馴れ初め話

【馴れ初め 感動する話】嫁に救われた。東日本大震災で死んだ兄夫婦の子供2人を引き取り…

 

嫁に救われた。東日本大震災で死んだ兄夫婦の子供2人を引き取り…

 

 

 

 

 

近所のおじさんの紹介で

嫁と付き合うが、

3ヶ月も持たずに別れた。


当時俺は、親父の家業を継いだばかりで

本当に忙しかった。

次男なのに。




スポンサーリンク





 

 

なので、嫁と別れて、

自分の時間が作れることが嬉しかった。


俺はその時、膝の悪い親父と

ボケ気味の婆さんと実家で

3人暮らしだった。

 



 

 

東日本大震災の日、

兄夫婦が津波でタヒんで、

中学生の姪、小学生の甥が残された。


我が家は山側に住んでいたので家も会
社も無事だった。


兄嫁は一人っ子、

兄嫁両親は超高齢だし、

親父はまだ60代だから、

必然的に家で引き取ることになった。


それから2ヶ月は、

早起きして親父と朝飯作り、

弁当をもたせて学校に送り出し、

遅く起きてくる婆さんの飯を用意して

仕事場へ、昼に一旦戻って婆さんの

世話をして、また午後から仕事場へ…


夜も飯を作って食べさせ、

小学生を寝かしつける毎日で、

たまの休みも小学生を遊びに連れて
行ったりで、

仕事のこと、家のこと、献立のことで

本当にいっぱいいっぱいだった。


そのうち親父が過労で倒れて入院して
しまって、

一気に俺にのしかかってきた。


ある日子供たちが寝静まったあと

テレビを見ていたら涙が出てきた。



本当に勝手だけど、

すがる思いで別れた彼女(嫁)に

電話をかけたら、

すぐに家まで来てくれた。(片道20㎞)


家の中だとまわりに聞こえるから、

近所の公園のベンチですすり泣く俺の

話を黙って聞いてくれた。


落ち着いてから家に戻って俺は

寝たけど、彼女はタバコを吸いながら

テレビを見ていた。


起きたらいなくなってるんだろうなぁ、

悲しいなあと思いながら目をつむって、

気付いたら9時を過ぎていた。



小学生と中学生の部屋を見たけど2人
はいなくて、

やべえやべえと階段を駆け下りたら、

彼女が婆さんに飯を食わせていた。


俺を起こしたけど起きなかったから、

勝手に朝ごはんを作らせてもらった。


お弁当の用意もしたから昼に学校まで
届けて欲しいと言われた。


婆さんは彼女のことをヘルパーさんと
思っているようだった。


とりあえず会社に行って、

昼に学校に行って家に戻ったら、

婆さんと彼女が昼飯を食っていた。


洗濯物も洗っていいのかと聞かれて、

すまないと思いながらもお願いした。


婆さんの昼寝中に風呂洗いと掃除機が
けまでしてくれていた。


夕飯を作った彼女は、一旦家に帰って、
夜にまた戻って来てくれた。


彼女は、資格勉強のため無職だったか
ら、

時間はあるからいいの、

とその日から家の母親的な

役割を引き受けてくれるようになった。


家事の合間を縫って勉強をしてるみたい
だった。


ふさいでた中学生の姪のケアもしてくれ
て本当に助かった。


退院してきた親父は、

家で働く彼女の姿を見て、

ありがとうって泣きながら

何度も頭を下げた。


俺も、しばらくは大変な生活が続くだろ
うけど、

絶対にお金の苦労はさせないから、

ずっとこの家で暮らしてくれないかっ
て頭を下げて、

親父と彼女の両親のところへ行って、

今までの経緯を説明した。


彼女の両親もとても良い人で、

姪と甥のことも可愛がってくれた。


良い日を選んで入籍して、神前式を挙
げた。


小学生の甥が夜は俺の部屋で

寝るもので、嫁との体の関係は

しばらくなかった。


ちなみに、今現在俺は30代で、

嫁はアラサー。




スポンサーリンク





 

 

自分たちの子供が欲しいなーと

思っているけど、嫁的には、

姪と甥がせめて高校を出てから~と

考えているようで、とにかく、

今いる子供たちを立派に

育てなければと思っている。


二人とも目標があるなら

大学まで出てもらわなきゃいけないし、


保険金には手をつけたくないから、

仕事頑張ります!


 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


パソコンやスマホで「キュン死」続出!
本屋さんでは手に入りにくいマンガもいっぱい!
1度料金を支払って無期限で読める!

今大人気の電子書籍のサービス!!

→詳しくはこちらをクリック←



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪