馴れ初め話

【馴れ初め 長編 感動】高学歴女性タレントの結婚報道を見て「何でこの女は馬鹿な俺のところに・・・」

 

高学歴女性タレントの結婚報道を見て「何でこの女は馬鹿な俺のところに・・・」

 

 

 

 

当時

俺 23歳会社員 たぶんフツメン
嫁 23歳公務員 かなりモテた
(本人談)


その年の2月に転勤してきた。

初めての土地で知人とか

誰もいないところだった。




スポンサーリンク





 

 

半年たって以前退職した同期が

「近くに仕事行くから」と、俺を訪ねてき
た。

「うちの会社こないか?」と引き抜きの
話がでた。


魅力的な話だったので、転職を決意。

 


 

 

今度の転職先はここから遠く離れた都
会で、引っ越しすると

この辺りには2度と来ないような気がし
て、10月に観光がてら

ドライブを計画。


せっかくなので、知人に頼み、女の子を
誘ってもらった。


で、来たのが知人、嫁とその同僚♀。

知人と同じ職場だった。


嫁の印象は「かわいい」感じで、

正直この手の女子とはいままで縁がな
かったが、

嫁と話が盛り上がり、帰りの車の中で他
の2人が寝ていることを確認し、

思いっきって交際をお願いしたら
以外とOK。


てか付き合ってよかったのか?と夜真剣
に考えてた。

そして付き合って分かったこと


1.嫁は地元の国立大学卒だったが、

高卒の俺にはそのすごさがわからなかっ
た。
  
嫁曰く「東京の私立大ぐらいならどこ
でも行けたと思う」らしい。


2.気が強い。喧嘩しても一歩も引きま
せん。


3.門限が21時だと聞かされていたの
で、箱入り娘だと思ったが、

重箱入りだったこと。
  
嫁が義両親に彼ができたと話をした
所、俺が県外出身だとわかると

猛反対をくらったそうな。


「ずっと地元にいて欲しいから、高
校、大学、就職と
   
地元なのに、なぜ県外の男なんだ?」と


そして初めての日だけど、嫁はじめて
だった。( ゚Д゚)


当然済だと思っていたので、思わず
「えーーっ」て言ってしまった。


元カレがいたことを聞いていたが、Bま
でだった。


送る車の中で、嫁から結婚してほしいと
言われたが、転職のこともあり

「少し考えさせて」と返事。


義両親から嫁は毎日責められてるよう
だったが、ある日の夜




スポンサーリンク





 

 

ドアチャイムがなり開けると嫁が立ってい
た。

つらくなりうちに来てしまったようだ


1週間ぐらい一緒に暮らしていたが、夕
方ドアチャイムがなり、

開けると義両親が凸。


軽く修羅場。1時間ほどで帰った。

とりあえず嫁を連れてすぐに嫁実家へそ
こで話会い。


義母「で、俺さんはどうなさるつもりです
か」

俺 「結婚したいと思っています」

義母「ご両親はご存知?」

俺 「今週末に報告に行きます」


いなか育ちの俺は25歳は適齢期と勝手
に思っていて、嫁は可愛いし、


気が強いことやちょっとわがままなこと
も含め性格的にもOK。


ひょっとしたらこんなチャンスは2度とな
いと思い結婚しようと思った。


この日から義実家へ日参。


あと義父から「結婚には反対したが、

交際については反対していない」

と言われた。

ちょっと後出し的な・・とも思ったが公認
の交際開始。

門限を22時にしてもらう。これが11月
中旬。


義両親の反対は、翌年の2月頭、
2回目の両親、義両親の話会いまで
続いた。


当初は俺のことで反対していたが、
宗教的な壁が出てきた。


・俺のところは教会で式を行いたいが、

嫁のところは神式を主張。


・宗教的に離婚は認められていない。

が嫁の意思で離婚できるようにしたい。


結局、式は教会。

嫁はこちらの宗教ではないので、

本人の意思で離婚は可能ということに
なった。


2月の俺の誕生日前日に結納。

嫁と打ち合わせした通り、

GWに式をあげたいと申し出た。


義両親は驚いていたが。


この後義父は多少の抵抗を続けていた
が、義母は協力的になった。


引っ越し準備を嫁とやている時に、

元カノの手編みのセータが
2着出てきた。


先の引っ越しの時、開けなかった段ボー
ルに入っていた。

俺真っ青!!


嫁 「これ捨てていいよね?」

俺 「煮くなり焼くなりお好きにどうぞ」

声が震えていたかも。


特に何も言われなかったが、怖いオーラ
がすごかった。


しばらく会えなくなるので、おおきなヌイ
グルミを買ってあげた。

いまでも嫁の部屋にあるぞ。


嫁に結婚に関するすべてを任せ2月末に
転職先へ引っ越し。



3月半ばに嫁から連絡。

24歳のうちに入籍したいとのこと。

婚姻届けは引っ越し前に記入し、

嫁に預けていた。


義父「おまえ本当に嫁でいいのか?」

俺 「もちろんです」

義父「嫁は気が強いし、わがままだぞ。


それでもいいのか?」

俺 「重々承知しております」

義父「わかった」


晴れて入籍。

3月末ごろ嫁から連絡が入る。


どうも一人で結婚の準備を行っている
ので、

さみしさもあり、精神的にまいって
いる様子。

マリッジブルー?


翌日1日休みをもらい、嫁のもとへ。


簡単な打ち合わせの後は

1日嫁を甘えさせた。


そして結婚式。

先に教会に到着し待っていると。


嫁を乗せた車が到着。


降りてきた嫁は純白のウェディングドレス
で、お日柄もよかったせいで、

キラキラ輝いている。


その瞬間、俺動きがマジ止まった。


なんというかそこだけ現実じゃなくて

ドラマの1シーンのように思え、

俺は当事者ではなく、

TVで嫁を見ている感覚だった。

それぐらい嫁はきれいかった。

お付きの人の声でようやく我に返る。


新婚生活に入るけど、ここから嫁の才女
たる才能を垣間見る。


嫁は記憶力が半端じゃなかった。


何年前の何月何日にどこそこに行った。


なんかは即答。


また喧嘩とかした時の会話を全部記憶
していた。


嫁 「(以前)xxxするっていったじゃな
い!!」


俺 「いや言ったけど、あれは売り言葉に
買い言葉で・・・」

嫁 「でもxxxするっていったじゃな
い!!」

俺 「はい・・・」

てな感じで、俺はどんどん追い込まれて
いく^^;


結婚前に仕事で、電子手帳なる物を使っ
ていたが、結婚すると

買えなくなるので電気街で新しいものを
購入。


GWに戻った時に嫁から

「新しくしたのね」って。


女子がこんなものを気にするとは

思ってなかったから心臓がとまたかと
思った。


嫁はこんなものまで記憶していた。


新婚当初は仕事が忙しく、

夜は当たり前に午前様。


毎日タクシーで帰宅していた。


話をする時間がほとんどなく、

初めて住む土地で

知り合いもいない嫁は少しノイローゼ気
味になり、喧嘩も多かった。


冒頭で出てきた「退職した同期」が少し
前に結婚していたので、


同じ新婚さんということで、交流を始め
てノイローゼはなくなった。


嫁は「主人をたてる」タイプだった。


悪くはないが、俺が描いていた結婚生活
とは少し違う。


もう少しラフな付き合いをしたかった。


9か月過ぎた頃に一度そういう話をした
が、特に変化なし。


が1年ぐらいすぎた頃だったか、突然嫁
がハジけた。


会社でミスした話をすると以前の嫁は、


「気を付けて頑張ってね」とか言ってたけ
ど、これが

「やーいやーい!!」になった。


日常会話の中に

「あほ・ばか・いやだー」が入ってきた。


ただ少しだけ天然が入っているなと思っ
たのもこの頃。


ある日ファイティングポーズを教えてくれ
と言われたので、ワン・ツーを


織り交ぜて教えたところ、

翌日会社から帰った私のところまで小走
りにきて

ファイティング・ポーズをとり、ワン・ツー、
さらにヒット&アウェアと


叫びながらリビングまで

戻っていった。

「ヒット&アウェア覚えたわ」って


何があったのか先日嫁に聞いたが、

記憶にないそうだ。


しかし今の嫁の原型であり、

以降このキャラが定着。


以前の嫁には気を使って、

話をしていたが、

この後は気兼ねなく会話ができるように
なった。


正直、私が望んでいた結婚生活になり、

すごくうれしかった。


嫁もこっちの方が自然に見えた。


今から13年前に嫁が、

命に係わる大病にかかった。


この時に脳症を何度か起こして、

奇跡的な記憶力がなくなり、


性格そのままに普通の奥さんになった。

そして今に至る。



病気のこともあって13年ぐらい

レスだったが、先日嫁と二人で

旅行にでかけ、


その夜に嫁を襲ってみた。

すごいびっくりした顔をしていたけど、


「ひさしぶり」というと、

笑顔で「本当に久しぶりね」って

絡まってきた。

13年前のままの嫁がいたよ。


俺は結婚当初から1つの疑問があった。


「なんでこの女は、馬鹿な俺のところに
嫁に来たんだ?」って。


何度か聞いてみたが返事は

「たまたま」

「偶然」

「タイミング」

「覚えてない」

「ばか」


そうかもしれんが、なんか釈然としな
い。


ただ「こんなに物を知らなくて、生きてい
けるんだ」とは思ったそうだ。


(馬鹿とは書いたが、あくまで嫁と比較
しての話で世間一般からすると

中の上ぐらいとだと思うぞ)

で先日、高学歴タレント女子が結婚した
とTVでインタビューされていた。


それを見ていたが、はっとして嫁を向い
たら、「そうなのよね」


つまりはこういうことだった。


就職後、確かに言い寄る男は星の数ほ
どいたが、

学歴がわかるとすーって、

引いていったそうな。


俺にはわからんが、

ある程度学歴があると、

高学歴な女子は受け付けられないみた
い。

俺と出会う頃には、

職場内から声がかかることは

ほとんどなくなっていたそうだ。


そこへ、そんなことお構いなし

(身の程しらず)の俺が、

ドライブに連れて行った。


すごく気があったし、本当に楽しかった。


ドライブ中に

「きっとこの人と付き合うんだろうな」っ
て思っていたらしい。^^;


嫁憧れの先輩♂(俺にとってっも知人)
に、

この人と明日ドライブに行くって言ったら

「彼はいい子だよ」と後押しもあったらし
い。


ただ服装に関しては「ないわ~」と思うぐ
らい最悪だったとか。


俺もファッションセンスは0という自負は
あったが、


嫁は自分がなんとかすると

思ってたらしく、結婚を否定する材料に
はならなかったそうだ。


その後付き合ってみて、

なんとかやっていけると確信し、

適齢期ということもあり、

結婚に踏み切ったというのが真相だっ
た。


28年ぶりに俺の疑問が解けたので、か
きこ。


嫁は今、ワン・ツーの後にアッパーが入っ
ている。


くわえて回し蹴りもレパートリーに。

おわり


 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


パソコンやスマホで「キュン死」続出!
本屋さんでは手に入りにくいマンガもいっぱい!
1度料金を支払って無期限で読める!

今大人気の電子書籍のサービス!!

→詳しくはこちらをクリック←



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪