馴れ初め話

【馴れ初め 気団】嫁22、俺23。一人暮らしの嫁に貰った誕生日プレゼントが…

 

嫁22、俺23。一人暮らしの嫁に貰った誕生日プレゼントが…

 

 

 

 

23のとき合コンで知り合った。

嫁は当時22。

 

合コン自体は乗り気じゃなかったが、

たまたま趣味が合って話が弾んだ。

 

帰りに下車する駅が同じと知って、

特に下心もなかったが、

「どうせ方向が同じだから」と偽り、

嫁の家まで送って行った。

 


スポンサーリンク



 

 

お互い奥手(受け身)な者同士で、

連絡先すら交換しなかったので、

進展に時間がかかったな。

 

そこそこ楽しかったし、連絡先を訊けば
よかったんだが、

なぜか躊躇してしまった。

多分嫁も訊かれることを期待して
たと思う。

 

俺は真面目とか堅物と言われるタイプ
で、

実際元カノのことをまだ吹っ切れて
いなかったから、

嫁にそこまで興味が持てず。

 

次に再開したのは、数ヶ月後。最寄りの
駅にある本屋。

 

俺が見たかった音楽雑誌を、嫁が立ち
読みしてた。

 

俺が先に気付いて、「あっ」って言ってか
ら、しまったなと。

 

 

 

 

ちょっといい感じだったのに、

メアドも訊かなかった失礼な男に声をか
けられて、

相手も迷惑じゃないかと思ってしまっ
た。

 

咄嗟に、「あの日飲みすぎてうっかり連
絡先訊くの忘れた」と

嘘をついてしまった。

嫁、ちょっと苦笑い。

疑ってたと思う。

 

流れでメアド訊くしかねーなと思い、

静かな店内はアレなんで喫茶店に誘っ
たが、

お互い食事がまだだったんで、飯に
なった。

 

何となく気まずくて、さっき読んでた雑
誌のアーティストの話なんかをして、

今度カラオケに行こうとか映画に行こ
うとか、

適当に話してたが、このときも結
構話は弾んだ。

 


スポンサーリンク





 

 

で、また家まで送って行ったら、その後
ありがとうメールが来てた。

 

その後は、何となく一日一回くらい挨
拶メールをするが、

嫁からは素っ気ない返信ばかり。

 

嫁、容姿は中の上くらいなんだが、

なんとなく顔が大人くて妙な色気があっ
て、あの日の合コンでは

一番人気だった。

 

なのに、まるで男とメールしてるみたい
な素っ気なさ。

 

何だ、相手も俺に興味ないんだと思って
いたら、

あるとき「いつも短文のつまらないメー
ルでごめんなさい。

 

正直メール面倒くさくて、会って話すほ
うが手っ取り早い。

 

私、中身は男なんで」というメールが来
た。

 

なんだ、誘ってほしいのかと思い、次に
会う約束をした。

 

そんな感じで、気が向いたらメール、

会うのは月3くらいという付き合ってる
のかいないのか

微妙な関係が半年くらい続いた。

 

嫁は、乙女とイケメンが一緒になったみ
たいな性格で、

会えばいつも楽しくて、

真面目で礼儀正しいところも好感がも
てた。

 

元カノのことはもう忘れていた。

 

嫁のことを好きだと認めたくなかったよ
うに思う。

 

自分が傷付きたくなくて、いつも受け身
な恋愛で、クールを装っていたかった。

 

嫁から告白してくれば付き合うつもり
だった。

 

でも、どんな風に探りを入れても、

嫁は何も言わず、色気はたっぷりなくせ
に、

突然イケメンぶりを発揮したりと、本心
が見えないまま。

 

ガードも思いっきり固かった。

早く押し倒してしまいたかったのに、道
のりが遠い。

 

ある週末、珍しくちょっと荒れた嫁が、今
日は飲むよ!と宣言。

 

いつもは勧めても2杯までしか飲まず、

てっきり弱いんだと思い込んでいたが、
この日はかなり飲んでいた。

 

そしてちゃんと飲んだ分だけ多く払う律
儀な嫁。

 

べろべろだったんで、ベンチで酔いを覚
ますよう促すと、

嫁が「肩貸して」ともたれかかってきた。

 

色っぽくてドキドキした。

 

「そんな無防備じゃ、襲われても文句言
えんな」

 

「誰も私を襲うようなモノ好きはいませ
ん」

「いやいや…ここにw」

 

「…………俺くんが襲うの?あたしのこ
と?」

 

「……俺くんだったらいいよ。

俺くんが本当に私のこと好きなら。

でも、そういうことしたいがための、

辻褄合わせの好きなら

そんなものは要らない」

 

「どうした、急に」

こんなときでもごまかしてしまうヘタレ
な俺。

 

どうやら、会社の人に告白されてやん
わり断ったものの、

彼氏がいるわけじゃないんだろうと食い
下がられたらしい。

 

要は、付き合うつもりがあるのかないの
かはっきりしろってこと。

 

「次からは、ちゃんと彼氏がいるっていえ
ばいいよ」と、ハグしてみた。

 

恥ずかしくて死ぬかと思った。

 

その帰り、初めて手を繋いで帰った。

 

てっきり襲っていいものと思っていたの
に、マンションに着くと、

嫁は急にシャキシャキ歩き出て、

「じゃ、おやすみ」と帰ってしまった。

 

その後もお互い好きとも言わないま
ま、

中学生のような交際が続き、

かなりスローペースでキス、

セックルと進展。

 

まともにプロポーズもしないまま結婚し
てしまった。

 

付き合い始めるに至った(馴れ初め)はこ
こまでだぞ。

 

その後はうろ覚えなんだが、

何となくのらりくらりとかわされ蛇の生
殺し状態が続いた。

 

人前でいちゃつくのが嫌いで、

手は映画観てる最中しか

繋がないとか、

夜道ですらハグもキスもできないヘタ
レな自分も悪かったが、

嫁も決して自分から甘えることはなかっ
た。

 

何とか嫁の家に上がる口実欲しさに(俺は実家住まい)

手料理が食べたいと言えば、

デートに弁当を作ってきたこともあっ
た。

 

嫁は6年付き合った元カレに浮気されて

傷付いていたので、

誠実な人じゃないと嫌だと

何度も聞かされていた。

 

だからこっちも必死で自分の性欲と戦
い続けた。

 

俺にも好意を寄せてくれる

女の子はいたし、

そっちに行ったほうが正直楽かと

思ったが、

嫁に振り回されるのも悪くはなかった
し、何より

嫁を傷付けたくなかった。

 

そんなわけで、酔っ払ってハグした日か
ら早数ヶ月。

 

多分俺が、好きだとか可愛いとか、

もっと思ってることを口に出して言って
いれば、

嫁を安心させてやれたと思う。

 

でも照れ臭さが邪魔をして、そんな台
詞は今まで一度も言ったことがない。

 

言わない俺に言わせたい嫁は、

なかなか次のステップに進ませてくれな
いまま。

 

そして俺の誕生日が近付いて来た。

 

「誕生日何が欲しい?」

「ロレックス」

「ご自分でどうぞ」

 

本当に欲しいものは解ってるくせに、

とちょっと思ったが、

手料理をリクエストしておいた。

 

嫁はブランド物には全く興味がなく、

一人暮らしで質素に生活していたか
ら、

 

高価なプレゼントは期待していなかっ
た。

誕生日の後の土曜日、

嫁の家に招待され、手料理をご馳走に
なった。

 

手作りのケーキに、ハッピーバースデー
の歌。

ハイペースで飲んでた嫁は

ハイテンション。

 

頬がじょうきして

 

仕事を終えると、嫁からデートをキャン
セルしたいとメールが。

 

今はもう大丈夫だが、

体調不良で仕事を早退したので、

外出するわけにはいかないという内容
だった。

 

今はもう大丈夫だからと、

心配して家に来るなと言われてるよう
な気がしていたが、

そこは空気を読まず、嫁の家に行った。

 

来なくてよかったのに、と半分本気で
怒ってる嫁は、

ラフな服にすっぴん眼鏡で、

ちょっと顔色が悪くて、なるほど、こ
んな姿では女の子は

会いたがらないだろうなと思った。

 

それでも可愛いかったが、そんなことは
絶対口にできない。

 

体調不良でも食べられそうなものを

色々買い込んでみたが、

風邪ではないと言い張るし、

今は大丈夫てことは、
これは整理だなと。

 

(嫁の会社は男ばかりで、女は嫁一人。

 

却って気を遣われることが多く、

整理の重い?嫁は、よく早退させられ
たらしい)

 

せっかく来てくれたからと、

嫁がコーヒーを淹れてくれる間部屋を
見渡すと、

 

イケメンな嫁からは想像できなかった、

シンプルながら女の子らしく、綺麗な部
屋を見て益々惚れた。

 

そういえば弁当もうまかった。

 

ちっこいソファに密着するように座ると、
ドキドキしてまるで中学生。

 

照れ隠しに嫁の眼鏡を奪って掛けて見
る。

「うわっ、頭痛い」

 

「裸眼では家の中すら歩けないよ。人の
顔も判別できないw」

「この距離ならわかる?」

 

「今は俺くんといるからわかるよ。

でも街中で待ち合わせて、

同じような背格好の人がいたら、

至近距離まで近づかないとねw」

 

「どこまで近付いたらわかる?」

嫁が無言で近付いて来た。

俺の顔の前15センチ。

 

風邪だと思ってたから、何もせず渡すも
ん渡して帰るつもりだった。

でもこれはチャンス。

 

嫁と出会って約一年。やっとキスに辿り
着いた。

 

が、すっかり中学生と化していた俺は、

キスだけで股間に異変が 起こり、

それに気付かれまいと嫁を抱きしめた。

…書いてたら、思い出し勃起したw

 

なかなか治まらないどころか、

嫁ふわふわして気持ち良くて制御が効
かない。

 

ずっと抱きしめ続けていると、「ごめん、
今日 は ここまでね」と嫁が呟く。

 

「うん、解ってる。体調悪いのに、ごめ
ん」

 

それでも離れない(離れられない)俺の
何かに、嫁は気付いたみたいだ。

 

ムードのかけらもなくて悪いけど、と、ト
イレに行ってしまった。

 

敢えて俺の方を見なかったってことは、
気付いてたんだろう。

格好悪い。

 

嫁がトイレに行ってる間にコーヒーを飲
み干し、帰り支度をした。

 

嫁におやすみとお大事にを言って、ウキ
ウキして帰った。

 

帰り道に考えていたのは、今日「は」ここ
までという嫁の言葉。

 

整理が終わった次がチャンス!!!と
期待に胸を膨らませ、約半年が経過
……

 

途中送信してしまった。

 

頬を染めた嫁が、クローゼットの中か
ら、小さい包みをだしてきた。

 

「はい、プレゼント」 中身は歯ブラシだっ
た。

 

いや、高価なものは期待していないが、
これはあんまりじゃ…。

 

「ありがと…」という俺に、大小の包みを
ぽんぽん渡す嫁。

 

ソックス、デニムのパンツにシャツ、パ
ジャマ、、、

 

「たぶんボクサー派だと思うけど、

寝るときはトランクスがいいかと思い、

両方用意したよ。

 

でも持って帰ったらダメ。

これは全部うちに置いとくんだよ」

最後はパンツだった。

そう、これらはお泊りセットだった。

 

「ありがとう。早速使わせてもらうよ」
と、抱きついて押し倒そうとすると、

拒否された。

 

「まだ全部揃ったわけじゃない」という
嫁。

コンドームは男が用意するものだよな、
うん。

 

嫁が後片付けをしている間に、俺はコン
ビニへ。

 

やる気マンマンと思われるのが嫌だった
が、

マンマンだからしょうがないよな。

 

部屋に帰ってきて、

まだ食器を洗っていた嫁の背後から

抱きついて耳にキスしたら、

嫁、膝からガクッと崩れ落ちた。

 

両脇を抱きかかえて両手の

泡を水で流して手を吹いてやり、

お姫様抱っこでベッドに運ぶ途中、

初めて嫁から「好き」と言われた。

 

うん、と答えるのがやっとで、

多分顔が真っ赤になってたから

部屋の明かりを消して、おいしくいただ
きました。

 

無我夢中で服を脱がせたあと、ふと我
にかえって優しくキスした。

 

それまで大事にしてきたから、

正直どう扱っていいか迷った。

 

何年も付き合ってた男もいたし、

当然純粋ではなかったが、

なんか純粋を抱いてるような感覚。

 

俺も恋愛経験なしみたい。

 

嫁が俺の首に手を回して、「いっぱい待
たせてごめんね。

好きにしていいよ」と言ったから、

そっからはまた理性が飛んで、

その先ははっきり覚えていない。

 

……嫁に会いたくなってきた。

今実家に帰ってるんだよなぁ。

 

何回したのかはっきりしないけど、

目覚めは午後で、嫁はもう着替えてメ
イクもしたあとだった。

 

「おはよう」と声をかけると、

「物事には限度があるだろう!」と怒ら
れた。

 

本当は起きてからもう一回と思ってた
のに。

 

その後、二人で買い物に出かけて、また
夕食を食べた。

 

そんな感じで、週に一回泊まる生活が
続いた。

 

もともとお互い自分の時間を大事にし
ていて、

嫁は色々仕事で必要な資格を取ったり
週末に家事をしたり、

何かと多忙だったから、

そのペースがちょうどよかった。

 

居心地がよかったから、

結婚を意識しなかったわけではないが、

俺は、家庭を持てるほどの収入がなかっ
た。

 

大卒で、手取り20を切るなんて、俺の
周りでは当たり前。

 

後から知ったが、高卒ながら資格職の
嫁の方が、俺より遥かに稼いでいた。

 

転職を考えたが、なかなかいい企業が
なく、ただ時間が過ぎる。

 

そんなとき嫁が、引っ越したいと言って
きた。

 

貯金が目標額に達したので、マンション
を買うのだと。

 

子供の頃から貯金して、高校でバイト
代貯めて、

一人暮らしで切り詰めて、その貯蓄額
は俺の5倍もあった。

 

嫁は俺との結婚を意識してなかったの
かと、

少しの安心と少なくない

がっかり感とで、何も答えられず。

 

嫁に連れられてマンションギャラリーに

行ったときには、営業の男から

「ご結婚でしょうか?」と訊かれ、

嫁に「あはは~違いますよ~」と

言われる情けなさ。

 

ファミリー向けマンションが多い地域で、

単身者向けのマンションには

限りがあり、

嫁はあっさり目星をつけてしまった。

 

実質2LDKくらいの3LDK。微妙な広
さ。

ペット対応なので、

一部屋は猫のための

部屋にすると言う。

 

何にも言えず黙っている俺に、

「キッチンが広くなるから、

料理が楽しみ。一緒にお風呂にも入れ
るねぇw」という嫁。

 

「嫁は、、、猫と暮らすのが夢なんだ」

言いたいことが言えない。

 

「一緒に住みたいの?」

「……そういうのもいいかなって、ちょっ
と思ってた」

「ふうん…… 私 は 嫌 だ な」

「えっ」

「だって俺くん、前に言ったから。

いつか結婚しても、自分の 部屋が

欲しいって。

 

誰かに邪魔されたくないって。

だったら一緒に住む意味ないでしょ。今
の関係が一番いいよ」

それは、まだお互いよく知らなかった
頃、結婚願望なんてなかった頃の話。

 

若いうちに結婚した友達の話をしたと
きにそんな話を

したんだと思う(あまり覚えていない)。

 

自分の趣味の部屋が欲しいのは

本心だが、嫁なら趣味も

共通でその必要がない。

 

こんなにいい抱き枕があるのに、

寝室を分けるなんて考えられない。

 

なんか長くなってしまった。

 

「人の価値観はかわるからね。でも同棲
は中途半端だから」

 

「だったら結婚しちゃおっか?」

「えっ」

「冗談です」

冗談といいつつ、ちょっと不機嫌になる
嫁。

「実は今仕事探してる。今の収入じゃ養
えないから」

これが唯一のプロポーズらしい言葉。

結局嫁はマンション購入を先送りにし、

俺の転職が決まりクリスマスにハイって
感じで指輪を渡し、その後結婚。

 

何もかも手抜きで嫁には申し訳ない。

 

 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

パソコンやスマホで「キュン死」続出!
本屋さんでは手に入りにくいマンガもいっぱい!
1度料金を支払って無期限で読める!

今大人気の電子書籍のサービス!!

→詳しくはこちらをクリック←

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪