馴れ初め話

【馴れ初め 気団】嫁「好きな人が出来たの」 俺ショック「おめでとう、さようなら」、一人で泣いた・・・

 

嫁「好きな人が出来たの」 俺ショック「おめでとう、さようなら」、一人で泣いた・・・

 

 

 

 

当時35歳だったモテないリーマンだった
俺の部署に、

配転で何人か配属された。

 

その中に美人系ではなく小動物系
のかわいい娘がいた。

 

自己紹介で「みんなにはハムスターに似
ているので

ハムちゃんと呼ばれています」と

言っていたので、みんなは

本名の○○子ではなくてハムちゃんと
呼ぶようになった。

そこで歓迎会で飲みに行った。

 

一次会と二次会ではハムちゃんと一言
ぐらいは話したような気がするが

覚えていなかった。

 

 


スポンサーリンク



 

 

そして三次会にもハムちゃんは

付いてきた。

 

すでに相当できあがっていた俺の

記憶はここから先が無く、

気がついたら自分のベッドで

Yシャツ着たまま寝ていて

すでに朝だった。

 

翌日二日酔いで会社に言ったら、

ハムちゃんに懐かれていた。

 

他の人にも話を聞くけど、

微妙に俺に聞くことが多いような

気がした。

 

ただ席は俺が一番近かったので、

近いヤツに聞いてるだけだろうと

思っていた。

 

 

 

 

ハムちゃんは小動物系で

ちょこまか動くのがかわいいので、

みんなにかわいがられていた。

 

なかでも部長は彼女が入れるお茶が

大好きで、彼女がお茶を

入れるとやたらと機嫌が良かった。

 

それと酒は強くなさそうで、

あまり飲まないのに飲み会には

必ず参加していて、

二次会とか三次会まで付いてきた。

 

そして俺の家と帰る方向が

同じだったので、

飲み会の後はよく一緒に帰っていた。

 

そのうちハムちゃんとは

飲み会以外でも時々一緒に

帰っていたが、単に一緒に

ファミレスで晩ご飯食べたりする

程度で、

たしかに仲は良かったが

後輩以上恋人未満というような

感じだった。

 

それに俺はもう一歩踏み出せない

理由もあった。

 

ある日曜日、ハムちゃんから

連絡があって彼女の家の近くの

喫茶店で会うことになった。

 

公「あのね、実はね、

好きな人が出来たの」

 

俺はもの凄いショックを受けた。

 

付き合っているわけでは無いが、

今のポジションが誰かに

取られると思うともの凄く

悲しいという気持ちが溢れてきた。

 

俺「そうか、おめでとう。

じゃああまり誤解されるような

ことをしたらダメだよ。

うまくいくといいね」

 

俺は一気にまくし立てた。

 

ハムちゃんは何か言いたそうだったけ
ど、これ以上

ハムちゃんの声を聞くと

情けないことに泣くのは

間違い無かった。

 

俺「じゃ帰るね。さようなら」

1000円置いて飛び出すように

外に出た。

俺はまっすぐ走り出した。

 

彼女は追ってこなかった。

 

そのまま走って川沿いの土手に

行って思いっきり泣いた。

 

多分遊歩道歩いてる人には

変な人と思われただろうけど、

気にしている余裕すら無かった。

 

彼女から電話とメールが届いていた。

 

でも俺は何も見たくなかった、

何も聞きたくなかった、

何をいう気力も無かった。

 

ケータイの電源をきって

ポケットに突っ込んだ。

 

気がつくと空が暗くなり

土砂降りになった。

 

俺はとぼとぼと自宅方向に

歩き出した。

 

途中のコンビニで傘を買うことも

出来たのだが、

そんなことを考える余裕も無く

まっすぐ帰った。

 

自宅に着いたら服を全部

脱ぎ捨てて素っ裸で

ベッドに潜り込んだ。

 

どうやら風邪を引いたらしく

考えがまとまらない。

 

何かの手が見えたような

気がしたので、

 

その手を掴んで「△△子?」って

言ったような気がする。

 

そしてまた意識が途切れた。

 

気がつくと月曜日の午後だった。

 

そばには心配そうに俺を覗き込んでい
るハムちゃんがいた。

 

俺の持っていない氷枕などがあって、

ハムちゃんがわざわざ

買ってきてくれていたようだった。

 

公「鍵開いてたから

勝手に入ってゴメンね」

 

公「ずぶ濡れの服とかがそこら中にあっ
たので

勝手に洗濯しちゃった」

 

公「ゴメンね、とにかくゴメンね・・・」

 

俺「ハムちゃんが謝ることはないよ、俺
が悪いんだし・・・」

 

そうしたらハムちゃんが泣き出した。

 

公「全部私が悪いのに、どうして・・・」

しばらくハムちゃんは泣いていた。

 

俺は何も言えなかった。

 

頭もあまり回っていなかったし、

何を言えば良いのか

よくわからなかった。

 

そのうちハムちゃんが泣き止んで、

公「△△子さんって元カノ? 

やっぱり忘れられないの?」

 

このとき俺は頭が全く

回っていなかったので、

聞いたことは何でも素直に答える
という、

自白剤を打たれたスパイのようだった。

 

俺「元カノっていうか、

30歳前ぐらいに自分では

付き合ってたと思ってた結婚詐欺師の
名前」

 

俺「俺に唯一優しくしてくれた人。

結局騙されちゃったんだけどね・・・」

 

俺は馬鹿正直に思い出したくも無い

過去をべらべらしゃべってしまった。

 

もう引かれたってどうでもいいやって
思っていた。

 

公「ゴメンね、思い出したくない過去思
い出させちゃって」

 

俺「いいよ、そんなのごく一部だか
ら・・・」

俺「他にも両親がW・・・」

 

公「いいよ、言わなくても。全部知ってる
から。

辛いこと無理に言わなくても」

俺「全部ってどうして・・・」

 

ハムちゃんは俺が封印した過去を全部
知っていた。

 

俺の両親がW不倫して

父親からはいらないと言われたので

母親に引きと取られたら、

母の不倫相手にいらないと言われて

結局父親に引き取られたこと。

 

高校時代の初恋の相手に書いた

ラブレターをコピーして

回し読みされたこと。

 

会社に入って1つ上の先輩を

好きになったら、

一応いい顔してたけど裏で

犬以下って言われていたこと。

 

29歳で結婚を焦っていたころに

やっと優しくて素敵な人だと思って

交際を始めたら、

実は結婚詐欺師で貯金を全部

持ち逃げされた上に借金まで

背負わされたこと。

 

本当になーんでも知っていた。

 

俺「どうして知ってるの」

公「最初の歓迎会のときに三次会で
延々と聞かされたから・・・」

 

俺は穴があったら入りたくなった。

何のことは無い、全部俺が

ハムちゃんに無理矢理

不幸自慢をしていただけだった。

 

しばらく沈黙が続いたが、

俺は大事なことを思い出した。

 

俺「そういえば会社行かなきゃ」

公「無理よ、熱が○度○分もあるんだか
ら」

 

公「それに会社には体調が悪くて休む
からって

連絡しておいたの。

ゴメンね、本当にゴメンね」

 

どうして俺はハムちゃんが謝るのかが全
然わかっていなかった。

 

そしてハムちゃんは今日はずっと付き
添ってくれると言った。

 

昨晩もずっとついていてくれたと言って
いた。

 

この時点では逆らっても

どうなるものでもないので、

素直に厚意に甘えることにした。

 

ハムちゃんはいったん自宅に帰った後、

色々持ってきて俺の部屋の

客用布団で寝てくれた。

 

火曜日も熱が下がらず、

ハムちゃんはずっと看病してくれた。

 

この日も途中で自宅に戻ったけど、

何時間かして帰ってきて一緒に寝た。

 

当然何も無かった。

 

やっと水曜日の昼頃には

ほぼ平熱ぐらいに戻ったので、

ハムちゃんと色々話をした。

 

大事な話の真相も聞いた。

 

要約すると、俺がハムちゃんのことをど
う思っているのかを知りたかった。

 

友達に相談したら好きな人がいると

言えばきっと怒り出すはずだから、

そうしたらネタばらしすれば

大丈夫と言われたらしい。

 

公「そうしたら怒るどころか、

いきなり応援するようなことを

言われて、さよならっていわれた。

 

どうしていいかわからなかった」

 

公「レジで支払いして外に出たら既にい
なかったの。

 

一緒に帰ったタクシーで場所は

知っていたから行ったけどいなかった」

 

公「もう一度探していたら雨が降ってき
たので

家に行ってみたら今度は鍵が

開いていて、中に入ったら

布団にくるまって呻いてる

俺さんがいて・・・」

 

俺「そうか、ありがとうね。

ハムちゃんは俺の命の恩人だね」

 

俺「ところで、話変わるけどネタばらしっ
て何?」

 

公「えっと、好きな人っていうのが・・・」

俺「が?」

公「俺さんなんです」

俺「は?」

 

多分かなり間抜けな顔をしていたと思
う。

 

俺「35歳過ぎたオッサンだし、

モテないし、いいところ探すのが

苦労するような男のドコがいいの?」

 

公「俺さん真面目だし、

苦労してるから人の気持ちも

わかるみたいだし、何より・・・」

 

俺「買いかぶり過ぎだよ、端から見てた
らよく見えるだけだよ」

 

公「何より俺さん不倫とか嫌いみたいだ
から・・・」

聞くとハムちゃんの祖父がやたらと不
倫をして、

祖母がとても苦労してのを小さい頃か
らみていたらしい。

 

公「だから両親の不倫で不倫嫌いな俺
さんなら、

きっと不倫しないと思うの」

 

たしかに俺は学生時代に

友達の彼女が不倫していることを

咎めたら、友人に殴られて

警察沙汰になったことがある。

 

とにかく不倫しているやつは大嫌いだっ
た。

 

ここでハムちゃんは必殺技を繰り出し
た。

 

小動物のくりくりっとした目を

上目遣いでこっちを見て

「やっぱりダメ?」。

 

ええダメじゃ無いですよ、

もう一撃必殺ですよ。

 

ハムちゃんにKOされた俺は、

ハムちゃんと正式に

お付き合いすることになった。

 

ハムちゃんを送って帰る間際に

「また明日、でもしばらくは

会社の人には秘密にしておこうね」って

言ったときに、ハムちゃんは

少し複雑そうな顔をしたけど

すぐ笑顔になったのでそのまま帰った。

 

次の日出社をしたら、

なんとなく雰囲気が変だった。

 

やはりいきなり3日も休んだのは

ヤバかったかなと思い、

上司にいきなり休んだことを

詫びにいくと、なぜか部長のところに

行くように言われた。

 

部長は席にいたが、

わざわざ会議室を取ってくれた。

 

俺はかなりビビっていた。

 

3日もほぼ無断欠勤同然で休んだし、

 

まさかリストラとか・・・と気が気では無
かった。

 

しかし部長の話は

とんでもないものだった。

 

部「いつから付き合ってるんだ?」

俺「は?」

部「は? じゃないよ。どうして隠してい
るんだ」

 

さらに部長が畳みかける。

部「まさか、結婚の日取りとかは具体的
に決まっているのか?」

 

部「もし媒酌人とかが決まっていなけれ
ば私に任せてくれないかな?」

 

部「どうしても私がやりたいんだよ。彼
女も君も私の大切な部下だからね」

 

俺「おっしゃっている意味がわかりかねま
すが?」

 

部「とぼけてもダメだよ。○○子君と付
き合っているんだろう?」

 

そんなバカなと俺は思った。

 

正式に付き合うと決まったのは

昨日なのに何故?

 

まさか昨日ハムちゃんが嬉しすぎて友
達に同報メールでも送ったのか?

 

俺「どうしてそれを・・・」

部「月曜日に○○子君から君の休暇願
いと自分の休暇願いを

出すように頼まれた時点で

もう噂で持ちきりだよ」

 

部「それを3日も続けていれば相当親密
な関係だと誰でもわかるよ」

 

部「それに君たちはよく一緒にデートし
てたんだろう?」

 

どうやら一緒に飯食ってるのがデートだ
と思われたらしい。

 

こちらはいくらでも弁解可能だが、

さすがにハムちゃんが毎朝俺の

休暇願いを連絡してきたことは

誤魔化しようが無い。

 

俺「申し訳ありません。おっしゃるとおり
付き合っております」

 

部「やはりそうか。で、媒酌人は決まって
いるのか?」

 

やたらと媒酌人にこだわる部長。

 

しかも付き合いはじめたばかりなのに既
に結婚することになっているし・・・

 

俺「いえ、まだ結婚は決まっていません
し、私は訳あって両親とも

絶縁しておりますし、

当分予定はありません」

 

がっくりと肩を落とす部長。

 

しかし、さすがは海千山千の狸部長、最
後に

 

部「わかった。しかし結婚する時には私
が媒酌人として

予約済であることを忘れないでくれた
まえ。話は以上だ」

 

としっかり媒酌人は自分だと

言い残して解放された。

 

すっかり始業時間を過ぎているが、

微妙に怪しい雰囲気が漂っている。

 

とそこに俺の端末へ社内連絡メールが
届く。

 

3日も休んでやることは沢山あるし、

順番に見ていくかと思っていた。

 

ざわざわっという声。

 

どこからか「誰だよ部内共通使ったヤ
ツ。(俺)も入ってるしマズいよ・・・」

 

は? 俺? 俺に関係があることなの
に、俺が入ってるとまずい? 

なんだ社内イジメのメールかと被害妄
想全開の俺。

 

とりあえずメールを見てみると重要マー
クが付いているのを発見。

 

タイトルは【速報 ハムちゃんと××さん
の熱愛発覚

果たして何人の男達が泣くのか】。

 

俺唖然。

 

なんじゃこりゃー。

 

早速内容を読む。

 

スネークがいたらしく、

会議室で部長とした会話の内容の概要
が書かれている。

 

おまけにご丁寧に俺とハムちゃんの

社員プロフの顔写真を張ってある。

 

ダメ押しは【二人は近日中に結婚。媒酌
人は□□部長】とか。

 

もう完全に既成事実。

 

東スポのように最後にこっそり「か?」と
かすら付いてない。

 

こりゃダメだと思ってハムちゃんの方み
ると、

やたら上機嫌でメール見ている。

 

このとき俺は既にルビコン川を渡ったこ
とを悟った。

 

あとはあっと言う間だった。

 

俺は前述の通り両親と絶縁中。

 

ハムちゃんの方も両親や祖母を亡くし
た時の遺産問題で親戚と絶縁中。

 

そしてうちの会社は社内恋愛は

特に禁止されてないし、

フロアの最高権力者の部長が

結婚させたがっていると障害要素が事
実上ゼロ。

 

せいぜい、社内のハムちゃんファン数人
がやっかんでいたことぐらい。

 

でもさすがに部長には逆らえないので
たいしたことは無かった。

 

両親だっていないし、

俺は結婚詐欺のせいでろくに

貯金もないし、

内々だけの結婚式をする予定だった
が、

部長が「私が媒酌人を務める以上、粗
末な結婚式はあり得ない。

 

二人は何も心配しなくてもよいから任
せなさい」と言って大張り切り。

 

部長のツテと職権乱用で、

200人以上入れる式場などがあり得な
い金額で人件費込みで借りれた。

 

本当はもっと大きいところでもOKと言
われたが、

スペースが空きすぎて恥ずかしいので
ここになった。

 

それでも人の割に大きすぎて恥ずかし
かった。

 

料理とかも俺とハムちゃんの友達が

頑張ってかなり赤字覚悟で作ってくれ
た。

 

とにかくお金はかけられなかったけれ
ど、

みんなに祝福されてとても幸せな結
婚式だった。

 

参加した人の評判も良かったようだ。

 

もちろん媒酌人の部長の頑張りが良
かった。

 

ただ、途中から部長が大泣き過ぎて、

事情を知らない一部の参加者からは

「嫁さんは部長の元愛人か?」と

疑われてしまったのが唯一の心残り。

 

結婚してすぐに嫁さんが妊娠、出産。

 

娘は最近言葉を覚え始めた。

 

ところが俺のことを

「ぱぱ」と呼ぶが、

嫁さんのことは「まま」とは呼ばない。

 

 


スポンサーリンク





 

 

なんて呼ぶかというと「ぱむたん」、

俺が嫁さんのことを今でも

「ハムちゃん」と呼ぶから

それをマネしているらしい。

 

嫁「はーいママでちゅよー、

マー・マ、言ってみて」

娘「ぱむたん」

嫁「まーま」

娘「ぱむたん」

 

嫁「パパ」

 

娘「ぱぱ」

 

俺大笑いで嫁さんがっくり。

 

今日も我が家は笑いに溢れています。

 

以上、おっさんの独り語りでした。

 

書くの遅くて、イライラした人ゴメン。
途中のネタの人乙。

 

 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

面白すぎてやばい!と話題沸騰中のドラマ
視聴満足度92%の「パパ活」大好評配信中!!
dTVで胸キュンしないと損!!
月額¥500でこのクオリティはガチでヤバい!!

→詳しくはこちらをクリック←

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪