馴れ初め話

【馴れ初め 長編 感動】嫁とは仕事で牧場へ向かう山道で・・・急ブレーキ!!

 

嫁とは仕事で牧場へ向かう山道で・・・急ブレーキ!!

 

 

 

 

当時俺は23歳、嫁22歳で、

俺は大学卒業して公務員試験

受けたんだけど落ちて、

公務員試験の勉強をしながら、

親父の知り合いの運送屋で

働いていた。


その運送屋ってのが、牧場に

おが屑や粉砕物

(木をチップ状にしたもの)に

搬入していたんだ。

(糞に粉砕物を混ぜて肥料にする為)




スポンサーリンク





 

 

その日は、山奥にある牧場に

粉砕物を運搬していた。


牧場ってのがまた辺鄙な所にあってさ。


牧場に行くには、県道から伸びている、

回りに木しかない一本道を

20km近く走らなければいけない。


その一本道を、ラジオを聴きながら一
人で走っていたんだ。


それで、いつもの調子でカーブを

曲がった瞬間、手を振ってる

スーツ姿の女がいきなり居て、

急ブレーキ。

 


 

 

俺「??(えっ?なんでスーツ姿の女が

こんなところに?)」

嫁「……(泣き顔)」


俺「…(おいおいなんだよなんだよ。

なんか事件か?マジで?)」


嫁「…助けてください!!」

俺「(やばいな。完璧事件だよ…警察呼
んだ方が良いよな!?)」


嫁「車がパンクしちゃったんです!!」


俺「え…?(パンクしちゃったって…)携帯
でJAF呼べたんじゃ?」


嫁「電波が無くて…

(当時の嫁の携帯は出たばっかりFOMA
で、

山でも使えるmovaに買い替えるのを忘
れてたらしい)」


俺「…車はどこにあるの?」

嫁「ここから登って30分の所です…」

俺「まさか…ここまで歩いて下って来た
の?」


嫁「はい…県道まで下りれば誰か居ると
思って…

(ここの時点で、県道に降りるまで
10km近くある)」


俺「…とりあえず、俺の車に乗って。(大
型ダンプ)」


嫁「すいません…」


ここで嫁を大型に乗せて、

嫁の車の所へ(運よく待避帯があって、
そこに止めてあった)。


んでスペアタイヤに交換してあげたん
だ。


その後、「お礼を…」とか言ってる嫁さん
に「いらないよ」と断って、

牧場へ。


粉砕物を降ろすのに、

荷台にかけてあったシートを

外していたら嫁さんの車が。


「まさか…追って来たのか?」

と思っていたら、牧場の事務所の中に
入って行った。


「?」と思いながら粉砕物を降ろし、

伝票を事務所に持っていくと

作業服姿の嫁さんが。


嫁さんの隣に牧場主が居て、

「俺君お疲れ様~…あっ、この子

助けてくれたんだって?ありがとう。

今日から働く嫁ちゃん。よろしくね。」


んで、その時は「そんな事もあるんだ

なー」としか思ってなかった。



だけど、段々その牧場に

搬入するにつれて会話が増えて、

実は嫁さんの実家が俺の

地元の隣町だったり、

過去にバイトしていた

ガソリンスタンドの常連で

義両親だったりして、付き合うように。


んで、俺はもう一回公務員試験を受け
てやっと合格して、

市役所に就職して26歳で結婚。


付き合い始めた頃に

「なんで見知らぬ男の車、

まして大型にすんなり乗ったの?w

しかも泣き顔でビビったわw」と

聞いたら、

「だって…悪い人そうじゃなかったしw

下から俺君のダンプが登って来た時は、

“神様に願いが通じた!!”って

思ってつい泣いちゃったw」って

答えてた



これが馴れ初め。

長文&駄文失礼

 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


パソコンやスマホで「キュン死」続出!
本屋さんでは手に入りにくいマンガもいっぱい!
1度料金を支払って無期限で読める!

今大人気の電子書籍のサービス!!

→詳しくはこちらをクリック←



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

 

 
・YouTubeはもう稼げない…
・収益化を外された…
・一向に審査が通らない…

最新版のYouTube戦略を正しく身に付ければ
まだまだ稼げます!
今なら先着無料特典を受け取れます。