馴れ初め話

【キュン死エピソード 社会人】月一で泊まりにきていた11歳年下の嫁。思い切ったことをしたもんだ…

 

 

月一で泊まりにきていた11歳年下の嫁。思い切ったことをしたもんだ…  

 

 

 

オフ会に参加して親しくなった数人と

飲みに行くことになってその内の一人が

連れてきた友達が嫁だった。


一目惚れだった。


その日の内に速攻SNSの連絡先を聞い
た。

次のオフ会に誘ってずっと隣を

陣取って話してた。




スポンサーリンク





 

 

周りには口説いてると思われてたらし
い。

間違いではない。


その時電話番号をゲットした。


勇気を出して電話でデートに誘った。

OKだった。


好きだというプラネタリウムに

行きウインドウショッピングをし

これかわいいねーと言った雑貨を

トイレに行くと行って、

こっそり買いにいくという小賢しい

真似もした。


お洒落なお店に行き告白した。


好きな人がいるからと断られた。


詳しく聞いてみると数年前からの

片思いのようだったので、

自分の思いをこれでもかと伝えて

OKをもらった。


酔っていたのでなんて説得したのか

覚えていない。



恋人同士になってから毎週のようにデー
トした。


親に内緒で月一で泊まりにきてくれた。


嫁は今まで男と付き合ったことがないと
のことだった。



 

 

泊まりとは思い切ったことをしたもん
だ。

ご両親知ったら卒倒するだろ。


2年くらいたって、ご両親に挨拶させて
くれと頼んだ。


俺は結婚を意識していたが、

相手はそこまで重くは考えていない

だろうと思ったし

何よりずっとご両親にウソを

つかせるのは申し訳ないと思っていた。


拒否された。


今まで彼氏がいたことがないから

どうやって話せばいいのかわからない。


恥ずかしいと。

もう少しこの恋人っていう状況を

楽しみたいと。


そんなのが半年くらい続いても

まだうんと言ってくれないので

賭けにでた。


会わせてくれないなら別れるよって。


俺は当時33歳だったので

これで別れるなら結婚は諦めようと

決めていた。


それくらいの覚悟で言った。


すぐに時間と日にちを設定してくれた。


最初の挨拶は滞りなく終わった。

それから数か月後プロポーズ

するために最初のデートコースを

巡って告白したお店でプロポーズした。


最後の方は緊張と涙で

うまく言えなかったけどOKをもらった。

相手も泣いていた。



そして数日後会社が潰れるとアナウン
スがあった。


とりあえず猶予は一年くらいあったので

死にもの狂いで転職先みつけた。


同時進行でふと小耳に挟んだことを調
べてみた。


相手の親族にお堅い職業の方がいて

犯罪歴のある人間は身内になれない。


俺はもちろんない。


でも死んだ親父には犯罪歴がある。


調べてもよくわからんし

会社潰れるとダブルパンチだから

かなり落ち込んだ。

マジで親父を呪った。

すべてを呪った。

ほんと死にたくなった。


初めて嫁の前で泣いた。


当時嫁がメンタル支えてくれなかったら
今いないと思う。


そんなのをなんとか乗り越え

ご両親に娘さんをくださいと

お願いする日がきた。


反対される、ぶん殴られるは覚悟してい
た。

11歳差だし。

すんなりOKが出た。


すんなりすぎて聞き返した。


娘が選んだんだからいいよって。

泣きながら何度もありがとうございます
て言った。


それから籍を入れその数週間後に

妊娠が発覚し

(ちゃんと籍を入れてからです。

その順序は守ってます)結婚式をあ
げた。

その時の子供は1歳になったよ。


長くなってしまいましたが以上です。

 

 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


パソコンやスマホで「キュン死」続出!
本屋さんでは手に入りにくいマンガもいっぱい!
1度料金を支払って無期限で読める!

今大人気の電子書籍のサービス!!

→詳しくはこちらをクリック←



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

 

 
・YouTubeはもう稼げない…
・収益化を外された…
・一向に審査が通らない…

最新版のYouTube戦略を正しく身に付ければ
まだまだ稼げます!
今なら先着無料特典を受け取れます。