馴れ初め話

【恋愛 馴れ初め】シャワーを浴びている間に彼が・・・ 

 

シャワーを浴びている間に彼が・・・ 

 

 

 

 

旦那はアメリカ人。


彼がプロポーズしようと思い立ち、

NYに住むお母さんの婚約指輪を

郵送してもらったのが11月だったそう。



東京で受け取り、

ニュージーランドに住む友達の

ジュエリーデザイナーにこっそり

郵送してリフォームしてもらって

いました。





スポンサーリンク





 

 

12月半ばに彼(旦那)が

北欧1人旅に出発し、

その後クリスマスに

イスタンブールで

落ち合う予定だったのですが、



年末で国際郵便が遅れ、

彼が出発するまでに

ニュージーランドから指輪が

届かなかったのです。



 

 

慌てた彼は指輪をトリニダード人の

友人の家に転送。


ところが、その友人も

帰省してしまったため、

カナダ人の友達D君にA君の家の前で

郵便屋さんを待ってもらう。


D君はそれを中身が

わからないようにラッピングし、

同じくカナダ人のB君に渡す。


B君は私をなんとか忘年会に

誘い出し、

「イスタンブールに友達がいるから

お土産を持って行ってほしい。


お菓子だから手荷物で

持って行ってね、

C(旦那)にはもう話してあるから。」と、

小さな紙袋を渡しました。



何も知らない私は、

手荷物に紙袋を入れ、

開けてみようとも思わずに

イスタンブールへ。


夜中に彼の待つホテルに到着し、

私がシャワーを浴びている間に

彼が指輪を取り出しポケットへ。



朝焼けを見に行こう、

と早速タクシーでホテルを出て、

誰もいないガラタ橋へ。


「出会った時からこんなに

しっくり来る人は他にいないと

思っていたから、


I want you to be my wife!」 と

プロポーズされ、

ビックリして指輪を受け取った時に
は、

まだ何も気付いていない私。


その後、「指輪、持ってきてくれて

ありがとう。」とニヤニヤしながら

言われてもまだ

何のことかわからなかったのですが、

話を聞いて大笑い。



手荷物検査のX線で

気付かなくて良かったね、

なんて言いながら、

友達みんなにメールで感謝の報告。


こんなに世界中を巡って、

世界中の友達がリレーで運んで

くれた小さな指輪は私の宝物です。

 

 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


パソコンやスマホで「キュン死」続出!
本屋さんでは手に入りにくいマンガもいっぱい!
1度料金を支払って無期限で読める!

今大人気の電子書籍のサービス!!

→詳しくはこちらをクリック←


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

 
・YouTubeはもう稼げない…
・収益化を外された…
・一向に審査が通らない…

最新版のYouTube戦略を正しく身に付ければ
まだまだ稼げます!
今なら先着無料特典を受け取れます。