馴れ初め話

【馴れ初め 気団】嫁とはあの恥ずかしい思い出がなければ、こんな暖かい家庭を築けなかった…

 

嫁とはあの恥ずかしい思い出がなければ、こんな暖かい家庭を築けなかった…

 

 

 

 

店に米用の計量カップ

買いに来た女の子が嫁だった。

 

探したんだが計量カップは

何種類もあったのに、

1合のカップはなくて

「申し訳ありません」と謝ったら、

「いいですよ」とにこっと

笑った顔がかわいくて一目惚れ。

 

計量カップの件で30分くらい

必死こいて探してたもんだから

覚えられて、店に来る度俺に

ちょこっと会釈してくれるように

なったんだよ。

 


スポンサーリンク



 

 

それで「料理好きなんですか?」

「はい」

とか話すようになって、

いつの間にか頭の中が

彼女でいっぱいになってしまった。

 

ある日、いつものように店にきた彼女
に、

 

俺「携帯の番号教えてくれませんか?」

嫁「?」

俺「そ、その携帯の番号を教えてくださ
い!」

嫁「え?」

俺「だ、だからその好きです!!!!」

と叫んでしまった。

まあそれからはご想像にお任せするよ。

 

店の中では悪いと思ったさ!だけど、

朝は早いし夜は遅いしで

嫁を外でつかまえられなかったんだ。

 

だからせめて勤務時間外で

告ろうと携帯の番号を

聞いたらうまくいかなくて、

頭が真っ白になってしまったんだよ。

 

 

 

 

その時は、嫁はすぐに店の外に

逃げてしまい、

失恋確定だと思った。

 

夜はヤケ酒して涙さえこみ上げてきた。

 

だけど、その2日後嫁が

ひょっこり現れて紙切れを

俺に渡してくれたんだよ。

 

すぐ逃げられたけど。

 

紙切れには携帯の番号が

書いてあって、まあそれで夜に

電話してちゃんと告白した。

 

…後で聞いたら嫁は携帯を

携帯しない人間で、

とっさに番号も言えなかったとかw

 

よく首にならなかったと

オーナーにも嫁にも感謝してる。

 


スポンサーリンク





 

 

未だにネタにされて

笑われるけど気にしない。

 

あの恥ずかしい思い出がなければ、

俺はこんな暖かい家庭を

築けてなかったんだからな。

 

 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

パソコンやスマホで「キュン死」続出!
本屋さんでは手に入りにくいマンガもいっぱい!
1度料金を支払って無期限で読める!

今大人気の電子書籍のサービス!!

→詳しくはこちらをクリック←

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

 

 
・YouTubeはもう稼げない…
・収益化を外された…
・一向に審査が通らない…

最新版のYouTube戦略を正しく身に付ければ
まだまだ稼げます!
今なら先着無料特典を受け取れます。