馴れ初め話

【馴れ初め 感動する話】嫁が泣いていたので話を聞く。社内で…ファミレスで…ホテルで…

 

嫁が泣いていたので話を聞く。社内で…ファミレスで…ホテルで…

 

 

 

 

俺と嫁さんも考えてみれば

不思議な御縁。

 

俺と嫁さんは同じ会社だが、

俺が本社勤務だったのに対して、

嫁さんは支店勤務。

 

会社が営業強化で本社の

スタッフ部門から営業部門に

人員を移動することになり、

初めて経験する営業部門の

事務をしていたのが嫁さん。

 

背は高くて美人なんだけど、

なにせ口が悪い。

 


スポンサーリンク



 

 

嫁さんの方が短大卒で年は

下なんだけど入社年次は一つ上で、

俺のことも「おまえ」と完全に

後輩扱い。

 

その上、伝票のミスでもしようものなら

蹴りは入れるし、

物差しで背中は叩くは、

しごかれた。

 

ただ、嫁さんは口は悪いけど

言っていることは間違っていなくて、

仕事に対する責任感は強く

そういう点で俺は好意を持っていた。

 

ある日、俺が外回りから帰ると、

嫁さんが食堂で泣いていた。

 

初めて見る嫁さんの涙だった。

 

俺は自販機で缶コーヒーを買うと

嫁さんに渡して、

「○○さん(嫁の姓)、

僕でよかったら話聞きますよ」と言った。

 

 

 

 

嫁さんは泣きながら

「ありがとう」と言って話し始めた。

 

些細なことだが、嫁さんと同じ課のお
局さんが喧嘩をしたのだ。

 

俺はいつかそうなるだろうと

予感はしていた。

 

俺は「僕は○○さんの言っていること間
違っていないと思いますよ。

 

今まで○○さんが僕に間違ったこと言っ
たことなかったですから」

 

嫁さんは「ありがとう。もっと話を聞いて
くれる?」と

今まで見たことのないような顔で

尋ねてきた。

 

俺はその日は仕事を

早々に切り上げて、ファミレスで

嫁さんに付き合った。

 

嫁さんとお局さんの長年の確執から

始まりいろいろな話になった。

 

嫁さんは話していくうちに元気になった
のか、

食べ物にも手をつけるようになった。

 

ファミレスを出て嫁さんと歩いているう
ちに、

嫁さんが「もっと話したいし、××さん
(俺)のことも聞きたい」と言った。

「えっ?でもこんな時間だよ」

「今夜は一緒にいたい」

 

俺は嫁さんとホテル(ラブホではない)
に泊まった。

 

話をしていくうちに、嫁さんの意外な姿
が見えてきた。

 

言葉も完全な女の子の言葉に

なっている。

 

嫁さんはずっと女子校で運動部だったの
で、

案外シャイで、普段は乱暴な言葉を

使っているのかなと思うと

可愛くなってきた。

 

結果、俺は嫁さんを抱いてしまった。

嫁さんは意外にも純粋だった。

 

嫁さんは恥らいまくりで、

それが俺を興奮させた。

 

嫁さんには悪いと思いつつ、

「この女を征服したんだ」という

充実感が湧いてきた。

 


スポンサーリンク





 

 

駄目押しだと思い、

嫁さんの〇にだした。

 

結果、嫁さんは見事妊娠。

そして入籍・挙式に至る。

 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

パソコンやスマホで「キュン死」続出!
本屋さんでは手に入りにくいマンガもいっぱい!
1度料金を支払って無期限で読める!

今大人気の電子書籍のサービス!!

→詳しくはこちらをクリック←

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

 

 
・YouTubeはもう稼げない…
・収益化を外された…
・一向に審査が通らない…

最新版のYouTube戦略を正しく身に付ければ
まだまだ稼げます!
今なら先着無料特典を受け取れます。