馴れ初め話

【馴れ初め 感動する話】嫁はネットで知り合った女医の卵、美人系清楚な女で・・・

 

嫁はネットで知り合った女医の卵、美人系清楚な女で・・・

 

 

 

 

 

 

今から7年前の話だ。

当時、彼女(嫁)24、俺29。

彼女とはネットで知り合った。

嫁が「○○の情報知ってる人いません
か?」と書き込みしていたのに対して

レスし、それをきっかけにメル友になり、

半年ほどメール交換した後に初めて
会った。

 

正直、相手の容姿は全然期待していな
かった。

 

むしろブスだと思っていた。

写メはショートカットだったので

男にも見えるというくらい

女っぽさがなかった。

 


スポンサーリンク



 

 

ただ、趣味が合うことははっきりしてい
たので、

気軽に友達と会う感覚で待ち合わせ場
所に出向いた。

 

そこに現れたのはちょっと可愛いという
か美人系の、

黒髪セミロングで清楚な女の子だった。

 

服装もお洒落(というかお嬢様系の清
楚な恰好)だった記憶がある。

俺は緊張しまくった。

 

もともと持っていた卑屈精神が全開に
なった。

こんな低スペ男が現れてごめんと謝り
たくなった。

 

 

 

 

彼女は当時の俺の心情を察していたの
かは定かではないが、

メール通りに気さくに接してくれた。

 

その後行った飲み屋で話しているうちに

すっか打ち解け、

お互いゲラゲラ笑って

趣味の話をして楽しく過ごした。

 

そこで「実は言うつもりなかったんだけ
ど・・・」と打ち明けられたのは、

彼女が医学部生だという事実。

 

つまり女医の卵だ。

 

半年のメール期間中にもそのことを

言うか言うまいか随分迷ったみたいだ。

 

専門卒で当時年収350しかなかった俺
は、彼女と会って

かすかな恋心を抱いていたものの、怖
気づいてしまった。

 

こんな才色兼備で若い女性と

俺みたいな30間近の低スペ男なんて

友達止まりだよな、と。

 

ここまで書いて上司に呼ばれたorz 隙
を見計らってまた続き書く

 

彼女とはそれから月に2回くらいのペー
スで会うようになった。

 

一緒においしいパスタを食べに行った
り、映画を見に行ったり。

 

友人としてとてもいいやつで、

俺が別の女に失恋したときも本気で慰
めてくれた。

(言い忘れてたが、彼女と会ったときつ
きあってる彼女がいた)

 

趣味の話をし始めたら何時間でも話せ
た。

 

一緒に本屋に行っても退屈しなかった。

彼女のセンスに興味があったし、

彼女が俺に勧めてくれた本はハズレが
なかった。

 

俺と彼女の間にはそういった強い「友人
意識」というものがあった。

 

それが暗黙の了解になっていた。

 

しかし問題だったのは、彼女がモテたこ
とだ。

 

同級生の男とつきあうことになったと言
われ、俺は激しい嫉妬を覚えた。

 

この時点で、俺は、彼女のことを完全に
異性として意識しているんだと

実感させられた。

 

彼氏だってできるだろう。

 

彼女は大学生だ。

専門卒の俺の知らない

キャンパスライフとやらを満喫してい
るんだろう。

同級生の男とやらもリア充っぽい。

 

そいつについては詳しく聞きたくなかっ
たので

極力聞くのを避けたから詳しくは聞か
なかった。

 

彼氏ができたのは痛恨だったが、.

彼女は本当にいいやつで、

無くしたくないと思った。

 

もう会えないなんて耐えられなかった。

 

彼女にとりあえずおめでとうと伝え、

恐る恐る「彼氏ができたなら、

俺と会うのはもうなし?俺は

これからも会いたい」

と強く言った。

 

彼女は「うーん、彼に聞いてみる」と言
い、数日後OKの返事をもらった。

 

俺と彼女はこれからも友人としてつき
あうことになったし、

俺は「彼とうまくいってる?」など

探りを入れるような話題は避けた。

聞きたくなかった。

 

彼女ものろけてくるようなことはなかっ
たが、時々その影がちらついた。

 

俺「あの映画見に行かない?」

彼女「ごめん、それ、もう見た」

こういう会話ののち、

深くは突っ込まなかったが、内心これは
たぶんそいつと

見に行ったんだろうと思ったりしていた。

 

そのような会話はほんとうに些細なこ
とで、

一回会って一回あるかないかくらいだっ
たのだが、

それが重なると耐えられなくなった。

 

こんな思いはもうしたくないとまで思い
詰めた。

 

ならいっそ、彼女との関係を白紙に戻そ
う。

忘れよう。

 

彼女は幸せなんだろうしそれでいいじゃ
ないか。

 

俺は元の冴えない男に戻っただけだ、

と言い聞かせ、決意をして

もう終わらせることにした。

 

終わりも何も、まだ何も始まっちゃいな
いんだけどな。

 

彼女と待ち合わせをして、ちょっと豪華
なレストランで彼女に言った。

 

「俺、○○ちゃんが好きだ。ずっと好き
だった。

 

でも、○○ちゃんには彼氏がいる。

それが耐えられない。だからもう会うの
をよそうと思う」

彼女はそこで黙った。

 

それから言いにくそうに口を開いた。

 

「私はあなたに恋愛感情を持っているか
どうか分からない。

でも、今の彼氏とあなたとどちらを失う
のが辛いかといえばあなただよ」

 

どういう意味か分からなかったが、

言いにくそうにしている彼女を強引に
説得して言わせると

 

・彼とは趣味が合わない。

本を読まないせいか話題が

TVのことと勉強のことばかり。

あなたと話しているほうが楽しい

 

・彼とは告白されるがままにつきあっ
た。

断る理由がなかったから、

つきあっていくうちに好きになるんじゃ
ないかと思っていた

 

・一緒にいて楽しくない相手とつきあう
のはどうなのかと思っていたが、

彼に尊敬できる部分もあるので、

そういうつきあいを大事にしていこうと
思った

 

・彼とつきあうことであなたを失うこと
はつきあうと言った時点で

想像していた。

 

でも、彼とつきあううちに惹かれる
と思っていた。

でもそうじゃなかった。

 

・今は、あなたを失いたくない。

だから彼氏と別れろと言われればそう
する

 

「彼氏と別れろと言われればそうする」

と言われた時点で俺はキレた。

 

「別れろと言われなかったらそいつとつ
きあい続けるのか?だいたい、

前から俺の気持ちは知ってたのか?

俺はお前に今、正式に告白したんだ。

 

お前を失うことを分かっていて、

それでも俺の気持ちを最後に

伝えたくて告白したんだ。

 

なのに今の返事はなんだ?

 

だいたい、好きでもないのにつきあって
いくうちに

好きになっていくかもってなんだよ!

そんなやつ切っちまえよ!

 

俺といるのが楽しいなら

それでいいじゃないか!

こんなクソカップルに嫉妬してた俺が

嫌になるよ!」

 

彼女は黙って席を立ち、トイレに行った。

 

帰ってきた彼女は明らかにやつれてい
た。

泣いていたかどうかは判別できなかった
が。

 

そして、席について冷たい口調でこう
言った。

 

「私もあなたのことが好きです。

でも、今はおつきあいのお話をできる身
ではありません

(彼氏持ちのことを言いたかったよう
だ)。

 

だから、一か月待ってください。

一か月連絡もしないでください。

誠実にお返事します。

それでいいですか?」

 

丁寧語が印象的だった。

 

一か月も待つなんて冗談じゃないと思っ
たが、

彼女の冷たい口調に俺は仕方なく了承
するしかなかった。

 

食事が終わり、彼女を家の前まで送って
行った。

 

彼女は相変わらずぐったりした様子だっ
た。

 

俺はぐったりした彼女を見て、「大丈夫
か?」と声をかけた。

 

何も言わない彼女を見て、思わず彼女
を抱きしめた。

彼女は無反応だった。

 

翌日、電話がかかってきた。

 

やけに明るい口調だった。

 

「直接会って言いたいから今は言わない
けど朗報だから」と言われた。

その一言で俺は意味が分かった。

 

初めて会ってから3年後に俺たちはつき
あうことになった。

 

しかし、今までと同じく付き合い方は変
わらず、

会ってもずっと最近読んだ本の話をした
り、その感想を言い合ったり、

お堅い内容の議論をしたり、

一緒に見た映画をボロボロに

貶して悪口で盛り上がったり

というつきあいだった。

 

彼女が国家試験の勉強に

集中したいという時期には

距離をあけたが、試験が怖くて

たまらないと言って彼女から毎晩電話
をかけてきた。
.

医師国家試験に合格し、

彼女はめでたく医者になった。

 

俺は冴えない技術者のままだ。

 

彼女が医者になったとき、

俺たちは結婚した

(就職した後に苗字が変わるのが嫌
だと嫁の弁)。

 

激務のせいか滅多に笑わなくなったの
が寂しいが、

俺には愚痴を聞いてやることしかでき
ない。

 

それでも嫁はひとしきり愚痴を言った
後、

俺に向かってありがとうと言ってくれる。

 

結婚して後悔したことは一度もない。

 

ほとんど家事をやってくれないのが不満
だが、

俺は嫁と結婚できて本当に幸せだ。

 

以上です。

こんな駄文に

つきあってくれてありがとう。

 

追記

嫁は俺の好意には早々に感づいていた
らしい。

 

「だってあなた分かりやすいんだもん」

と、つきあって一か月後くらいに笑い交
じりに言われた。

 


スポンサーリンク





 

 

「でも私だってあなたのこと友達として
好きなのか

恋愛感情なのか分からなかったから、

すごく迷ったんだよ」とも言われた。

 

家では完全に嫁優位。

 

年収は完全に負けてるし、家事は俺の
担当だ。

 

というか、家事は俺の担当という取り決
めをした記憶はないのだが、

いつのまにかそうなっていた。

 

でも嫁の尻に敷かれてるのも幸せだな
と思う毎日だ。

 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

パソコンやスマホで「キュン死」続出!
本屋さんでは手に入りにくいマンガもいっぱい!
1度料金を支払って無期限で読める!

今大人気の電子書籍のサービス!!

→詳しくはこちらをクリック←

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪