馴れ初め話

【馴れ初め話 感動】俺は親父の家庭菜園で嫁をゲットしたw「嫁とお別れが近いので忘れないように」

 

俺は親父の家庭菜園で嫁をゲットしたw「嫁とお別れが近いので忘れないように」

 

 

 

 

嫁とお別れが近いので忘れないように思い出してみる

俺は親父の家庭菜園で嫁をゲットしたw


親父が趣味で作ってる野菜がいつも収穫時期になると
半端ない量になるんで

俺が就職してからは食べきれない分を
職場に持参してお裾分けしてた

いつもそれでも捌けないほどあるんで親父は
時々お袋に叱られたりもしてたわ


ある年、よその支店から転勤してきた女子に
はじめてお裾分けしたときのこと




スポンサーリンク





 

 

その時トマトとピーマンと丸レタスときゅうりだったんだが


「こんなにいいんですか?これは貰いすぎですよねw
えっ?まだいいんですか?」


てな感じで、他の人が持ち帰れない
余りほとんどを彼女が貰っていった


袋に入りきらなくて最終的には俺が
持ち込んだダンボごと引き取っていったんで俺びっくり


つい、「馬でも飼ってるの」と
かわけわからん突っ込みをしてしまったが

彼女は屈託無く「自分で食べますよ。ダイスキなの」と笑って、

俺はその「ダイスキ」にちょっとやられたw

それから毎度のお裾分けを彼女はいつも本当に喜んでくれた


俺はいつの間にか彼女を喜ばせるためにせっせと
野菜を職場に持ち込む様になってた


 

 

彼女は「貰ってばかりでは悪いから」と言って、

俺ん家の野菜で食事を振る舞ってくれるようになった

食卓の野菜率が半端ないw


たとえば大量のきゅうりは中華風のおつまみやら
もろきゅうやら床漬けやらキムチやら

細い千切りが酢の物に入ってたり
普通のサラダにものっかってたり

酢豚にも入ってたりして

そして、どれもすごく美味かった。

俺は柴漬けが家庭でできるって初めて知ったわw


彼女が食べる野菜の量もすごかった

ご飯は茶碗半分くらい、
肉とか魚は小さいの1~2切れくらいなのに

丸レタスの大葉を4~5枚は当たり前に食べるし
トマトは1人あたり2個の計算w

千切りキャベツのコールスローは1玉全部刻んでた奴も1食分w


ケンミンの焼きビーフン、俺は以前は1食2袋だったけど
彼女が作ると具で腹がふくらむw

キャベツとピーマンと白ネギがうまいw 
俺ネギ嫌いだったのにwww

冬は白菜と大根があると大根おろしの
雪野原みたいな鍋が出てきて

鱈とか牡蠣とか入ってて美味くて激しく感動した。

家では食ったことなかったし
大根を干して自家製の干し大根になったのも
たくわんが自家製なのももう驚きの嵐だったよ


で、あるとき彼女が


「俺さんの家はいいなあ。お野菜を作るのが趣味のお父さんがいて

いつも畑にはなんか野菜があって楽園みたい。

今ねー、トマト1個で200円超えることもあるんだよー」とか言ったんで

俺は釣られる魚のごとくw 

その発言に食いついてプロポーズしましたとさ



嫁さんと結婚してから最初の2年で体重が15kg減ったよ。

つきあってた間にも4~5kgは減ったから
トータルで20kgくらいの減量になった


以前は肉魚米以外はほんの箸休めくらいにしか
思ってなかったけど結婚後の食卓は野菜メインになったしw


「野菜つくってる家の人間とは思えんw」なんて
弄られてたメタボを卒業できて、体が軽くて楽しかったんだ


お袋も痩せられてすごい喜んだ。

それまで、お袋が痩せられないのを
気にしてたとか全く知らんかったよ

特に親父はことのほか喜んでがわw 

野菜が喜ばれてお袋に文句言われなくなったしそのお袋は痩せたしw

結婚して10年くらい経ったころにしみじみ考えたことがある


つきあってた頃とか新婚の間に
「嫁以外は考えられん」って思うのは誰でもあることだと思うけど

俺はこの先も嫁さん以外の人とどうこうなれる気が
まったくしてなくて、変な意味で大丈夫かなって思ったりしたよ


なんかさ、嫁が来たっていうより
「帰ってきた」みたいにあっという間に俺の家
(畑か?w)にスコンとはまってさ


畑に野菜があるのと嫁が野菜と戯れてるのが
バリューセットみたいにくっついてしまってる


俺はもう肉ばっかり乗っかった焼き肉丼は
食べたいと思えなかったし

夏になるとアレ、冬になるとコレ、って浮かぶ食いたいものは全部、
嫁の野菜料理になってしまってた


メタボで地味な俺がほとんど苦労もせずに嫁さんゲットして

両親にもすごい運が良かった嫁さんを逃がすなって
言われるくらい姻族の縁に恵まれて


子どもこそできないまま来てしまったが、

両親も不妊で悩んで俺ひとりだけだったから

「夫婦で決めればいい」って言ってくれてて

「こんなに楽でいいのかって不安になるくらい幸せ」って嫁さんが言ってくれて、
俺も幸せだったんだよ


嫁さんは子どもいなくてよかったのかなあ。

支えになってくれたかも知れないけどなあ

なんか今でも「ふたりで幸せ」とか言ってくれる。

だから余計に申し訳なくて、哀しいんだ


俺のすい臓があんまりよろしくないらしいんだよ

医者は俺にはすい炎って言うけどね

 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


パソコンやスマホで「キュン死」続出!
本屋さんでは手に入りにくいマンガもいっぱい!
1度料金を支払って無期限で読める!

今大人気の電子書籍のサービス!!

→詳しくはこちらをクリック←



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪