馴れ初め話

【馴れ初め まとめ 幸せ】酒乱父から暴力を受けていた女の子を助けたら・・・

 

酒乱父から暴力を受けていた女の子を助けたら・・・

 

 

 

 

酒乱父から暴力を受けていた女の子を助けたら今の嫁になっていた。

…さほど目新しくもないな…ごめん忘れて、お願いします。


実は俺の親父は酒乱でさ、
小さい頃から暴力を受けてたんだ、俺。


一番古い俺の写真は右腕にギプスつけてる。




スポンサーリンク





 

 

酔った親父に高い高いされたら
親父が受け止め損ねてそのまま落下したらしい。

酔った親父と殴り合いの喧嘩したのが小1の頃だ。


ボッコボコにされたけど俺もやり返したら

それ以来2度と酔っても俺に手をあげようとはしなかった。

その代り祖母と母への暴力が激しくなったんで、

酔った時に親父を殴り飛ばすのが

俺の仕事になったんだ。


「あの人(親父)は酒さえ飲まなきゃいい人なんだ」

これが祖母と母の言い分だった。

でも俺は納得できなかった。


「酒さえ飲まなきゃ…って言っても
酒飲んでない時の親父を俺は見た事がない。


当人が酒止める気ないんだから、やっぱり親父は最低最悪の人間だ。」

これが当時の俺の考えだったし、今でもそう思ってる。


それから程なくして両親は離婚、母は俺と祖母を連れて家を出た。

祖母は母からしたら姑なんだけど、
母と祖母は仲が良かったからね。

親父とはそれっきり会ってない。

母も知らないらしい。


祖母は俺が中1の時に天寿を全うした。




俺は職業訓練校を修了後、
地元の建築会社に就職が決まった。



 

 

仕事柄飲み会は多かったが、
仕事上の付き合い酒もなるべく行かないようにしたし、

プライベートでは一切飲まなかった。


自分もあの親父の血をひいてるんだから
俺もああなるんじゃないか、

そう思ったらとてもじゃないが無理だ。


上司や仲間内には「酒乱の気があるんで…」と嘘?を言って酒は一切断り、

その代りにハンドルキーパーとして飲み会には参加していた。


ある時飲み会で酔いつぶれた上司を自宅に送っていく事になった。

ご自宅の前で上司を奥様に引き渡して帰ろうとしていたところ、

隣の家がやたらと騒がしかった。

奥様に尋ねると

「あちらのお宅はね…旦那さんがちょっと酒乱でね…
飲まなきゃホントいい人なんだけどねぇ」

と教えてくれた。


頭に血が上ったが上司のご近所さんの事情に
首を突っ込むのも…と躊躇していたら

玄関から女の子が泣きながら飛び出してきた。

奥様に向かって

「おばちゃん助けて!お母さんが頃されちゃう!」

女の子は顔を腫らして、口元から血が流れていた。


それを追いかけるようにして、
隣の家からランニングシャツとパンツ姿の男が追いかけてきた。

足元がおぼついてない。

明らかに酔っぱらっていた。

奥様に
「どけババア!」

と怒鳴った上、女の子を捕まえ


「おら○○(女の子の名前)、さっさと家に入れ!俺に恥かかせんな!」

と髪を引っ張るようにして連れて行こうとしていた。


もう無理だった。奥様に

「すみません、警察呼んでください」

と言い残して男に殴り掛かった。


今でもはっきり覚えている。「氏ね!」と
叫びながら殴りつけた。


気が付いたら両手が倍ぐらいに腫れ上がってたが、
とにかく殴り続けた。

パトカーのサイレンが聞こえてきたところで
殴るのを止めた。

これで女の子が助かるってわかったから。


警察官が3人出てきて、
俺はパトカーに乗せられて最寄りの警察署で事情聴取を受けた。

俺は一切酔ってなかったんだけど一応アルコール検知を受けて、
取調室?会議室?

みたいな場所で取り調べ。

解放されたのは明け方だった。


調書取るのはわかるんだけど何度も同じ事を訊かれるのはウンザリだったな。


警察署を出て上司に電話して迎えに来てもらったら、

助けた女の子とお母さんが一緒に来ていた。

お母さんは俺に感謝とお詫びをずっと言っていたが、

俺はお母さんに

「あの男とお子さんのどちらが大事なんですか?

あの男の事を『酒を飲まなきゃいい人』なんて

思ってませんか?酒を止める気のない人間は
『酒を飲むクズ』でしかないんですよ、子供にとっては」

とだけ伝えた。


女の子は湿布と絆創膏で覆われた顔だったけど、笑顔で

「ありがとう、おじちゃん!」

と言ってくれた。俺当時20代前半だったんだけどなぁ…。


ここまでが嫁さんとの馴れ初めかな。スレ汚しごめんなさい。



その後上司からあの男がやってきた救急隊員に警察官の前で暴力を振い

この警察署に連行された事を聞かされた。

会社にこの件を報告したら、社長が


「社長としては警察沙汰になった以上罰を与えるべきなんだろうが、
私個人としては褒めてやりたい」

と特に御咎めなし。上司も

「何かあったら手助けするから」

と言ってくれた。


それから数日後、弁護士が俺を訪ねてきた。

あのお母さんがついに離婚に踏み切ったらしく、

今回の件であの男が俺を訴えるようなら

力になってあげてほしいと言われたそうで、

この弁護士先生の助力と近隣住民の証言、

あの男のやらかした事が重なり不起訴処分となった。


それから2か月ほど経った頃に上司から


・あの男とお母さんがめでたく離婚、当然親権はお母さんに。

・あの男は慰謝料のため家屋を処分し引っ越し。

・お母さんと女の子はお母さんの実家に。

と教えてもらった。この時だけはいいよな、
と上司宅で祝杯。缶ビール(350ml)1本でヘロヘロになったけど。


それから数年後、社長の氏に伴うお家騒動に巻き込まれた結果退社、

自営でIT関連の会社を立ち上げた。といってもIT土方ってやつ。

某プロバイダとの契約をとりつけ、

母と2人暮らしなら十分やっていけるようになった。


ある日いつものようにPC設定のためにお客様宅を訪問したところ、
あの母子宅だった。

姓が変わっていたので全く気がつかなかったが、

お母さんは前日の電話連絡で俺とわかったそうで、

女の子に伝えたところ「自分も会いたい」と楽しみにしていたそうだ。


久しぶりに会った女の子は…凄く可愛くなっていた。


腰まである長い髪、くりっとした瞳。背は低いが…巨 ぬう。


母「お久しぶりです。この子綺麗になったでしょう?」

俺「そうですねー、あの女の子がこんなに…」

子「ちょっとお母さん!恥ずかしいじゃない!」

母「凄くモテるんですよーこの子ったら。でも未だに彼氏いないんですよー」

俺「そりゃもったいない。なんなら『おじちゃん』が彼女にしたいくらいですよーHAHAHA

 (おじちゃんと呼ばれたのちょっと根に持ってた&社交辞令のつもり)」

母・子「(身を乗り出して)本当に!?」


以下お母さん→義母、女の子→嫁さんに呼び名変わります。


こんな会話を経てこの日から交際開始、この当時俺30、嫁さん19

(余談だけどプロバイダ経由の仕事については個人的なお客様との連絡や
訪問は厳禁だったので責任者に事情をボカして報告、特別に許可してもらった。

後でバレると契約打ち切りもあり得るからね)


正直長続きしないだろうなーと思いつつも母に恋人として紹介したところ

母、まさか息子に恋人ができるとは思っておらず(失礼だよな)大喜び。

そのうち俺がいなくても母に会いに嫁さんが家に来るようになった。

さらに俺の出張中に母、義母、嫁さんの3人で旅行に行くまでに。





3年後嫁さんにプロポーズ。わりとあっさりしてた。


「俺はお互いの父親みたいな夫にだけはならない。それだけは信じてほしい」

「絶対なるわけないよ!」

「そっか、じゃあ俺と結婚してください」

「はい!」

こんな会話だったと思う。それから同居→翌年に結婚。

間が空いたのは理由があって、今じゃ笑い話なんだけど、

当時(今もかな?)披露宴=酒宴のイメージが強かったんで、

俺が酒に慣れるための特訓期間だったんだ。


どうしても披露宴の最中に親戚やら友人が

「おめでとう!まぁ1杯」

みたいにお酌しにくるイメージがあってさ。


母も義母も嫁さんも「飲酒する男」に対するトラウマが強かったし、

特に俺に酒乱の気があったら…と思うとね。俺も怖かった。



どうにか「これなら披露宴も大丈夫!」「2次会もなんとかイケる!」

と確認し合う事ができたんで結婚へ向かってGO。

久しぶりに元上司宅を訪れて結婚する事を伝えると元上司も奥様も泣いて喜んでくださって、

仲人をかって出てくれた。


さて運命の当日、特訓の成果を見せるはずの俺は呆気にとられた。


案の定参列者(といっても両家合わせて50人くらい)がかわるがわる

お酌しに来たんだけど、皆ウーロン茶を注ぐんだ。

元上司と奥様が披露宴の前に参列者に向かって

「彼は酒に振り回された人生を送ってきたんだ。

彼を心から祝うために協力してほしい」

と頭を下げてくれたと友人に聞かされた。

俺達4人号泣。本当に嬉しかった。

今でも思い出しながら書いててウルウルしてるw

まぁ2次会では飲んだんだけどね。


現在は俺、嫁さん、母、義母、2人の息子(7才と4才)の
6人で一緒に住んでる。

実は秋に3人目が産まれるんだ。

今のところ息子に殴られるような
事態は起きていない。

一生起こす気もない。

以上です。


短くまとめきれなくてごめんなさい。 

 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


パソコンやスマホで「キュン死」続出!
本屋さんでは手に入りにくいマンガもいっぱい!
1度料金を支払って無期限で読める!

今大人気の電子書籍のサービス!!

→詳しくはこちらをクリック←



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

 

 
・YouTubeはもう稼げない…
・収益化を外された…
・一向に審査が通らない…

最新版のYouTube戦略を正しく身に付ければ
まだまだ稼げます!
今なら先着無料特典を受け取れます。