馴れ初め話

【馴れ初め まとめ 幸せ】嫁はフランスでアパートの鍵を失くし支援した俺。着替えているのをみて…

 

嫁はフランスでアパートの鍵を失くし支援した俺。着替えているのをみて…

 

 

 

 

僕と奥さんの出会いは

日本ではなくフランス。


出会ったときは僕は26歳で大学院、

奥さんは25歳で資格の為に

フランスに留学してました。


僕はいつも友達が受付で

働いているホテルに遊びにいってて、

奥さんと始めてあったときも

友達のホテルにいて

お喋りしていました。




スポンサーリンク





 

 

ホテルの玄関のチャイムが鳴って、

入ってきたのが奥さんでした。


「空室ありますか?」と受付の友人に

聞いてましたがその日はたしか

金曜日で満室。


「では鍵屋さん知りませんか?

家の鍵落として家に帰れません」って

聞いてました。


その時僕はホテルの奥の部屋に

いましたが、その会話が聞こえて

気になったので

「僕の友達に鍵屋さんいるよ」って

嘘ついて話聞きにいきました。


奥さん、まるで世界が終わってしまう、

みたいな顔してて可哀想になって、

家に連れ込もうって考えました。


いつも部屋貸してもらってる友達に

電話して、鍵借りて友達の家に

行きました。


 

 

奥さんは多分パニックで

僕のこと全然気にしてなかったけど、

僕は仲良くする気満々でした。


インターネットで鍵屋さんを見つけて

電話しました。


一時間位掛かると言われたので

その間に一回、って思ったけど

凄い拒否された。


準備万端だったのに拒否って酷くない?


しばらくして奥さんの家に行って

鍵屋さんも来て鍵を

開けようとしてたけどあかなくて、

鍵を交換するしかないって言われて、

交換するのに深夜料金だから

1100ユーロとか言われた。


日本円だと15万円くらい、

明日の朝やれば700ユーロって

言われて、詐欺だと思ったから

明日の朝また連絡するって言った。


そうしたら「今の分320ユーロね」って

言われて、開けられなかったのに

320ユーロとかおかしくないか?って

思ったら怒っちゃって、

鍵屋さんと喧嘩して320ユーロで

領収書ありか、

300ユーロで領収書なしか選べ!って

奥さんに言ったら、奥さんは

鍵あかないし僕たち喧嘩してるし、

この時警察呼んでたからで

大パニックで300ユーロで

領収書なしを選んでしまった。



領収書無しだとそのまま

この鍵屋さんのポケットに

全部入ってしまう、

奥さんはバカだなと思ったけど、

パニックだったら仕方ないです。


払って明日の朝まで友達の家で

過ごすことにしました。


シャワー浴びて、

奥さんもシャワー浴びたんだけど、

キッチンのすぐ隣がシャワーボックスで、


後ろ向いてたけど着替えてるのみて

興奮したからもう一回

襲おうとしたけど、

泣いてしまったので諦めた。


この時ちょっと可愛かった。


翌朝他の鍵屋さんに電話して、

建物の前で待っていたら、

一階のお店の人が

「鍵ないんですか?開けましょうか?」

って聞いてきたから、

「今ちょうど鍵屋さん待っています、

ありがとう」って言って、

そのお店の人が店の中に

入ろうとした時に奥さんが

「それ、私の鍵!!!」って叫んだ。



そうしたらお店の人が

「やっぱりあなたのでしたか、

昨日忘れてたんですよ」と奥さんに

鍵を渡してた。


すぐ鍵屋さんに電話して、

怒ってたけど断って、

そのあとは僕は午前中休んだけど

仕事しに行きました。



何日か後にお礼に

夕ご飯奢ってもらって、

何回か会って付き合うように

なりました。


3年間パリで同棲して、

結婚して今は日本に住んでいます。

 

 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


パソコンやスマホで「キュン死」続出!
本屋さんでは手に入りにくいマンガもいっぱい!
1度料金を支払って無期限で読める!

今大人気の電子書籍のサービス!!

→詳しくはこちらをクリック←



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

 

 
・YouTubeはもう稼げない…
・収益化を外された…
・一向に審査が通らない…

最新版のYouTube戦略を正しく身に付ければ
まだまだ稼げます!
今なら先着無料特典を受け取れます。