馴れ初め話

【馴れ初め 気団】嫁とは学食で。俺「席空いてますか」嫁(頷く)。女子二人で食事後の会話が手話だった…

 

嫁とは学食で。俺「席空いてますか」嫁(頷く)。女子二人で食事後の会話が手話だった…

 

 

 

 

 

その日に限って妙に混んでた昼飯時の
大学の学食で、

テーブルの相席を頼んだ。

 

メニューの載ったトレイ持ってテーブル指
差し

俺「すいません、ココ空いてますか?」
嫁(無言で頷く)

 

嫁さん、友達と二人連れなのに妙に静
かだったから、

キレイなのに何か無口な女の子だなと
か思ってたら、

食事が終わって始まったおしゃべりは、

手話だった。

 


スポンサーリンク



 

 

会ったのはそれが初めてで、

俺にとってはたぶん最初で、

最後の一目惚れ…なんだけど、

これは会話とは言えないかな

 

プロポーズは携帯のメールを使った。

 

必死に、かつびっくりさせてやろうとこっ
そり勉強した甲斐があって、

その頃にはもう普通に手話で

意思疎通できるようになってたんだけ
ど、

プロポーズはなんかこう、

くすぐったいというか恥かしい

というか、とにかく直接言いづらくて、

 

メールの文章に凝った言葉や

甘い言葉をたくさん並べた。

 

 

 

 

なんか、付き合い始めたばかりの頃を思
い出してニヤニヤしたりしてね。

 

まあメールでもかなり恥かしいけど、

それでもなんとか伝えられそうだと

思えたんで、

ボタンひとつで送信できるように

準備した携帯をポケットに

突っ込んで、

二人で焼きいも食べながら歩いて
る時に不意打ち的に送った。

 

嫁さん大喜びで、

それは良かったんだけど、

唯一の誤算は、嫁さんにその恥かしい
メールをしっかり残されちゃったこと。

 

思えば付き合い始めの頃、

俺との筆談に使った手帳のページや

喫茶店のコースター、

大事にとっておく様な女の子だったん
だっけって、

思い出しても後の祭りでございますよ

 

待ち合わせた彼女を待ってて

見かけたのは、大学生風の

カップルだった。

 

男が女の子の正面に立って、

何かしきりに手を動かしてた。

手話だ

 

彼はやっと手話を覚えたこと、

覚えるのは結構大変だったこと、

女の子を驚かせようとして、

その日まで秘密にしてたことを伝え、

女の子の方は彼が勉強してることを

知らなかったこと、

本当に驚いたこと、

 

嬉しいと思っていることを伝えて、

そのうちもどかしくなったのか

彼の手を握って、2度3度、

嬉しそうにその場でほんの少し

飛び跳ねてみたりしてた。

 

悪趣味な盗み聞きだとは解ってたけど、

その時ようやく手話を

使いこなせる様になったばかりの俺に
は、

それは例えば外国の街で

突然耳に入ってきた日本語が

気になる様に、

申し訳ないけどどうしても

気になる光景だった。

 

たぶん、俺はにやけてたと思う。

 

怪しい奴に見えたかもしれない。

 

でも、それは微笑ましくて、こっちまで
心があったかくなる光景だった。

 

服の裾が引っ張られる感覚に振り返る
と、そこに俺の彼女が来ていた。

 

何を見てたのかとか、

顔が嬉しそうだとか、

もっとはやく私に気づけとか、

微妙に頬を膨らませて、

もの凄い勢いで手話を繰り出す彼女
に、

俺は手話でごめんなさいと伝え、

ちょっと昔を思い出してたことを

伝えた。

 

それでも彼女は少し首を傾げ、

その”昔”を知りたそうな

表情だったけど、俺は笑って

ごまかした。

 

今目の前にいる女の子を驚かそうと、

秘密で手話を勉強してた頃の事だ……
とは、

恥ずかしくて言えなかった

 

あー…これはまだ結婚する前、

カップル板に俺が書いたレスだな。

 

美術館に手話通訳付きのイベント見に
いった時、見かけたんだ。

 

彼も彼女も可愛いカップルだった。

 

上手いこと言葉にできないけど、

この二人見たのがきっかけで、

結婚する覚悟決めたんだよね。

 

しかし、いきなり目に入ると文章の恥か
しさに冷や汗出るな。

 

しかも既婚女性板なんて、

ちらっと覗いたことすらないというのに

 

あんまり面白くないかもしれないが、ご
要望にお応えするぞ。

 

「初めてした会話」ってのはこっちの方が
相応しかったかもしれないね。

 

嫁さんに会ったばかりの頃の俺はもちろ
ん手話なんかできないし、

だからといっていきなり紙に

挨拶書いて渡すってわけにもいかないし
で、

仲良くなりたいと思っても、

どうしたらいいか全く解らなかった。

 

何日か過ぎて、その日、

学校の帰りに正門に向かう道で嫁さん
を見かけた。

 

初めて会って以来、見かけるときはいつ
も一緒だった

友達の姿は見えず、一人で

歩道脇の植え込みの陰を覗き込んで
た。

 

俺たちが通ってた学校には、

時々食べ物目当てに敷地内をうろつく

野良猫が、何匹かいて、

その時植え込みの陰から嫁さんの

気を引いたのは、そのうちの一匹。

 

でもそいつは撫でてやろうと何度か挑
戦した俺を、

その度引っ掻いたり威嚇したりした、

ちょっと可愛くないヤツ。

 

だから、嫁さんに駆け寄って慌てて伝え
た”引っ掻きますよ、

気を付けて”って一生懸命ジェスチャー
で招き猫の手の形をしたり、

爪立ててフーッてやったあと、

顔の前でバッテン作ったりして。

……いや、冷静に考えれば

明らかに変な人だろうけど、

その時は必死だったから、

若干引きつった顔の嫁さんに

手帳渡されるまで、

筆談なんて思い浮かばなくてさ。

 

受け取った手帳には”どうかしました
か?

”的な事が書いてあったから、俺は、

引っ掻くから気を付けてって言いた
かったこと、

耳が不自由だと思ったから喋らずに、

ジェスチャーしたのであって、

 

決して決して決っして変な人ではないっ
てことを書いた。

 


スポンサーリンク





 

 

それから、嫁さんの聴覚障害を俺が
知っている理由とか、

改めての自己紹介で

手帳のやりとりをしてるうちに、

いつのまにか素直に撫でられてる猫に
気付いて、二人で笑った。

 

彼女と仲良くなったのはこの日から。

 

なんてことない出来事だけど、

この日のことはたぶんもうずっと忘れな
いね。

 

それと、長い文章書いたの久しぶりだか
ら、読み辛かったらごめんよ

 

 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

パソコンやスマホで「キュン死」続出!
本屋さんでは手に入りにくいマンガもいっぱい!
1度料金を支払って無期限で読める!

今大人気の電子書籍のサービス!!

→詳しくはこちらをクリック←

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

 
・YouTubeはもう稼げない…
・収益化を外された…
・一向に審査が通らない…

最新版のYouTube戦略を正しく身に付ければ
まだまだ稼げます!
今なら先着無料特典を受け取れます。