馴れ初め話

【馴れ初め 長編 感動】嫁「大人になったらお嫁さんになってあげるー」。俺16歳だったが、まさか…

 

嫁「大人になったらお嫁さんになってあげるー」。俺16歳だったが、まさか…

 

 

 

 

嫁「はじめましてー」

俺「はじめまして、お父さんにお勉強を
教わってます」


高校生の時の恩師の娘

妙に懐かれてよく遊んであげてたら


「大人になったらお嫁さんになってあげ
るー」




スポンサーリンク





 

 

でも、まさかホントにお嫁さんになってく
れるとは夢にも思わなかった。


俺、年上好みだったし…

当時俺16歳で、嫁6歳



嫁が小学校3年生の時、父親が亡くなっ
たんだ


んで、寂しがって沈んでる嫁が痛々しく
て、俺は勢いで約束した


お父さんと一緒にやった楽しいこと、今
度お兄ちゃんとやろうって


誕生日、クリスマス、お正月も夏休み
も、楽しい事をたくさんやろうって


他に名案も無くて、その当時はとにかく
元気になって欲しいと思って

思いつく限りの楽しいこと、全部並べて
ゆびきりしたんだ



 

 

その場の勢いだろうと何だろうと、

子供相手の約束は絶対に守りたかった
し、

亡くなった先生に恩返しもしたかったし、

それでお母さんとも相談して、それから
しばらくは、

俺の我がままを通させてもらった


約束通り、誕生日もクリスマスもお正月
も夏休みも、


プレゼントしたりお祝いしたり、一緒に遊
びに行ったりした


だんだん元気を取り戻してくれるのが、
ただ嬉しくてね


でも、その時はそんなに長い付き合いに
なるとは思ってなかった


中学生になったり、いずれ新しい父親が
できたりすれば、


俺の出番なんかすぐに無くなるだろう
し、

そうなるべきだって思ってたんだよ、

本当に

って、なんか色々思い出したら文章まと
まらんわ、スマンね


中学校の卒業式の後、2人でお祝いし
てる時に告白された


恥ずかしそうに下向いて、緊張した様
な、切羽つまった感じで


俺がいつも一緒にいたのは

”小さい頃の約束を守るため”だけが

理由だったかも知れないけれど、

私はずっと前から好きでしたって。


どうしても俺にだけは気持ちを知ってお
いて欲しかったって


気持ちは嬉しかった。

でも俺そういう方面鈍いから、

そんな目で見られてたなんて、

それまで少しも考えた事が無かった。



可愛いとは思ってたけど、

それは家族に抱くのと同じ種類の感情
だった筈で。


だいたい、ぴかぴかのでかいランドセル
背負って

コケそうになってた頃から、

ずっと知ってるのに、いきなり恋愛感情な
んか持てる筈も無くて。


でも、だからと言って下向いたまま

顔も上げてくれない嫁に冷たい事も言
えず、


恋愛の対象として思える様に

なるまでには、少し時間が

要るかも知れないけど、


それでもよかったらゆっくり

付き合ってみようかって、

そんなふうに俺は答えた


実際、それで何か付き合い方が

変わったとかって訳じゃ無いけれど、

恋人っていうのは

たぶんこの頃からだと思う


で、そのままずっと付き合って、

高校を卒業した後、嫁が19歳の時に

結婚した。


世間的には早いんだろうけど、

その頃にはもう躊躇する理由が

何も無くなってた。


大人になったらお嫁さんになってあげ
る、ってやつ、

覚えてたのか思い出したのか、

プロポーズしたら、”さすが、

子供との約束は守るんですね”って、

嫁は泣きながら笑ったよ


ってやべえ、オラすっげえ恥ずかしくなっ
てきたぞ


嫁さんには調香師になるって

夢があって、進路も真剣に

考えてたから結婚は大学に進んで、就
職して、


きちんとキャリアパスが見えた頃かな
と、俺はそんな風に

考えてたんだけどね。


嫁さん高三の冬、俺は長期出張で地方
に出掛けてた事があって。


仕事に決着がついて後一ヶ月で

帰れる事になった頃、

週末の夜電話してたら、

嫁さんぽろっと口滑らせて

”あと一ヶ月かぁ…長いなぁ”


それまで、寂しいとか会いたいとか、

そういう事一度も言わずに

俺の心配ばっかりしてたのが

空元気だったって事、

俺は全然気づかなくて。


もうその時点で三年以上も

俺の気持ちをずっと待っててくれた

女の子に、俺に会えない

残りの一ヶ月が長いって言わせちゃった事
が重くて。


うまく説明できないけど、その一言が俺
にはものすごく引っかかって、

で、それから一ヶ月いろいろ考えて出し
た結論が結婚。


だからまあ、なんだ、期待裏切るかも知
れないけれど、

何か特別な理由があった訳じゃ無くて、


たまたまそういう時期になっただけだと
いう事で。


春から新社会人の22歳


いわゆるプロのメイクさんやってる俺の
妹と、

清楚・誠実な印象を与えるコンサバな

新社会人メイクについてトレーニングと
かもしてた。


妹は”お義姉さん、素材が良いからやり
がいがある”とか言って笑ってた。


微笑ましかったんだけれど、

そういう話題に男はなかなか

入れないね


コンサバってなに?美味しいの?って

感じだな


愛してると言ってみるスレ、書いたよ


ラスカーズ買って帰ったのに

「愛してる」言えなかったの、俺だわ。


気の利いた台詞が咄嗟に思いつかな
かった。


十四日にもういちどチャレンジしてみよ
うと画策してる


確かに理由はあったんだけど、「でき
ちゃった」じゃない。


というか、「できちゃう様な事」は結婚す
るまでしてない。


なんか恥ずかしいのでこれだけは否定
させて。


せっかくのいい話に水をささせてもらう
が・・・


「ぎゃぁーっ!なにすんのよっ、あんた!」

小学校3年クラス替え当日、

一目見るなりあまりの可愛さに

テンパって


しまったオレはなにを思ったかケリぶっこ
んでしまった・・・


まさか、結婚するなんて思わなかった。



あんまり生々しい言い方したくなくて、

言葉選んだら、変に意味深になってし
まったみたいで申し訳ない。


早い話、付き合い始めてから結婚する
まで、してないんだ


俺は、もともとノリや遊びでそういうこと
できない性格な上に、

相手が今までずっと家族みたいな存在
だった女の子なんで、


あせらずにゆっくりと、大事に付き合
いたいと思ってた


いや、必ずしも大事にする

=何もしないってわけじゃないだろうし、


その気がなくても、

してあげれば彼女は安心するんだろう
か。


とか、一人でいろいろ悩んだけどね


それに、嫁も嫁で俺の気持ちや性格全
部知ってたから、

冗談や悪ふざけでも挑発する様な事は
殆どしなかった。


せいぜい誰も見てないところで、

キスせがむくらいか、おでことか。


いつだったか、ずいぶん後になってその
頃の話をしたら

”そういう人を好きになっちゃいましたか
らね”って笑ってた。


女としてみてもらえる様になるまで、

いつまででも待つつもりだったって、


なんか昔思い出したら心拍数増えてき
たけれど、

”詳しく”って、こんな感じでいい?

 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


パソコンやスマホで「キュン死」続出!
本屋さんでは手に入りにくいマンガもいっぱい!
1度料金を支払って無期限で読める!

今大人気の電子書籍のサービス!!

→詳しくはこちらをクリック←



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪