馴れ初め話

【馴れ初め まとめ 幸せ】おじいちゃんおばあちゃんになっても一緒に笑っていたい

 

おじいちゃんおばあちゃんになっても一緒に笑っていたい

 

 

 

 

遠距離恋愛を2年ほど続け、

彼から「今年の年越しは一緒に過ごそ
う!」と提案されました。


お互い「いつか結婚したい」とは

思っていましたが、

お金に余裕も無い為、

婚約指輪はいらないと伝えていました。




スポンサーリンク





 

 

その為、どこかこのままズルズルいくん
だろうと思っていたんです。


年越しをコタツの中で一緒に祝い、

そろそろ寝ようかと

照明を薄暗くした時、

彼が「あ、そういえば美波(私)のお母さ
んから

預かっておいたものがある」と言って、

小さな箱を出してきました。



お母さんといつの間に

会っていたんだということにも

驚きましたが、

その箱を開けた瞬間、

もっと驚きました。


それは、いつも冗談で、

「頂戴!」とおねだりしても、

なかなかくれなかった母の宝物であり、


父が母へプロポーズする際に、

「おじいちゃん、おばあちゃんに

なっても一緒に笑っていたい」

と言って贈った婚約指輪

だったからです。



 

 

そして彼は「おじいちゃん、

おばあちゃんになっても

一緒に笑っていたい。


結婚して下さい。」と

恥ずかしそうに伝えてくれました。


いつか父と母の様な

夫婦になりたいと思っていた私にとって、

その言葉は他のどの言葉よりも

感動的でした。


指輪は父と母が、

プロポーズをすると報告した彼に、

こっそり

渡してくれていたのだそうです。


でも、一言も父のプロポーズの

言葉は教えていないそうです。


父と母が、私の幸せを願い、

サプライズで

彼に引き継いでくれた2人の宝物に、

私は今も支えられています。


そして、偶然にも一致した

プロポーズの言葉に、

きっとこの人とであれば、

私も父と母の様な夫婦になって、

おじいちゃんおばあちゃんになっても

笑い合えるんだろうなと

確信しています。

 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


パソコンやスマホで「キュン死」続出!
本屋さんでは手に入りにくいマンガもいっぱい!
1度料金を支払って無期限で読める!

今大人気の電子書籍のサービス!!

→詳しくはこちらをクリック←



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

 

 
・YouTubeはもう稼げない…
・収益化を外された…
・一向に審査が通らない…

最新版のYouTube戦略を正しく身に付ければ
まだまだ稼げます!
今なら先着無料特典を受け取れます。