馴れ初め話

【馴れ初め キュンキュン】妻は、系列店から私が通っていた駅前店に配置替となってきた。一目惚れ・・・

 

妻は、系列店から私が通っていた駅前店に配置替となってきた。一目惚れ・・・

 

 

 

 

携帯電話が普及し始めた頃の話。


妻は、田舎の小さなレンタルビデオ店

(TSU⚪︎AYAのよう
な大手ではない)の店員で、


私はその店が新規オープン時からの

常連客。


妻は、系列店から私が通っていた

駅前店に配置替となってきた。


見慣れない子がいるなと思って

顔を見たら、一目惚れ。


常連になっていた私は、

他の客が少なくなる深夜には、

カウンターに入って手伝うほど

(田舎で、昔の話だから)だったので、

異動してきた妻は、




スポンサーリンク





 

 

私が何者か分からなかったそうだ。



で、何度となく二人でドライブや

ピクニックなど、デートみたいな

ことをしつつ、一目惚れから

1年ほど経った夏のある日、


妻と初めて泊まりがけのデートに

誘ってみた。


まだ、この時点では告白も

していなかったので、

お互い付き合ってもいない仲。


私の気持ちは、妻のことが

好きで好きでたまらなかったので、

この機会に付き合えたら

いいなと思い計画。


しかし、当時の私は19歳だったが、

妻は4歳年上の23歳。


私のようなガキは相手にされない

かもしれないと考えると、

不安だけが頭をよぎった。


そして、旅行当日。

とある温泉街の寂れた旅館に到着し、


食事や花火をした後、

二人で部屋に戻ると、

二組の布団が並べて

敷かれていた。


私はこの時、「仲居さんGJ!」と

思いつつ小さくガッツポーズを

しながら、温泉に入るため

タオルを持って部屋を出た。


私は、その後のコトを考えて

入念に身体を洗った後、

部屋に戻って見ると…


 

 

くっ付いていた布団が

これでもかってくらい離されていた…

この時ばかりは、相当凹んだ。

だって、無言の拒否宣言を

喰らったようなものだ。


電気を消して布団に入っても、

眠れる筈もなく、かといって、

残酷な拒否宣言を

受けた後では、何をしていいのかも

分からず、ただ悶々としていた。


だが、どうしても我慢できない私は、

真っ暗な部屋で妻に語りかけた。


「年下の私では、心配ですか?

もしも貴女が、このまま私と

付き合っても、結婚して

もらえなかったらどうしようと

考えているのであれば、

安心して下さい。


私は貴女と結婚したいです。

ですから、私と付き合って下さい。

あなたが好きです。」


すると、妻から「ありがとう。」と

返事があり、私の一世一代の

挑戦が実を結びました。


すぐさま、私は布団を妻の方に寄せて…

後はご想像にお任せします。


その後、幾つかの修羅場を経て、

3年後に結婚と相成りました。


かなりヤバい喧嘩もありましたが、

子供も生まれ、それなりの幸せな

家庭を築くことができたと

思っています。



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


パソコンやスマホで「キュン死」続出!
本屋さんでは手に入りにくいマンガもいっぱい!
1度料金を支払って無期限で読める!

今大人気の電子書籍のサービス!!

→詳しくはこちらをクリック←



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

 
・YouTubeはもう稼げない…
・収益化を外された…
・一向に審査が通らない…

最新版のYouTube戦略を正しく身に付ければ
まだまだ稼げます!
今なら先着無料特典を受け取れます。