馴れ初め話

【馴れ初め 感動する話】嫁は病院の受付をしていた。3つ年上だが物凄く可愛いくて俺が墜ちた…

 

嫁は病院の受付をしていた。3つ年上だが物凄く可愛いくて俺が墜ちた…

 

 

 

 

手をケガして、

診察に行った病院の

受付していたのが嫁。


何回目かの通院時の受付で、

ふいに嫁がつかぬ事を訊いてきた。



嫁「〇〇(俺)さんは△△小学校出身で
はないですか?」

俺「はい…そうですが」


嫁「同級生で◇◇▽▽(♂)って憶えてま
せんか?」


と言われてふと気付いた。


そういや彼女の名札も同じ

◇◇の苗字。


…てなわけで、まさか同級生の姉と

一緒になるとは思わなかった。


ちなみに嫁3歳上です。


その同級生…つか義弟(以下K)だが、

低学年の時2度同じクラスで、

正直そんな親友でもなかった。


で、正直俺は憶えてないんだが、

嫁曰く、Kの家に共通の友達等と

遊びに行った時、

丁度嫁が着替えをしていて、

一瞬俺に見られたらしい。


その後、俺と嫁は学校の図書委員で

同じ期になり、顔合わせの時に

俺の顔を見て「見た奴だ!」と、

名前も完全に覚えたみたいw


スポンサーリンク



 

 

まぁ小学校の時はその程度で、

まず嫁卒業。


やがてKとはクラスが別れてから

接点も無く疎遠になり、

中学校も別々。

 


 

 

で、先に書いた再会な訳だが、

嫁は俺の名前を見てすぐに

分かったらしく、


俺が通院の度に本人か

確認してみようかずっと頃合いを

見ていたが、周囲に人が多くて

中々訊けなかったとの事。


但し嫁は、俺を単に

いい話し相手になれば…的な

感覚で見てたみたい。


一方の俺は、突然Kの名前を出され

その姉だと言われて

何か狐につままれた気分だった。


当時俺24で嫁27。


正直年上にも興味無かったし。


…が、その後の通院時の支払いで

押印する際、中々ハンコが

上手くつかず、替わりに押印を

試みてくれた嫁も上手く

ハンコがつかず、2人でドッと笑った。


その時初めて、彼女が何か物凄く

可愛いなと思えて、

…俺彼女に墜ちちゃった訳で、


以来、それまで何とも思わなかった

通院が毎回wktkに。


んで、通院残り数回って時に


周囲の隙をついて突撃。




スポンサーリンク





 

 

私でいいの?みたいな事を

言われたけど、

こちらは熱意あるのみ。


まあその後は何回か危機も有ったけど、

約2年間の道のりの末、

彼女を無事嫁にする事が出来ました。


今は娘2人の世話に追われながらも、

一家4人何とか楽しくやってます。

 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


パソコンやスマホで「キュン死」続出!
本屋さんでは手に入りにくいマンガもいっぱい!
1度料金を支払って無期限で読める!

今大人気の電子書籍のサービス!!

→詳しくはこちらをクリック←



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪