馴れ初め話

【馴れ初め 長編 感動】高2の時、本命のバレンタインケーキを作りたいという女子(嫁)に協力したら

 

高2の時、本命のバレンタインケーキを作りたいという女子(嫁)に協力したら

 

 

 

 

久々にクリスマス用のケーキの

材料買いに行って思い出した。


高校1年の今頃、

ブッシュドノエルの材料買いに

行ったケーキ屋のこと。

その店は自分の店で作ったケーキの

他に、材料や道具も少し売ってた。


周囲には秘密だが

お菓子やデザート類作るのを

ひそかに趣味としていた俺は、




スポンサーリンク





 

 

たまたまその店に買い物に来て、

そこでショーケースのケーキに

目移りしてる彼女に会った。


彼女「こんにちは、何買いに来たの?」


俺「ん?グランマニエ」


彼女「えーっと、それってどれ?おいし
い?」


俺「あ、いや、ケーキじゃなくて」


学校では同じクラスにいながら、

挨拶以外の会話は

たぶんそれが初めて。


お菓子作るのが大好きだと、

特にクラスの男連中に

知られたくなかった俺は、

暗に口止め料として

時々おやつをご馳走するようになって、



 

 

引っ越しの編入でその頃は

まだあまり友達出来てなかった

彼女と、それをきっかけに仲良くなった。


彼女、今となっては

「しょーがないじゃない、あの頃は

作れなかったし、食べるだけだったし」

とか、過去形で話すけれど、

料理は上手なんだが

お菓子は今でも食べるだけなんだよね、


俺に任せるとか言ってさ。



じゃあ付き合ったきっかけあたりを

詳しく。


あの店のなんとかいうケーキが

美味しいとか、どっかの国の

なんちゃらいうすごいデザートを

雑誌で見たとか、作るのが好きな

俺と食べるのが好きな彼女と、

方向性に違いはあっても

趣味は同じだから話も合って、

一緒にいて楽しかった。


まあ、良い友達だったんだな。


2年生の、やっぱり今頃だったかな。


彼女が突然、チョコレートを使った

お菓子の作り方を

教えてくれと言い出した。


バレンタインデーに贈りたい

3年生がいるんだって、

ようやくちょっと仲良くなったんだって。


珍しく真顔でそんなこと

言うもんだから、

俺は友達として応援してやりたくて、

一生懸命メニュー選んで

材料そろえて、休日の真っ昼間から

うちのキッチン占領して、

二人で頑張っていろいろ作ってみた。


ぷち料理教室だね。


で、その結果、

「このケーキを本命にする。食べてみて」

そう言って、レシピ覚えた彼女が

メニューいろいろ試しながら、

初めて一人で作って持ってきた。


ザッハトルテは、いちばん上手に

できた自信作と言うだけあって、

びっくりするほど美味しかった。


これ食べたら絶対オチる。


その3年生、喜ぶといいなって二人で

笑った。


でも、2月14日過ぎて、

やっぱり例の3年生には何も

贈らなかったと彼女に言われた。


理由を聞いたら、

二人でいろいろ作ったのが

すごく楽しかったから、

ちゃんと考えてみたんだと。


なんであんなに楽しかったのか、

仲良くなってからずーっと俺のことを

どう思ってたのか。


「だから、あの時食べてもらったのが

本命のケーキ」


そのままその場で告白されて

交際開始、数年後めでたく

結婚することになりました。



と、今では食べるだけの彼女が

昔一回だけ作ったケーキが、

俺達が付き合い始めたきっかけ

でしたというお話。


ヤバイです、

なんか書いててものすごく

恥ずかしいですw


詳しくってこんなんでいいんでしょうか
ね?

 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


パソコンやスマホで「キュン死」続出!
本屋さんでは手に入りにくいマンガもいっぱい!
1度料金を支払って無期限で読める!

今大人気の電子書籍のサービス!!

→詳しくはこちらをクリック←



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

 

 
・YouTubeはもう稼げない…
・収益化を外された…
・一向に審査が通らない…

最新版のYouTube戦略を正しく身に付ければ
まだまだ稼げます!
今なら先着無料特典を受け取れます。