馴れ初め話

【馴れ初め 長編 感動】嫁が親の顔が見たいと言うので「親なんかいない」と言ったら嫁が・・・!!(前編)

 

嫁が親の顔が見たいと言うので「親なんかいない」と言ったら嫁が・・・!!(前編)

 

 

 

 

スペック

俺36歳178㎝76k 自営600万ぐらい

嫁43歳165㎝50?k事務員(元美容
師)子二人


出会いは俺が16歳ぐらいで、

小学4年生ぐらいから行き始めた床屋
の紹介で行った

美容室に居たのが嫁。


何で美容室に行く事になったかと言うと

髪の毛を染めたかったんだけど、




スポンサーリンク





 

 

床屋の奥さんが結婚する前にいた

美容室でした方が綺麗になるよって言っ
たから。


この時の俺は今となっては恥ずかしいが
モテた、

居酒屋で呑んでても女から

 


 

 

逆ナンされたりナンパスポットに行っても

逆ナンされてた。


そんな馬鹿野郎だから真面目に付き合
う事なんて無かったし

利用して物を買ってもらったりしてた。

(この時期の俺の行動が

後につながります)


話は戻りますが美容室で担当が嫁に
なって他愛もない話をした。


うる覚えだけど

嫁「俺君モテるでしょ~、なんか店に入っ
て来た時から、

あ、こいつ女癖悪そうだな~って感じた
んだよね笑」失礼すぎw


俺「(なんだこのアマ)そっすね」

嫁「先輩から(床屋の奥さん)顔の綺麗
な男の子が行くから

よろしねって言われたんだけど確かに

自分でモテるって分かってるかんじだわ

笑」俺「そっすか」

嫁「それで?どんな風にします?」

俺「銀髪にして下さい」

嫁「銀!?」

俺「はい」

嫁「銀か~、一回じゃ出来ないよ?


最低でも三回ぐらいに分けないと

髪の毛が溶けてワカメみたいになるか
らね」

俺「それでも良いんでお願いします。」

みたいな感じで通う事になった。


一回目が終わった週末に飲み会に参加
してたら、

偶然にも後方に嫁と美容室の人達がい
たみたいで、

2回目の来店時に、


嫁「未成年の癖に年上と飲み会なんて
コワクサイな~笑」


俺「え?あの店におったん?」

嫁「うん、君目立つ顔じゃん、すぐにわ
かったよ笑」

俺「」

嫁「まあ若いし良いよね~」

俺「はあ」

嫁「んで、あの後どうなったん?いい子
いた?」


俺「まあボチボチかな」、などと会話して
2回目終了。


すまん、簡潔に書くと10代のガキンチョ
が女を取っ替え引っ替えして生意気、


店に来る、嫁が俺をだんだん気になる、


俺、それを気付かず相変わらず取っ替
え引っ替え、


嫁、俺がまた違う女と入る所を目撃、

店に来る、嫁「お前はクズだ!」

俺「へ~い」店長謝る、数週間後バッタリ
本屋で再開、嫁に泣き怒られる、


俺改心、付き合う、突き合う、結婚。

です


2回目の終了時、嫁が髪の毛の痛みか
たがキツイから

二週間は休ませよという事になって来店
中断、

この時点で払ったお金が確か2万は超え
てたw


髪の毛の補修剤やシャンプーなんかも
散財しましたw

その間にも相変わらプラプラしてた。


プラプラっていってもちゃんと仕事はして
ましたよ。


北陸の地方都市で遊びに行く所も大体

みんな一緒でまた目撃されてましたわ、

この時期の俺は嫁曰く

「こいつは稀に見るクズ男だ!親の顔が
みたいわ!」だそうですw


そして3回目の来店で


嫁「君、本当に女癖悪いね、その内刺さ
れるよ!」


俺「俺からたぶらかしてるわけじゃないっ
すよ、

寄ってくるから相手してるだけ」

嫁「は~!?君女を何だと思ってん
の?」

俺「別に」

嫁「(駄目だこいつ)。

とりあえず今日からカラー始めるね」

俺「はい」


この時の嫁の印象は、

何だこの女?面倒くいおばちゃんだな、
でしたw


そして無事カラーリングが終了して帰ろ
うとした時に嫁が

「シルバーのカラー剤はパープルも入っ
てるから


暫くしたら出てくるかもしれないよ、そ
の時はまたおいで」

と言われ、内心二度とくるか!と思いな
がらも「はい」と答え帰りました。


二週間ほどしてから嫁の言ったように少
しパープルが出てきたので

イヤイヤながらも再来店

嫁「あ~やっぱり出たね~、このカラー
剤やっぱり駄目かな笑」


俺「は?今まで使った事無いんです
か?」


嫁「無いよ?だって銀色にしてって人君
が初めてだもん笑」


俺「(このクソアマ!)は~」

嫁「大丈夫、お客様の希望に添えなかっ
たら無料で補修するから!」


俺「好きにして下さい」

友達や親方からかなり笑われました。


その後違うカラー剤で補修して貰い

2回目は成功!俺も一安心、

嫁軽く失笑。


一週間後に屋根の修理でお客さん宅に
訪問、

馬鹿でかいお家、なんか門とか蔵とか
ある、

田舎だから結構無駄にデカイお宅はあ
るんだけどそのお宅は別次元、


屋根は箱棟六段鬼瓦、

壁は漆喰土板作り、

軒先は銅板仕上げと言ういかにも昔な
がらの金持ち。


とりあえずお客様に工事着工の挨拶と
神主さん、


裏庭にある小さな社にお参りする準備
してたら何と其処には嫁!


嫁「あれ?俺君?瓦屋さんだったの~?

へ~なんか以外、職人さんだったん
だ!」


俺「はい、この度はお世話になります、よ
ろしくお願いします。」


嫁「え?どしたん?いきなりかしこまって
笑」


親方「俺とはお知り合いでしたか?俺が
失礼な事していませんか?


この馬鹿野郎はたらしでたらしでどうし
ようもない奴で」


俺は内心ヒヤヒヤしながら嫁を見てい
たら


嫁が「いい子ですよ、ちょっとスレた所も
有るみたいですけど笑」と言ってくれた。


まあ後は無事に地鎮祭して嫁のお宅で
ご飯や酒を振舞われて

次の日からの段取りして終了、

それからは二週間ぐらいに嫁実家の屋
根修理。


その時期に自宅の中から凄い音がして
声を掛けてみると

嫁が階段から落ちて手首骨折w


前日にカットの勉強会で寝ぼけていたら
しいw


嫁が「せっかくの休日なのに~、痛い~」
と半泣き、


俺はとりあえずお袋さんは?と聞くと

今日は嫁が居るからとみんな仕事やお
出かけしたらしい


其処に親方が来て


「おい!俺、病院に連れて行くから車に
詰め!」


俺、嫁をお姫様抱っこでハイエースの荷
台に詰む、


嫁はどうやら此処で俺にキュンとしたら
しいw


じゃあ、ってハッチを閉めようとしたら

親方「じゃあじゃねーだろ!テメエも乗り
やがれ!お客様だぞ!」

俺「何故に?」

と思いながらも乗車、そのまま病院直
行、親方運転荒すぎ。


嫁振動で痛み増す、俺カーブで頭打つ
ける、

それ見て嫁笑う、笑うと痛む、正にあれ
は地獄だったと後に嫁談w


打撲&軽い車酔いで無事病院到着、

俺、嫁またお姫様抱っこで診察室へ、

親方は一旦現場(嫁自宅)に戻り片付け
と嫁自宅の鍵掛けに、

俺は何故か付き添い。


嫁はごめんねごめんねの誤り通し、俺は
大丈夫と。


診察も終わり親方に電話をして迎えに
来て貰い嫁自宅に。


俺は何故か嫁家族が帰るまで付き添い
してあげろと親方命令で残る事に。


嫁家族に事情を説明して俺帰宅、

翌日嫁宅行くと仕事は治るまでお休み
になったらしく


自宅療養、工事帰還中はずっと俺たち
職人の一服や

お昼の世話をばあちゃんとしてくれて
た。


この時に俺と嫁が普通に話せる様に
なっていきました。


嫁が「ありがとね俺君、お礼がしたいか
らどっかに遊びに行かない?

食べたい物なんでもご馳走するよ?」

俺「いや、いいよ、気を使わなくても」

嫁「あのね、私は困った時に助けてくれ
たからお礼がしたいの!


気を使って言ってるわけじゃないの!」
とゴリ押し。


じゃあ分かりましたと了承、この時に携
帯番号交換。


ちょうど梅雨時期に差し掛かり嫁宅の工
事で暫く休みになるから

終了後日に会う約束をする。


デート?当日嫁が車で迎えに来てくれ
て、

他愛もない話をしながら水族館や
カラオケ、

焼き鳥をご馳走してくれた。


この時は本当に友達みたいな感覚で色
恋抜きでした。


それから普通に電話したりメールしたり
して友達感覚でいた、


月に一回ぐらいカットしに嫁の店に行っ
たりしてた、


でもその頃も飲み会や友達の付き合い
でナンパスポットに行ってた。


やはり女を連れて歩いてる所も目撃さ
れてたみたいで

有る時の電話で軽い修羅場。


嫁「俺君相変わらずだね」

俺「何イキナリ?」

嫁「また違う女といたでしょ?彼女何人
いんの?」


俺「彼女なんかいない、あいつらが彼女
と思ってるだけじゃない?」

嫁「あんた本当に最低だね!!人の気
持ち踏みにじって平気なん!」


俺「気持ちって何?勝手について来て
ヤッテ終わりじゃん、何いってんの?」


嫁「あんた親にどんな教育受けてん
の!」

俺「親なんかいねーよ」

嫁「え?」

俺「じゃ」

みたいな会話してた。


この会話の後、嫁は軽いパニックだった
らしいw


まあそりゃそうだわな、相手の人格否定
して親の文句まで言ってのに、

親いねーよなんて言われたらw


翌日起きたらメールラッシュだった、


ごめんね言い過ぎたとか事情も知らな
いであんな事言ったりしてとか。


俺はあんまり気にしてなかったんだけど
ね。

んで、夜に電話きて謝られたんだけど


気にしてないよって伝えると半泣き状態
w内心ザマー笑


その週末に嫁と焼き鳥にまた行った、其
処でまたごめんねの連呼w


俺「もう良いから、焼き鳥食べよ?」

嫁「うん、ごべんね~いだだぎまず~
泣」

俺爆笑、嫁笑うな~とプチ切れw


そこで嫁に俺の家庭事情を説明、

母親は小さい時に、男作って逃げ、

親父と2人暮らしになったと。


親いねーよは言い間違いねと説明した
ら何故かお父さんいたんだ~と

ホッとした様子。


それとなんで女に軽いのかと尋ねら
れ、

「別に軽くない、来るものは拒まず
去る者追わずね」と。


それを聞いてこの時に決心したらしい、

「この男は愛情を貰って育ってない、

母親という一番身近な女性がいない事
で女性に対して

特別な感情を持てないんだ!



私がまともな人間(男)にしてあげなけ
れば!」と笑。

嫁の空回り開始した瞬間です。


親父には高校ぐらい行けと言われまし
たが、

行ってもやめるのはわかってたし

家庭の金銭的問題もありましたんで

中学でて直ぐに親方の所に世話になり
ました。


先輩が親方に家庭の事情を話してくれ
てたみたいで

直ぐに連れて来い、

俺が一人前にしてやる!と笑


後編へつづく・・・

 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


パソコンやスマホで「キュン死」続出!
本屋さんでは手に入りにくいマンガもいっぱい!
1度料金を支払って無期限で読める!

今大人気の電子書籍のサービス!!

→詳しくはこちらをクリック←



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪