕事をもっとやる
気になった事


あと3ヶ月でいなくなるなんて

淋しいこと


好きなのに気持ちを伝えられない

と泣きながら言われて


すごくかわいく感じて、

肩を抱いて俺はいつでもリーダーの

傍にいますから


もうどこにも行かないから

大丈夫です

俺も愛していますなど

言ったあたりから記憶がなくなり

ベッドの上で目を覚ましました


家事はしっかりしてくれてるし、

少しいい加減なところある俺には

勿体無いほどのいい嫁さんです



嫁さんは口数少ない代わりに

無言で背中から抱きついてきます

自分が背中から抱いてほしい時は

むぎゅ~してって言って背中向けます

家の中では、静かなバカップル

しています


子供ができるまでは、こんな感じで

いいかなと思っています


姉さん女房になろうとしていますが、

俺が先先やってしまうので

よくぶーたれています


男性経験がほとんどなかったらしく、

いちいち仕草がかわいいです


料理以外はアイロン掛けや掃除は

俺のほうが得意ですが


自分でやろうとします

俺も料理できますが、嫁さんの

料理が食べたいので

病気以外は作ってもらっています



キッチンに立ってる嫁さんを

見るのが好きなんです


美味しくできた時に小さく

ガッツポーズするところもふくめてね


 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


パソコンやスマホで「キュン死」続出!
本屋さんでは手に入りにくいマンガもいっぱい!
1度料金を支払って無期限で読める!

今大人気の電子書籍のサービス!!

→詳しくはこちらをクリック←



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪