馴れ初め話

【馴れ初め 長編 感動】嫁が親の顔が見たいと言うので「親なんかいない」と言ったら嫁が・・・!!(後編)

 

嫁が親の顔が見たいと言うので「親なんかいない」と言ったら嫁が・・・!!(後編)

 

 

 

 

遊んだ後日からは頼んでも無いのに

モーニングコール、


出勤前に親方の所によって

俺の昼弁当、

休日にはアパートに押しかけられ炊事
洗濯掃除としてくれてた。




スポンサーリンク





 

 

其処でまた馬鹿な俺は大失言

「彼女でも無いのになんでそこまでして
くれるん?」


嫁「…あんた本当にわかんないの?」

俺「だって俺の事ボロカスに言ってたじゃ
ん」

嫁「帰るね、ご飯食べたくなったら温め
て」

俺「はいよ」やっちまったかと思ったね。


それからはモーニングコールもメールも
来なくなったけど


昼弁だけは親方の所に届けてくれてた。

 



 

 

二週間ぐらいして、

無性に嫁に会いたくなって

雨で休みになったから嫁の店に突


突撃して嫁が俺の顔を見るなり

嫁「何?」

俺「会いたく来た」

嫁「なんで会いたくなったん?」

この時点で美容室内只ならぬ雰囲気、

店長オロオロ、

お客さんは何事だこれは?他の店員ワ
クワク笑う


俺の気にせず「電話もメールも来なく
なったから」


嫁「なんでか分かる?」

俺「わからん、でも弁当は美味しく頂き
ました。」

嫁( ゚д゚)

俺「え?何?」

嫁「じゃあなんで弁当だけ会社に届けて
たかわかる!」


俺「……健康の為?」

嫁「あ~ん~た~に惚れてるからや
ぜ!!」

バチン、ビンタ?

俺「∑(゚Д゚)」痛かった。


嫁、泣きながら俺の胸ぐら掴み盛大に
告白!


初めて店に来た時から一目惚れ

でも女癖が悪いと発覚

まあいいやと思った時に我が家の修繕
に来た、


それに骨折した時も自然と抱き上げて
助けてくれた。


不器用なだけで優しさもちゃんとあり、

本質は真面目なんだ。


ホットケーキを作ってあげただけで感動
してた、


この人は私が幸せにしなきゃ!


盛大に告白受けビンタされ店長が

店長「ごめんね俺君!お客さんに手を
挙げるなんて、


本当にごめんなさい!私の責任よ!嫁
は悪くないの!


この子、気の強い所が有るけどいい子
なの」


俺「(やっぱり店長オカマだったんだ!)

い、いや大丈夫っす」


店長の女言葉に衝撃を受けた俺がいま
した。


店長「嫁、今日は貴方のお客さんは大
丈夫だから帰りなさい、

ちゃんと俺君と話すのよ」


そんな店長の配慮で嫁とちゃんと話す
事にした。


嫁の車で暫く走り地元ではカップルが行


山の駐車場に止め街を見下ろしながら
話が始まる


まず嫁からだったと思うが

嫁「さっきはごめんね、イキナリ泣いてビ
ンタして」


俺「いや、俺が急に会いに行ったのが悪
かった………先生オカマ?」


嫁「( ゚д゚)え、そこ?」

俺「ごめん」

嫁「いや、まあビックリするよね、

大体初めてのお客さんは

ビックリするし。


、いや先生の話じゃなくて、私たちの
事話そ?」


俺「うん」


嫁「私はさっき言った通りに俺君が好き
です、


だから俺君が違う女性と歩いてる所を
見たりしたらキツかった」


嫁「俺君は?私の事は只の友達?行為
したいだけ?」


俺「………嫁は今まで会った女とは違
う、イキナリ説教臭い事言ったり

ズケズケ物を言ったり、


一緒に居ても面倒臭くならなかった、

電話もメール無くなった時、


如何してかわからんけど気にしてた、

だから店に来た。好きだ」


嫁「7歳上だけどいい?」

俺「俺は気にしない、年なんてどうにも
ならないし関係ない」


嫁「「信じるよ?あと裏切らないでね?

違う子と遊びに行ったりしないでね?」

俺「お前が側に居るなら行かない」

嫁「うん、ありがとう」

こんな感じで付き合い出した。


今考えたら嫁と遊びに行くようになって
からもう嫁に惚れてとのかもしれんね。


んで、嫁と突き合う事になります。


付き会って突き合ってってから段々嫁に
惹かれていった、


今までは只のヤッテただけなんだが好き
な女と突き合うって事が

気持ちも満たされる事に満足、嫁もそ
れに気づいて求め合った。


この頃から段々俺が変わり出したらし
い、

友達にもなんか明るくなったと言われる
様になったし嫁にも

「俺君の中に有る氷みたいな物が溶け
出したね、


やっぱり中身は暖かい子だったんだよ」
と。


嫁は平気で臭い事を言う女だったw


でも俺も嫁に影響受けたのか突き合っ
てるとき、


自然と「愛してる」って言ってたwww.嫁
号泣、俺アタフタ、


嫁腰に足回して抱きしめて離さないw
俺ヤバイw


俺生だからヤバイって言っても離さない
w

嫁「離したくない、俺君の事絶対幸せ
にする!」


俺「(プロポーズか!?)うん、わかった、

とりあえず離して鼻水拭け」

嫁「は!ごめん」顔真っ赤w


俺「プロポーズは俺からするから待って
ろ」

嫁「ヴん、まっでるぅ~」


それからは、俺も完全に嫁にベタ惚れ。

でも嫁は不安があったらしい。


嫁「俺くん、一緒に暮らしていい?」

俺「どしたん?」

嫁「一緒にいたくて。駄目?」

俺「………じゃあ今から嫁の家にいく
わ、


お義父さんとお母さんに伝えて、今か
ら行くって」


今考えたら無鉄砲すぎるなw

嫁「今から?!わかった」嫁も暴走タイ
プww


俺、なるべく大人っぽい格好して突撃、


俺「ごめんください、俺です。」


義理母「はいはい、待ってたわよ、上がっ
て上がって」


俺「はい、失礼します。」


嫁父囲炉裏の前で待ってた、

俺、開口一番「嫁と付き合ってます、

今日は嫁と一緒に暮らしたくて挨拶に
来ました、


よろしくお願いします」、

嫁遅れて部屋に入室

嫁「あれ?話進んでる?俺くん?」

俺「あ、うん。遠回しに言うよりハッキリ
言った方が良いと思ったから」


嫁「俺君大好き!」嫁抱きつく

嫁両親「( ゚д゚)( ゚д゚)」


じいちゃん登場、「おい、若いの。飯食っ
ていけ」

嫁両親「Σ(‘◉⌓◉’)」


嫁宅でご飯頂いて帰宅。


嫁宅では家族会議。

内容はと言うと俺君は

頭おかしいのか?


普通はこんな行動しないぞ?


嫁のフォローが「ううん、おかしくない、

私が一緒に居たいと言ったから行動し
てくれただけ、私の為に!」


かなり年下だが良いのか?浮気の心配
とか出てくるぞ?


嫁「大丈夫、そんな器用な事が出来る人
じゃない!わかるでしょ?」


大体まだ未成年じゃないか!

嫁「だから何?お母さんだってお父さん
より10歳も年下じゃない!」


お義父さん論破される笑


トドメの一言が

嫁「俺君とは結婚する、私からプロポー
ズした!」


お母さん「あらま」


じいちゃん「ほ~あっぱれやな笑」

お義父さん「ぇ~」w


無事同棲スタート!


金持ちってより田舎の農家でした、

聞いた話ではおじいちゃんは戦争中は
近衛兵でその前の方々も


警察官や軍人だったみたいです、

お義父さんは県内の企業の役員だった
みたいです。

跡継ぎは嫁の姉夫婦です。


同棲スタートしようとした時 嫁の店ま
で距離があったんで

店の近所のアパートに引っ越し、歩いて
2分。チャリなら40秒。


嫁は仕事がら平日でも勉強会、休日に
も講習とかで忙しい人だった。


俺は天候に左右される仕事で梅雨や冬
は休み、

でも給料は十代てわ年収500はあった
から2人で楽しくくらしてた。


ある事が起きるまで。


嫁の妊娠、そして流産。


あ~今思い出しても結構キツイっす。


店で嫁が腹痛で倒れたと、嫁の先輩が
アパートまで来てくれた。


店に着くと救急車が居て嫁を乗せてる
最中、そのまま俺も同乗して病院へ。


結果、妊娠していましたが駄目だと先
生に言われた。


病室に入り嫁の側に行くと、

嫁「ごめんね、俺君の子供死なせて。

ごめんねごめんねごめんね、


産んであげれなくてごめんなさい」
何も言えませんでした。


嫁は妊娠しているかもって感じてたらし
いです、

仕事を終えてから検査薬を買って陽性
なら俺に伝えようと

してたらしいですが、


歯車が噛み合う事なく終わってしまいま
した。


その後退院して暫く店を休ませ一緒に
いました、


冬時期だったんで瓦の仕事は休みでし
たし

トイレと食事以外は後ろから抱きしめて
いました。


嫁はかなりショックでずーっと泣いて居ま
した。


嫁が言った言葉「私が俺君を幸せにす
る!」、

この言葉を思い出しそのまま嫁に伝え
ました


俺「嫁、今は辛くて受け入れる事はキツ
イかもしれけど、聞け。


俺がお前を幸せにする、だから死ぬま
で俺の横にいろ。」


この時18歳、無謀だw


嫁が泣きながら「私の不注意で俺君の
子供を死なしちゃったんだよ?


まだ一緒に居ても良いの?」


俺「当たり前!お前以外の女はいらん!
だから側にいろ!」


嫁「ありがとう、ごめんね、ありがとう」

その足で嫁実家突撃w


俺「嫁さんと結婚します、嫁さんを僕に
下さい!」


嫁家族一同「ありがとう、娘を悲しませ
ないでくれてありがとう」


それからは早かったw


「では失礼しやす」と言い、

銀行で金を下ろしデパートの宝石店で
指輪を購入、


市役所に婚姻届を取り俺親父宅突撃。


俺「結婚するから保証人欄に名前書い
てくれ」

親父「おう」その足でまた嫁実家突撃


俺「お義父さん、保証人欄に名前書い
て下さい」


お義父さん「え、あ、はい」


俺「じゃあ行ってきます!」役所へGO


俺「すいません、婚姻届持ってきまし
た!」


職員さん「おめでとうございます」

結婚しました!


その後は色々有りましたが子供2人に恵
まれて幸せにやってます。


みなさんありがとうございます


嫁に会えて幸せでした、多分嫁に会え
ていなかったら


感情の無いままで幸せになれていなかっ
たかもです。


娘にも息子にも出会えていなかったと
思います。


最近小生意気になって来ましたが幸せ
にしてやります!


自分は明日で37になります、嫁は43で


嫁は美容師の仕事で腰と膝を

壊しまして普通の事務員してます(汗

 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


パソコンやスマホで「キュン死」続出!
本屋さんでは手に入りにくいマンガもいっぱい!
1度料金を支払って無期限で読める!

今大人気の電子書籍のサービス!!

→詳しくはこちらをクリック←



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪