馴れ初め話

【恋愛 馴れ初め】憧れの場所と憧れの指輪。ふたりで泣いてしまったプロポーズ

 

憧れの場所と憧れの指輪。ふたりで泣いてしまったプロポーズ

 

 

 

 

 

昨年の私の誕生日。

パークハイアットのレストランを

予約してくれていると

数日前に聞いてから、

私はかなりプロポーズを

期待してました(笑)


でも当日は

プロポーズスポットと言われる

ニューヨークグリルじゃなかったし

(41階にあるジランドールも

十分素敵なレストランでしたよ♡)、




スポンサーリンク





 

 

普通にキーケースを

お誕生日プレゼントで渡されるしで、

ああ、今回は違ったんだなと

1人落胆してました(笑)ひどい(笑)



その後、バーに行こうと言うので

52階のニューヨーク バーへ。


突如思い立った感じだったので

既にそのタイミングでは期待ゼロ。


ジランドールで飲んだシャンパンで

クラクラしてたので、

 



 

 

私はノンアルコールカクテルを頼んで、

彼はウィスキーを注文。



乾杯しようとしたら、

彼がすっとグラスを引いて、

「酔っ払う前に言いたいことがある」と

前置きしてからのプロポーズでした♡



最初、乾杯しようとしてたのに

話を始めた彼になんだろ?、

と思いつつ話を聞いていました。


でも最後の言葉を待たずに

プロポーズだって気付いた私は号泣。


何を言われたか正直覚えていません
(笑)


でも、憧れの高級ホテルで、

ティファニーのエンゲージリングも

用意してくれていて、、、。


何より彼から結婚しようと

言ってくれたのが嬉しかったです。



プロポーズの1ヶ月前に

指輪を用意してくれて、

泣いて喜ぶ私を見て

彼ももらい泣きして、

早くプロポーズしたかったと

言ってくれて、、、


最高に幸せな思い出です

 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


パソコンやスマホで「キュン死」続出!
本屋さんでは手に入りにくいマンガもいっぱい!
1度料金を支払って無期限で読める!

今大人気の電子書籍のサービス!!

→詳しくはこちらをクリック←



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪