馴れ初め話

【馴れ初め 気団】嫁は冬山道路脇に車ごと雪に埋まってて助けたが…。その後、まさかの偶然・・・

 

嫁は冬山道路脇に車ごと雪に埋まってて助けたが…。その後、まさかの偶然・・・

 

 

 

 

冬のある日、

夕暮れの道路脇に雪の中に

車ごと埋まっていたのが俺の嫁です。

 

冬山やった帰り道、

狭い県道を走っていたら

道路脇に車が1台落ちていました。

 

あ~あ。

やっちゃったな。

と思い脇を通過しようとしたら

突然車からビーーーー!!!っと

クラクションが鳴ったんです。

 

あわてて~車を止め戻ってみると、

落ちたくるまから美人さんが

降りてきました。

 


スポンサーリンク



 

 

日帰り温泉に来たんだけど、

車が雪道でスピンした挙句、

道路下に落ちてしまい

山に近くて携帯の電波も入らない。

 

温泉に戻るにも里に降りるにも

5km以上冬道を

歩かなくてはならない。

 

途方に暮れたけど温泉があるから、

お客か従業員か業者がいつか

通ることを祈って車で

耐えていたそうです。

 

それは災難と思いひとまず

雪山道具からサーモス(魔法瓶)を

出してきてその女性に温かい

コーヒーを渡しやはり山道具の

スコップで車の腹がついていた部分を

掘り出し、牽引ロープでなんとか

引っ張り出しました。

 

 

 

 

女性はすごく感謝して財布を取り出し
お礼です。

 

と千円札数枚取り出したんですが

雪道で困っていたらお互い様だから

なんにも気にしなくて良いと言って

そのまま立ち去りました。

 

走り出して数分後、

お礼に名前と携帯くらい

聞けば良かった!

 

そういうことに気が付かないから

俺は彼女が出来ないんだ。

と後悔したものです。

 

そんなことがあったことも忘れかけた

数週間後。

 

俺は再び雪山登山をして無事下山。

 

下山後の温泉大好きで、

山の麓の温泉で日帰り入浴をして

休憩所スペースでまったり

していました。

 

そしたら脇から女性が

話しかけてきて、

「あの。○○温泉の道路で車助けた
事ありませんか?」と言われました。

 


スポンサーリンク




 

 

あれ?っと思ったらその時の彼女が

偶然こっちの違う温泉に来ていて、

俺の顔は正直よく覚えていなかったけど

車は良く覚えていて、

駐車場にあったからもしかして

いるのかも。

と思い探したそうなんです。

 

その時のお礼がしたいと

言われましたが、

明るいところで見たら

最初に見た印象よりはるかに

可愛いので気が動転してしまい、

食堂のソフトクリームを

おごってもらいお礼としました。

 

そして別れた時気がつく。

はぁ。

また連絡先聞きそこねてます(泣)

 

名前は聞いたけど。

 

季節巡り春。

 

山を登ってきて温泉に入ろうとすると、

彼女のことを思い出す。

 

みたいに、美化された思い出に

なり始めた頃3度目の奇跡が

ありました。

 

やはり山登りしてからの

温泉に来た時、

 

今度は俺が駐車場に

彼女のくるまを見つけたんです。

 

慌てて日帰り入浴の方に行ったけど、

はたと思案。

 

中に入って入浴中だったら

見つけられない。

 

登山帰りの汗臭いまま

風呂に入らないで

受付やロビーにいるのもかっこ悪いし
周りに迷惑。

 

悩んだ末駐車場でトランクを開け、

山道具の整理しながら

これから温泉行く支度していますよ。

 

雰囲気で待つことにしました。

 

待つ事約30分。

 

その彼女。

出てきました。っていうか、

本当に出てきたことで逆に焦る自分。

 

で、待つ間しきりに出入口

気にしていたから出てきた彼女と

すぐに目が合っちゃって、硬直しました。

 

そしたら、向こうも一瞬驚いていました
がすぐに満面の笑み。

 

○○さんじゃないですか。 って向こうか
ら話しかけてくれました。

 

俺「やぁ。すごい偶然だね。また温泉?」

 

彼女「はい。前にも温泉趣味って言った
じゃないですか。

そちらこそまた山ですか?」

 

俺「そうだよ。今下山したところでこれ
から温泉行こうかなと思ったら

見た車があってビックリしてたところ。」

 

彼女「そうですね~。3回も会うなんて
ありえないですよね。」

 

俺「でも、毎回一人だよね。彼氏さんと
一緒に来たりしないの?」

 

彼女「あははは。やだなぁ。彼氏いたら
一人で温泉趣味してないですよ。」

 

そこで、二人とも微妙な沈黙。

 

俺「あ!あの!俺。いま風呂入ってくる
から晩飯一緒に行かない?」

 

彼女「え?あ。はい。いいですよ。」

という流れで

 

待つ間冷えるから私も戻ってまた温泉
に入ります(笑)と、

二人並んで温泉へ。

 

彼女「どの位で上がります?」

 

そんなこと聞かれたことなかった俺。

妙な感動にとらわれつつ

 

俺「じ、15分」

 

彼女「ぷ(笑)そんなんじゃ温泉がもった
いないですよね。

30分後ロビーで。」

と言った会話の後、入浴。

 

そのまま温泉館のお座敷を借りて

二人で夕食御膳を頂きました。

 

3度目の正直、

向こうは俺の事は私の危機を

救ってくれた素敵な人状態で

すんなり連絡先を頂けました。

 

向こうも連絡先を聞きたかった

そうなんですが、

言い出せなかったそうです。

 

後は、登山趣味と温泉趣味と

行き先が微妙に重なっていて、

すぐに仲良くなり、

ひと月とかからないうちに一緒に

温泉旅行に行く話がまとまって

しまいました。

 

そのまま、宿泊先で結婚前提のお付き
合いを申し込み今に至ります。

 

ちなみに、5才歳上の姉さん女房でして

3回目の夕食を一緒にしたとき以降は、

 

ずーーーっと嫁さんペースで

ことが運ばれ、

結婚前提のお付き合いとなった晩も

温泉宿の布団に正座させられながら

言わされた思い出があります(笑)

 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

パソコンやスマホで「キュン死」続出!
本屋さんでは手に入りにくいマンガもいっぱい!
1度料金を支払って無期限で読める!

今大人気の電子書籍のサービス!!

→詳しくはこちらをクリック←

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

 

 
・YouTubeはもう稼げない…
・収益化を外された…
・一向に審査が通らない…

最新版のYouTube戦略を正しく身に付ければ
まだまだ稼げます!
今なら先着無料特典を受け取れます。