馴れ初め話

【馴れ初め まとめ 幸せ】花火をみた帰りにファーストキス、その夜俺の部屋に泊まることに…ムフフ

 

花火をみた帰りにファーストキス、その夜俺の部屋に泊まることに…ムフフ

 

 

 

 

もう10年以上も前、

東京行き夜行高速バス。


仕事が遅くなった俺と

志望大学の場所を確認の為に

乗り込んだ嫁。


嫁「…(わ、隣変な男だ、嫌だな)」

俺「あ、こちらの席ですか(お、可愛い
ぞ、ラッキー)」

しばらくして寝入ると嫁が俺をつんつん
してくるw


俺「あ、何でしょうか?(俺に気がある?
話したいってか?)」




スポンサーリンク





 

 

嫁「いえ、何も(イビキうるせーんだよ、
タコ)」

しばらくの沈黙の後


俺「よかったら少しお話しません?(ダメ
元でいいか)」

嫁「はい(良し、こいつの目を覚まさせて
おいて先に寝てやろう)」


その後嫁の第一志望が学部は違うが

偶然俺の出身校だったので、

話が盛り上がった、ていうか

一方的に一時間ほど俺が話した。


嫁「そろそろ眠いので

(空気読めよ、馬鹿)」


俺「ええ、失礼しました(このチャンスを
どうしよう)」


嫁の作戦通り興奮してよく眠れず

微かな寝息を上げている横顔を見詰め
てた


朝になると嫁は全く俺に感心を示さな
かったので困った。


 

 

俺「あ、合格したら連絡下さい(何で冷
たいんだよ)」


嫁「ええ、(何この名刺、しかも手書きの
は個人携帯アドレス?)」


3ヵ月後、嫁から「不合格でした」という
メールが来ても、

すっかり忘れてて直ぐに

思い出せなかった。



第一志望だった俺の卒業校に

落ちた時、嫁は俺が凄いと

思っちゃったらしい。


だから何となく、もう一度話したくて
メールしたそうだ。


ちなみに嫁が受けた学部は一番難関で
俺の出身学部はソコソコ。


滑り止め(MARCH)が受かってたから上
京したら会いたいと。


「実際にあってみると軽薄だという第一
印象通りだった」by嫁


これは全くの偶然だったのだが、

嫁が大学一年の時通うキャンパスと

俺が一人暮らししてた場所が近かった。


彼女がいない自分の前に

好みのおんにゃのこが現れた、

猛アタックですよ。


毎週末東京暮らしのアドバイスと称して
デートに誘ったw


嫁が大学生活に馴染んで世間を

見渡す前にステディな関係まで

持ち込む作戦が見事に

成功したんだと思う。



嫁の入った学部は女性の割合が
多いのも良かった気がする。


嫁と俺は6つ違いだから話は合わない。


だからいつも聞き役に徹しているうちに
頼れる大人と勘違いしたらしい。


その夏花火を一緒にみた帰りにファース
トキスをしたら、

その夜に俺の部屋に泊まる状況まで

進展し、、、ムフフ


次の朝目を覚ました後

見詰めあいながら、


俺「順番が逆だけど結婚を前提に付き
合って欲しい」

嫁「私はずっとそのつもりでしたよ?」


後は社会人として正式な婚約作業を
淡々と、、


嫁両親がまだ早いと言って

反対してたけれど、その頃は

味を覚えたばかりの嫁、、、

ムフフ、、が俺に従順だったもんで。


で、嫁が大学卒業した秋に結婚。

 

 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


パソコンやスマホで「キュン死」続出!
本屋さんでは手に入りにくいマンガもいっぱい!
1度料金を支払って無期限で読める!

今大人気の電子書籍のサービス!!

→詳しくはこちらをクリック←



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

 

 
・YouTubeはもう稼げない…
・収益化を外された…
・一向に審査が通らない…

最新版のYouTube戦略を正しく身に付ければ
まだまだ稼げます!
今なら先着無料特典を受け取れます。