馴れ初め話

【馴れ初め まとめ 幸せ】俺は服屋の店長24歳。嫁は新人18歳だったが、頑張ってる嫁をみてて…

 

俺は服屋の店長24歳。嫁は新人18歳だったが、頑張ってる嫁をみてて…

 

 

 

 

自分が初めて嫁と会ったのは、

自分=24

嫁=18の時だった。

自分は当時服屋の店長やってた。


うちの会社はほんと

入れ替わりが激しくて、

3年続けば古株扱いになるような感じ。


服が好きでーって入ってくる子

多いけどすぐやめちゃう。




スポンサーリンク





 

 

着るのと売るのじゃ全然違うもんね。


自分もその時5年目で、

上から売上売上と言われるのに疲れて、

毎日ため息ついてた。


んで、そんな所に中途入社してきた

彼女。


人事から若い子が入ってくる

とは聞いていた。


ちょっと幼い感じがかわいいんだけど、

緊張しいなのが見てわかる。


あーこの子は売れる子だわー、

売上上がるかもと、ちょっとやる気が

復活した。



んで今までは副店長に教育を

担当してもらっていたのを、

今回は自分が教えることにした。


入社時のスーツとか、

たまたま見た私服がうちのブランドの

服だったから、「御社のブランドが

好きでー」のタイプかと思ったら

そうでもないらしい。



 

 

まず、服の用語があまりわかっていない。

かっとそー?れいやーど?なにそれ状態。


あと、他のブランドとか流行りの服の話を
してもぴんときてない。


まあでも自分もそうだったし、

今から詳しくなってもらえれば

いいやって感じだった


それでお勉強ついでに自分が

普段参考にしている雑誌

教えてあげたり、その子が仕事中に

着る服を一緒に選んだりしてた。



ある日彼女がお客さんからお礼の電話を
もらっていた。


お姉さんが選んでくれた服をきて

デートにいったら、彼氏にかわいいって

言われたとかなんとか。


おーよかったねえとつたえるやいなや

泣き出す彼女。


この仕事がんばっててよかったー

(泣)みたいな感じ。


それからかな、彼女が好きになっていっ
た。


好きなんだけどフラれて仕事に

支障が出たら嫌だなあ、

それならこのままか、

とよくある考えに落ち着いて3年たった。


店が閉店することになった。



自分は地方への転勤を勧められた。


悩んだ結果退職することにした。


営業最終日、たくさんのお客さんが来て
くれて花とかケーキとかくれた。


閉店して電気をけしたら彼女が花束をく
れた。


女「店長お疲れ様でした。」

俺「いやこちらこそ最後までありがとう」

・・・

・・・

女「私店長に憧れてこの店にはいったんで
すよね」

女「私ここ入る前に就活用のスーツとか
買いに来たことあるんです」

女「それでその時接客してくれたのが店長
で」

女「あーこの人おとこの人なのにすごい
なーって思ったんです。」

女「この人みたいに楽しく仕事できたらい
いなーって」

女「もともと服屋とか考えてもいなかたん
ですけど」

女「入社して店長に教えてもらえるのが
すごい嬉しかったです」

女「店長がいたから私は頑張れました」

女「私もっと店長と一緒にいたいです。付
き合ってください」


毎日つらくて泣きそうだったけど、

お客さんの前では絶対笑顔で

いるようにしていた。



その笑顔で頑張ろうと思ってくれる人が

いた。


自分の8年が無駄じゃなかったって

思ったら涙がでてきた。


無事去年結婚。


以上なれそめ。


長女誕生記念カキコ



ああ本当に鈍感だわw

自分が接客した相手くらい

覚えとけと今でも嫁に言われる。


読んでくれてありがと。

みんな幸せになあれ。

 

 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


パソコンやスマホで「キュン死」続出!
本屋さんでは手に入りにくいマンガもいっぱい!
1度料金を支払って無期限で読める!

今大人気の電子書籍のサービス!!

→詳しくはこちらをクリック←



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

 

 
・YouTubeはもう稼げない…
・収益化を外された…
・一向に審査が通らない…

最新版のYouTube戦略を正しく身に付ければ
まだまだ稼げます!
今なら先着無料特典を受け取れます。