馴れ初め話

【馴れ初め 感動する話】嫁と俺は同じ中学。俺は嫁しか知らないし、嫁もきっと…

 

嫁と俺は同じ中学。俺は嫁しか知らないし、嫁もきっと…

 

 

 

 

俺「これ君にあげるよ」

恥ずかしさでイッパイだった。


嫁「…ありがとう!」すごく驚いていた。


嫁と俺は同じ中学、

でも違うクラスで会話は

したことなかった。


修学旅行で東京ディズニーランドに

いった際の班別自由行動で、

嫁のいた班と俺のいた班が

偶然一緒にシンデレラ城ツアーに行っ
た。



知っている人もいるかと思うが

最後に勇者が選ばれて、

アトラクションに参加して、

その褒美にメダルがもらえたのだ。





スポンサーリンク





 

 

一番前にいた俺は学級委員で

班長だという名目で他薦され

勇者になった。


何をやったかは覚えていない、

ただハイテンションなクルーから

最後にメダルが手渡されていたのを

覚えている。



何となく恥ずかしくなり

そのメダルを貰って、

直ぐ目のあった嫁に押し付けてやろ
うと思っただけだった。

そのはずだった。


 

 

結婚式をあげた日は違うのだが、

入籍した日はメダルを嫁に渡した日、

その日はいつも嫁は

そのメダルで作った

ネックレスをしている。


もう二人の子供も

学校にいっている歳のに、

その記念日はいつも真っ赤な顔で

照れてまくる嫁、、、、と俺。


嫁と俺は切っ掛けが切っ掛けだから、

常に自分達の気持ちより

回りが先行した。


そんな状況を意識してしまい、

2人になると常にテレまくるのが

デフォだった。


中学の時は

学校公認カップルだったが、

2人で会話したのは

志望高校の確認だけ。



2人ともちょっと離れた

進学校にはいったけれど

クラスが重なる事はなく、

ただ毎朝同じ電車に

乗っている相手を確認しあうだけ。


少なくとも俺は意識を

すごくしていたけれどね。


地味顔だが結構美人な嫁は

何度か告白されたようだが、

「好きな人がいる」と断っていた模様。


高2の冬休み、嫁の母に

偶然会って進路志望を

詳しく聞かれた位。


お互い現役で何故か同じ

東京近郊の国公立大学に合格した。


学部は違ったけれどお互い

一人暮らしで心細かったので

会話するようになり、2人とも

サークルに入らず、

一緒のアルバイトをはじめ、

夏休みにはテレながら「初めて」を交換
し合った。



今でも俺は嫁しか知らないし、

嫁もきっと俺しか知らないだろう。


俺は離れていても嫁の事を

常に意識するのが癖になってしまって、


浮気しようという発想が浮かぶ余地が
ない、、多分嫁も


こういう、幸せなんだろうなぁ


中学だとわからんが、

大学同級生だとちょっと違うかな。


夫婦や恋人よりもまず友人、

同級生という感覚が抜けないから、

互いに甘えたり甘えさせたりしない。


自分のことはしっかりやってよ、

という友達夫婦という感じかな。


いいか悪いかは別だが。

すれ違いすまん。

 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


パソコンやスマホで「キュン死」続出!
本屋さんでは手に入りにくいマンガもいっぱい!
1度料金を支払って無期限で読める!

今大人気の電子書籍のサービス!!

→詳しくはこちらをクリック←


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

 

 
・YouTubeはもう稼げない…
・収益化を外された…
・一向に審査が通らない…

最新版のYouTube戦略を正しく身に付ければ
まだまだ稼げます!
今なら先着無料特典を受け取れます。