馴れ初め話

【馴れ初め まとめ 幸せ】投げ技かましてぶん投げた相手が今の嫁なんだけど、興味ある人いる?

 

投げ技かましてぶん投げた相手が今の嫁なんだけど、興味ある人いる?

 

 

 

 

とりあえず出会った当時のスペックが

俺→高2年、空手部員、空手道経験者(段は無し)、
周りから舐められまくりのヘタレ

嫁ちゃん→高1年、空手部員、空手有段者、当時の空手部部長の妹


初めて嫁ちゃんと出会ったのが新入部員との
顔合わせの時だったんだけど、

その時に新入部員への歓迎がてら、ちょっとした組み手をやったんだよ。


その時に当時の部長(嫁兄)が最初に俺と嫁ちゃんを指名したんだ。


俺が稽古で手抜きしまくるヘタレだったせいで
部長には嫌われまくってたから、

部長としては俺に恥をかかせてやろう、

ぐらいの気持ちだったんだろうね。

それで俺と嫁ちゃんは組み手することになったんだ。




スポンサーリンク





 

 

ヘタレの俺でも流石に一年生の新入部員、

しかも女子に負けたらヤバイと思って少しやる気出したんだけど、

やっぱり女子に本気で突きやら蹴りを出すのは気が引けたんだよね。


でも嫁ちゃんも流石に空手道着を着たキングコング(部長)の妹だけあって
女子とは思えないほど強い強い。


お陰で手抜きする余裕がなくなって部活の組み手では
披露してなかった戦い方を使う羽目になった。


で、部活では使ってなかった相手の攻撃をいなす戦法を
嫁ちゃん相手に使ったんだよ。


 
それで何とか嫁ちゃんの突きやら蹴りを捌いてたんだけど、

格下に攻撃を捌かれてムキになったのか嫁ちゃんの
攻撃のペースがどんどん上がってきたんだよ。


でも体力の配分を考えないハイペースで動き回ったせいで
俺の息が少し上がる頃には嫁ちゃんは完全に息が上がってた。


それでも嫁ちゃんは攻撃を辞めずに向かって来るんだわ。


だけどそんな状態で突きやら蹴りを出しても
ぶっちゃけ隙にしかならないんだよね。

その隙に乗じて嫁ちゃんに大外刈をかけたんだよ。

その時にどうも勢いを付けすぎたらしくて嫁ちゃんが
思い切り後頭部を床にぶつけちゃって脳震盪を起こしちゃったんよ。



 

 

脳震盪起こしたら当然、

組み手なんて出来ないからそこで組み手終了。


俺は部長に無言でボディーブローかまされた後に
嫁ちゃんを保健室まで運ぶのを手伝って、

脳震盪起こさせてしまった罪悪感と
稽古サボりたさに嫁ちゃんが目覚めるまで

保健室で嫁ちゃんが起きるまで待ってた。


で、1時間ぐらいしてから嫁ちゃんがいきなり目を覚ましたんだよ。

その時の第一声が「オス!」だったのは今でも覚えてる。

ちなみに後で本人に何で第一声が「オス!」だったのか
聞いたら記憶が混乱してたせいらしい。



起きた嫁ちゃんと一緒に部長の所に報告しに行ったら
既に部活は終わってて居残り稽古をしてた部長に
嫁ちゃんを家に送るよう言われた。


ぶっちゃけ自分がぶん投げた女子と一緒に帰るなんて
気まずくて嫌だったんだけど、

部長には逆らえないから仕方なく家まで送ったんだよ。


帰り道の途中で嫁ちゃんに
「もう一度、私と組み手してください」って言われた時は驚いたわ。


でもまたうっかり勝って部長にしばかれるのも、

負けて恥かくのも嫌だったから断ったんだよね。


そしたら「せめて部活の後の居残り稽古に付き合ってください」って言われてまあ、
それぐらいならと思って承諾したよ。

今思えばあの時の俺GJだよ。


居残り稽古に付き合ってなかったなら
嫁ちゃんとのあれやこれやは無かったろうしね。

そんで嫁ちゃんをぶん投げた次の日から
俺が卒業するまで部活が終わってからの嫁ちゃんの
居残り稽古に付き合うことになった。



嫁ちゃんの居残り稽古に付き合うようになってから
4ヶ月ぐらい経った頃にうちの高校と他校の空手部で
練習試合をする事になったんだ。


で、その練習試合に出るメンバーに嫁ちゃんが選ばれたんだよ。


そんでメンバー発表が有った日の居残り稽古で
いきなり嫁ちゃんが「先輩の戦い方を教えてください」なんて言い出したんだわ。


俺としては嫁ちゃん相手に使った戦法は
誰にも教える気は無かったから断ったんだけど

嫁ちゃんにすんごい食い下がられた。


「何で俺みたいなヘタレの戦い方なんて習いたいんだよ」って聞いたら

「先輩が私に勝ったからです」なんて真剣な目をしながら
言われて思わず「お前はクンフージュゴンかい!」と声に出して突っ込んだよ。


でも嫁ちゃんってクンフージュゴンと違って
食い物で引き下がるような相手じゃないんだよね。


で、俺は無茶ぶりして嫁ちゃんに諦めさせようと思って
「なら俺と一日デートしてくれたら教えるよ」って言ったんだよ。


そしたら嫁ちゃんが
「いいですよ。練習試合が終わったらすぐ行きましょう」と返してきた。


ちなみに嫁ちゃんとの初デートは
俺が卒業する1ヶ月前までしなかったよ。


無茶振りで諦めさせるのも無理っぽいので
仕方なく相手の攻撃をいなすやり方やいくつかの投げ技をレクチャーした。


レクチャーの甲斐あって嫁ちゃんは練習試合で勝った。


その練習試合終了後に嫁ちゃんがめっちゃ良い笑顔で
「先輩のお陰です!ありがとうございます!」と言ってくれたんだけど、

その時の笑顔で俺は撃墜ましたよ。

それ以来、嫁ちゃんとの居残り稽古が楽しみで仕方なかったね。

それを知ってか知らずか部長の
俺へのしごきがいっそう厳しくなったけど全然、辛くなかったわ。


部活で部長にしごかれ、たまにしばかれながら
嫁ちゃんと居残り稽古してたせいか、

部長が卒業したせいか知らんが3年生になる頃には
俺もちょくちょく大会やら練習試合に出してもらえるようになってた。

3年生にとって最後の大会では怪我のせいで出れなかったけどね。


そんで卒業の1ヶ月前に嫁ちゃんとデートした。


ただ、あまりに緊張しすぎて初夜ともども、
その時の記憶が全く無いんだけどね。

で、ついに卒業式の日になった。


卒業式が終わってから嫁ちゃんに道場に呼び出されて
最後の二人だけの稽古をした。


それが終わって嫁ちゃんを家に送る帰り道で俺は
何を血迷ったのか嫁ちゃんの家の前で嫁ちゃんを
いきなり抱き締めて「嫁ちゃんのことが大好きだ。


ずっと一緒にいたい」などと告白したんだよね。


嫁ちゃんが抱き締めと告白の驚きから回復して
耳まで真っ赤にしながら「はい…」と言ってくれた時はもう、
死んでも良いと思ったわ。


そしてその一部始終をキングコング部長こと嫁兄に目撃されてたよ。

今でも嫁ちゃんの実家に里帰りした時は毎回、
その時の物真似をやられる。

嫁ちゃんが就職して3年経つまで彼氏彼女の関係がつづいて


就職してから4年目に結婚したわ。


で、初夜を致したんだけど緊張しすぎたせいか

その時の記憶が夫婦揃って全く無い。


でもきっちりそのあと長女が生まれてるから致した事だけは確か。

今は長女と長男に猫一匹の暮らしです。


最近、長男が空手を始めたいと言い出したので
教えるために必死に型を稽古してます。

以上です。 

 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


パソコンやスマホで「キュン死」続出!
本屋さんでは手に入りにくいマンガもいっぱい!
1度料金を支払って無期限で読める!

今大人気の電子書籍のサービス!!

→詳しくはこちらをクリック←



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

 

 
・YouTubeはもう稼げない…
・収益化を外された…
・一向に審査が通らない…

最新版のYouTube戦略を正しく身に付ければ
まだまだ稼げます!
今なら先着無料特典を受け取れます。